12月11日(水)に最終回を迎え、日本のエンターテイメント界で過去最大級の番組制作規模として各所で話題を席巻した“サバイバル“オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」。

その番組公式ビジュアルブックとして発売された『PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK』は累計7万部を突破! Amazon書籍総合ランキングでも1位を獲得するなど大きな反響を呼びました。

関連記事:【コメント全文掲載】11人が決定!「PRODUCE 101 JAPAN」最終回【写真撮りおろし】
投票累計5,200万票! 話題の 『PRODUCE 101 JAPAN』 初の公式ファンブック発売決定!

『PRODUCE 101 JAPAN』をおさらい

韓国の音楽専門チャンネル『Mnet』で放送され、10代、20代の男女に圧倒的な人気を誇る大ヒットサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101」シリーズの日本版。日本版では、約6,000人の中から書類・実技の選考を経て、合格者101人が選ばれました。
101名は、“練習生”と呼ばれ、歌やダンスなどを披露し、さまざまなミッションに挑戦します。熾烈な競争を勝ち抜いた11名を最後に選出し、2020年にボーイズグループとしてメジャーデビューが確約されており、これらのすべての過程では、“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者による国民投票で勝ち残る者を決定する仕組みとなっており、国内外から大きな注目を集めました。
2016年にガールズグループ“I.O.I(アイオアイ)“、17年のシーズン2ではボーイズグループ”Wanna One(ワナワン)”、18年のシーズン3は、 “IZ*ONE(アイズワン)” 、19年7月のシーズン4からデビューした“x1(エックスワン)”といずれのグループも放送当時だけではなく、放送後も番組、広告、音楽市場などの芸能界全般かつ、グローバルな活躍をしています。数多くのスターを輩出、新語・流行語も数多く生み出すなど社会現象を巻き起こした革命的番組です。

最終回の12月11日(水)には、最終候補の練習生20 人の中から国民プロデューサーによる投票で、豆原一成 、川尻蓮、 川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、 木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨の11名が選ばれ、『 JO1(ジェイオーワン 』 としてデビューすることが決定しました。
『PRODUCE 101 JAPAN』発表記者会見の様子はこちら

 

#1を振り返る  #2を振り返る  #3を振り返る  #4を振り返る  #5を振り返る  #6、7を振り返る  #8を振り返る  #9、10を振り返る  #11を振り返る

激動の40日に迫る”PLUS”な一冊

今回、たくさんのご要望を受け、コンセプトバトルからファイナルまでと、前作には収録しきれなかったオフショットを完全網羅したファン待望の続編『PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK PLUS(仮)』が2020年1月31日(金)に発売されるというニュースが到着!

今作は、前作に掲載されていないコンセプトバトル以降からファイナルまでの『激動の40日間』の様子をメインに盛り込んだファンブックに仕上がっているのだそう。
前作で収録しきれなかった練習生全員のオフショットが収録されているほか、韓国合宿からファイナル合宿までの練習生自らが撮影したセルフィー写真も掲載、カメラが入っていない所でのリラックスした練習生の姿が見られるというのもファンにはたまらない特徴となっています……!

そのほか、コンセプトバトルに残った35人の直筆日記に加え、練習生全員の順位の推移をリスト化し、チーム名や各課題での担当曲やポジションなどのデータも収録したプロフィールも掲載した、「PRODUCE 101 JAPAN」という番組と練習生の変遷を振り返ることのできる一冊。
最終回が終わって「日プロス」に陥ってしまったファンの皆さんにも、お楽しみいただけること間違いありません……!
12月25日(水)午前0:00頃より、Amazonで予約を開始した本書。早速大きな話題を呼んでいます。
ぜひ、貴重なショット満載の一冊をお楽しみくださいね。

書籍概要

『PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK PLUS(仮)』

発売日:2020年1月31日(金)発売
定価:本体1,500円+税
版型:B5変形
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
ISBN 通常版:978-4-8470-9877-2  C0076
ISBN Amazon限定版:978-4-8470-9878-9 C0076

収録内容

・11/1のコンセプトバトルから12/11のファイナル(最終回)までの激動の日々を捉えたステージ写真や舞台裏写真
・コンセプトバトルに残った35人の直筆日記
・前作に収録しきれなかった練習生全員のオフショット
・練習生によるセルフィー写真
・ファンブック独自の練習生全員分のプロフィール(各課題での担当曲・担当パートなどのデータを掲載)

【関連記事】