毎年、数えきれないほどの若手が誕生するお笑いの世界。そのなかから売れっ子と呼ばれるようになるのは一握り。何年も劇場で腕を磨き、やっとテレビに出演して……という常識が通用しない、超新星が現れました。

その名はキャツミ。いわゆる裸芸で魅せるピン芸人ですが、芸歴1年目にしてマンゲキメンバーに昇格、そして大先輩芸人の推薦&抜擢で、あの超大物お笑い芸人・明石家さんまの正月番組『さんまのまんま』に出演するという活躍ぶり。これから大注目&ブレイク必至のキャツミに、インタビューを行いました。

親にはまだ隠していたい!?

——NSCの何期生になるんですか?

「41期生で芸歴1年目です。卒業して何ヶ月って感じで」

——NSCに入ったきっかけは?
「昔から芸人になりたかった……んじゃなくて、(高校)3年のギリギリで進路を決めたんです。僕、あんまりパッとしない陰キャの方やったんですけど、卒業後に“今、芸人でアイツすげえな”って、求められたかったというか。目立ちたいというか。そして周りにお笑い好きなやつも多くて、そのジャンルでテレビに出られたら、卒業してスターになったみたいになれるかなと思って」

——では今、芸歴1年目でこの活躍だと周りの友達の反響がすごいんじゃ?
「いや、あの〜、親と周りの友達にはコンビで活動してるってウソついてて」

——ウソ? じゃあマンゲキのメンバーという話とかは?
キャツミ「できないですね。来られたら困るんで。(裸芸をしてる)僕のピンの姿を見られると」

——いつ明かすんですか? オンエアしたらバレるんじゃ……?

「そうなんですよ、“さんまのまんま”が全国放送なんで。多分友達はビックリしますね。そんなに目立ってなかったヤツがあんな裸芸してたら。僕もホンマに恥ずかしいです。でも、僕はもうああいう芸(裸芸)にしたんで」

——じゃあこの番組で明かされることになるという……
「そうですね、もしかしたらちょっとバレるかもしれないですね」

——絶対バレます。親御さんもひっくり返るんじゃないですか?
「親にはまだ隠していたいんで、“さんまのまんま”に出るって言ってないんです。正月に家族が見ててバレるっていうのが一番イヤなパターンで。録画もしないように仕向けてて、危険性はあるけど、なんとかバレずにいきたいなと」

——多分バレると思います。では、これは人に負けないという特技はありますか?
「ペン回しですね。中2くらいからやってるんですが、何かすごい特技が1つ欲しくて。授業中とかもずっと極めてましたね(手元にあったペンで技を披露)。ペン回し用のペンがあって、それでガッツリやってました」

——じゃあ例えばたくさんいるマンゲキメンバーの中でも、かなりいいところにいくと?
「もう絶対、誰にも負けません。絶対勝てます!」

——では、今回の『さんまのまんま』ですが、出ることになったきっかけは?
「今田(耕司)さんがMCしてくださってた、大阪芸人掘り出しライブみたいなのが10月に漫才劇場であったんですけど、そのライブで選ばれて、出場権獲得みたいな」

ヤナギブソンの推薦

——どんなメンバーが出ていたのですか?
「エンペラーさんとか紅しょうがさんとか、いろんな方が出てはって。僕はヤナギブソンさんの推しということで出させてもらって。ほかにも先輩芸人さんの推しが出てくるみたいな感じでした」

——ヤナギブソンさんと面識は?
「いや、あんまりなかった……全然なかったんです。だから推しって聞いてビックリして。推薦してくださったんや!って思って」

——それからお会いしましたか?
「この間のNGKの公演でMCしてくださったところに呼んでいただいたんですけど、そんなに頻繁にお会いしないんです。でもお礼はめちゃくちゃ伝えました。ツイッターからも(笑)。どこかで見てくれてはって、ありがたいことに推薦してもらったみたいで」

——今田さんに選ばれた瞬間はいかがでしたか?
「もうビックリしました。今田さんがもう……すっごい上の方なんで。実在してたのを、その時に確認しました(笑)。僕、首を動かすクセがすごくあるんですけど、それを今田さんがイジってくれはって。それでお客さんもめっちゃ笑ってくださって、“これいったかな!?”って手応えはあったんですけど、ホンマに選んでいただいて」

