ほくろ占いで有名な占い芸人、スカチャン・宮本による「九星気学占い」。
毎月最終金曜更新で、次の月の運勢を九星別に診断。
今の自分の状況と、その状況にあった一言アドバイスを宮本がお答えします。

2020年1月、新年初のみなさんの運勢はどうなっているでしょう?
スカチャン・宮本が、全体運を九星気学で占います。

九星気学とは?

九星気学とは、皆さんの生年月日から割り出される「木」・「火」・「土」・「金」・「水」からなる五行説を組み合わせた占いです。

九星は9種類に分類されたエネルギーを意味し、「一白水星」「二黒土星」「三碧木星」「四緑木星」「五黄土星」「六白金星」「七赤金星」「八白土星」「九紫火星」があります。
この九星を駆使して開運を引き寄せる占術が、九星気学。
それぞれご自身の本命星を見て、2020年1月の運勢をチェックしてください。


※本命星はこちらの早見表でご確認下さい。
但し、1月1日〜節分の日までに生まれた人は前年の九星となります。ご注意ください。

九星気学で占う2020年!


・全体運
2020年1月の運気は好調。今月中に1年の目標を立てると良いですが、目標は現実的な目標にした方が本来の力を発揮し実現しやすくなります。何事もスピーディーにこなす事が問題解決のカギです。人間関係から幸運が舞い込みます。


・全体運
2020年1月は気を引き締めないといけない時です。掲げていた目標もちょっとした障害や災難で挫折してしまう事も!今一度、自分は何がしたくてどうなっていきたいのかを考えましょう。今月は気がゆるみやすく、失言に注意です。


・全体運
2020年1月は何事も真面目に取り組んで下さい。自分の思う様に進まないもどかしさがある運気ですが、真面目に取り組んだ人だけ物事が進んでいきます。長い期間、継続していた事をここで辞めては何の結果も出ません、今が踏ん張り時です。


・全体運
2020年1月は慎重な言動、行動を心がけてください。今月は感情の起伏が激しくなる時なので人間関係でのトラブルを生みやすいです。何事も冷静な心で取り組んでください。相談役を見つける事が開運のカギとなります。


・全体運
2020年1月の運気は下降気味です。理由もなく何となく気分が落ち込みやすくなりますが、焦らずにやる気が徐々にアップするのを待ちましょう。
目標や計画に向けて着々と準備をして下さい。目上の人のアドバイスが開運のキーワードです。


・全体運
2020年1月は運気自体が徐々に良くなっていきます。放置していた問題が大きくなる可能性があるので早めに結論を出すと良いでしょう。今月は知人、友人から頼まれ事をされやすいですが引き受けない方が良いです。思わぬトラブルに発展する事もあるので注意を!


・全体運
2020年1月から活動的なエネルギーが満ち溢れる運気です。計画や目標をしっかりと立てて、そこに向けてエネルギーを注ぐ事がキーワード。今月の頑張り次第で大きな成果を上げる事ができます。言動は謙虚な姿勢が大切です。


・全体運
2020年1月から良い運気でスタート出来ます。努力していた事が周囲の人達に認められ、幸運を呼びます。なので人と出会う事を積極的に行う事が開運のカギ!新年会や食事会などに参加し、出費が多くなったとしても人間関係を広げる様にして下さい。


・全体運
2020年1月は人の手助けをする事で運気がアップします!自分自身の事になると欲望が強くなり、あれもこれもやりたいと欲張ってしまい何事も中途半端に終わってしまいます。周りからも良く思われないので、今月は縁の下の力持ちとして生きるのが良いでしょう。

いかがでしたでしょうか?
自分の運勢を知って、ぜひ幸運を手に入れてください!

【関連記事】