自分の舌だけを信じて、日々、食べ歩きをしているというラーメン好きのEXIT・兼近。

月刊芸人SHIBUYA最新号では、兼近が渋谷でオススメのラーメンを紹介!

毎日1ラーメンは必ず!

 

“ラーメン”と名のつくものならカップラーメンでもコンビニのチンするタイプでもなんでも好きで、毎日1日1ラーメンは必ず食べます。初めてのお店では、2杯は頼んで違いを味わうことも。小さい頃、貧乏だったのでラーメンへの憧れがめちゃくちゃ強かった。毎日食べられる今は、マジで夢を叶えた気分ですね(笑)。
好きなのは、だしの旨味を感じられるようなラーメン。上と下で層になってるスープは、まず上のスープから味わいます。今回もスープがウマい3軒を紹介させてもらいました!

1位:鬼そば 藤谷

海老の風味が強くて味がしっかりした塩ラーメン。週3回で通ううちに、HEY!たくちゃんさんがオーナーだと知って。先輩芸人さんのお店で毎回サービスしてもらうのが申し訳なくてあまり行けなくなっちゃいました(笑)。何杯でもいけちゃうくらい、さらっと食べられるマジでウマいラーメンです!!

東京都渋谷区宇田川町24-6 渋ビルヂング5F
11:30~14:50/17:00~21:30、11:30~14:50/17:00~20:50(日)木曜休

2位:焼きあご塩らー麺 たかはし 渋谷店

あごで出汁をとってる塩ラーメンなんですけど、ちょっと焦した風味がして、それがめちゃくちゃ食欲をそそります。食べてる途中で、柚子胡椒をぶち込むと旨味がハンパない!麺は中太の縮れ麺で、しっかりしててウマいでです。西武新宿線の新宿駅の近くにあるんですけど、最近、渋谷にもできたのでぜひ行ってみてほしいですね。

東京都渋谷区道玄坂2-16-3 キャッツビル1F
11:00~翌6:00 無休(年末年始を除く)

3位:喜楽

ラフレクランの西村さんに教えてもらったお店。頑固オヤジが作る飾らない感じのザ・醤油ラーメン。味変したら怒られそうな、昔ながらのこだわりが感じられて、マジでウマいっす。お客さんはおじさんが多くて、店員さんがちょっと愛想悪い(笑)。その感じも旨味に足されちゃってるなっていうくらい、雰囲気もバツグンです!

東京都渋谷区道玄坂2-17-6
11:30~20:30 水曜休

いかがでしたか?

是非皆さんも気になったお店に立ち寄ってみてくださいね!

今号も魅力満載!

ヨシモト∞ホールのまだまだ知られていない芸人を深堀りする「今月の『芸人図鑑』」では、 『M-1グランプリ2019』ファイナリスト「オズワルド」を解剖します。ヨシモト∞ホール芸人たちがおススメの渋谷スポットを紹介する「山あり谷あり渋谷を歩く」のコーナーには、『キングオブコント2018』ファイナリストの実力派コント師「やさしいズ」が登場。音楽にまつわる思い出を「タワーレコード渋谷店」とともに紹介します。先輩芸人たちが若手をプッシュする「俺の後輩プレゼンテーション」では、ダイタク・吉本拓が気になっている後輩芸人を紹介!その他、SNSで話題になっている芸人を紹介する企画や、スカチャン宮本の2020年ラッキーホクロ占い、新連載の芸人リレーコラムでは、男性ブランコ浦井が1月号を担当します。

インタビュー動画も公開

「月刊芸人SHIBUYA」では、動画企画「BEHIND THE STAGE」も展開中!

こちらでもEXITのインタビューを、ステージ映像も交えながらご紹介。スタイリッシュに切り取られた2人の映像をお楽しみください。
ぜひこちらからご覧ください!

ラフマガでもアプリでも楽しめる!

「月刊芸人」の記事は、ラフマガ、ラフピーアプリでもお楽しみ頂けます。
チケット購入やラフピーポイントが貯まるアプリ「吉本興業公式アプリ ラフピー」でも「月刊芸人SHIBUYA」の記事をお楽しみ頂けますので、こちらもチェックしてみてください。

もちろん、フリーペーパーには、ヨシモト∞ホールの1月の公演カレンダーとキャンペーン情報も掲載されており、ヨシモト∞ホールの劇場、芸人たちをより近くに感じて頂ける一冊となっています。

渋谷∞ホールで活躍する芸人たちの魅力満載の一冊。ぜひご一読くださいね!

関連記事:駆け抜けた2019年をEXITが語る「心残りはM-1」
関連記事:EXITが表紙に登場!「月刊芸人SHIBUYA」1月号にはオズワルド、すゑひろがりずも参戦

【記事まとめ】