——周りの反応は?
「おめでとう!って言っていただきました。ライブの前には、去年選ばれたパーティーパーティーさんが“キャツミ、もしかしたら今日ハネるんちゃう?”って言ってくださってたんです。僕は全然どんなライブか知らなくて不安だったんですけど、ハネさせていただきました」

——で、選ばれた『さんまのまんま』ですが、いかがでしたか?
「収録は東京で、石原さとみさんもいらっしゃって、もうめちゃくちゃかわいかったです。こんな距離でいいんか!ってくらい感動しました」

——仕事で東京は初めてですか?

「えっと、『太田上田』っていう番組で一回行かせてもらって。それと合わせて2回目です。『太田上田』はオンエアがもう終わってるんですけど、『GYAO!』とかにけっこう上がってます」

——2回の東京ですごい方々に会われたんですね
「もうエグいです。太田さん、上田さん、そんで今田さん、さんまさん。もうこんなん……1年目で共演なんて、ありえないくらいの人たちで……」

——さんまさんの印象は?
「なんか、めっちゃ顔ちっちゃかったです。今田さんはめっちゃスタイルよかったです。さんまさんにも首のクセで笑っていただきました」

——どんなネタをされたんですか?
「口の吸い込む力でラップに穴を空けるというネタです。で、穴が空いたら“パンッ!”って音が鳴るんですけど、その穴が空いたら楽器を使って踊る、みたいな」

——さんまさんのリアクションは?
「けっこう笑ってくださってたと思うんですけど」

——自己採点は何点くらいですか?
「まだまだいけたので50点です! いや、でもそうですね……けっこう準備していったし……90点ですね。空中でパンッと割る技があるんですけど、それを一回ミスってしまったんで」

——大阪に戻って、周りの反応は?
「けっこうみんな“石原さとみさん、どうやった?”って。“かわいかった?”とか、石原さとみさんの質問ばっかりで(笑)」

目指すはMC、おもしろ荘にも

——今後やってみたいこと、やってみたい仕事は?

「これはMCですね。元々フットボールアワーの後藤さんとか、さんまさん、今田さんももちろん、MCの方にあこがれてたんで。でも、みんなには“全然ちゃうで”みたいに言われるんですけど、MCはできるようになりたいです。やっぱピンでやる以上、MCできる芸人さんはカッコいいんで」

——じゃあ、いずれはMC?
「そうですね。ゴールデンでも裸でMCして。もうひとつは、ずっと“おもしろ荘”に出たくて。来年の年末に出たいです!」

——12月22日には主催ライブ『キャツミクエストLv1』もありました
「初主催ライブですけど、楽しくやれてよかったです。ドラクエみたいな感じなんですけど、僕が新ネタを出して、ゲストの先輩方に協力していただいて、僕のレベルを上げていくみたいなライブなんです。1回目はチェリー大作戦さんとkento fukayaさんに来ていただいて」

——次回ライブは?
「月イチでやっていこうと思ってるので、1月後半とかそれくらいには。会場は多分ZAZA POKETSです」

——最後にメッセージをお願いします
「裸芸を嫌いにならないでください! で、とにかく来年はどんどんテレビ出ます! ……これって、こんなに短くて大丈夫ですか?」

——全然大丈夫です
「あ! あと、ペン回しが見たい人、教えてほしい人は僕に言ってきてください、めちゃくちゃうまいんで。マンゲキメンバーには絶対負けません!」

——ありがとうございました!

芸歴1年目にして、驚異の飛躍を見せている大注目の若手芸人、キャツミ。1月2日(木)15:45からオンエアの『新春大売り出し!さんまのまんま』(カンテレ・フジテレビ系)で、爆笑の裸芸を見た皆さんからの感想や反響も多く寄せられました。
2020年は月イチでの主催ライブも予定しているとのことなので、テレビはもちろん、劇場にも足を運んで、キャツミをチェックしてみてください!

【関連記事】