2019年3月5日(火)、沖縄県那覇市国際通りの琉球王国市場3階に新たにオープンする、常設劇場「TEE!Family」のオープニングセレモニーが行われました。

この劇場は、琉球空手を取り入れたノンバーバル(非言語)のエンターテインメントショー「Comic Dojo TEE! Family」が上演される、沖縄の新しいナイトエンターテインメント常設施設で、3月8日(金)にグランドオープンとなります。

セレモニーの冒頭、同劇場の企画・制作を手掛ける株式会社シュガートレイン代表取締役の井手裕一さんは、「沖縄で育まれた豊かな文化や芸能を土台に新しいものをつくりたいとTEE!TEE!TEE! PROJECTを立ち上げたのが7年前。若い人たちがエンタメをビジネスとして活かせるようにやってきて、こうして専用劇場が常設されることになりました」とこれまでの取り組みを紹介。「家族連れがナイトタイムを過ごせるスポットの不足が、沖縄観光の課題でしたが、この劇場を沖縄の新しい夜を楽しむエンタメ、家族で安全に過ごせる場所として定着させていきたいです」と力強く挨拶されました。

続けて行われたテープカットには、演出協力者のパフォーミングアーティストCYRIL(セロ)さん、株式会社シュガートレイン代表取締役の井手裕一さん、沖縄県文化観光スポーツ部部長の嘉手苅孝夫さん、トランスコスモス株式会社代表取締役社長兼COOの奥田昌孝さん、吉本興業共同代表取締役社長CEOの大﨑洋さん、株式会社SNK代表取締役社長の外山公一さんが登壇。紅白テープにハサミが入れられると、会場が大きな拍手で包まれました。

本劇場に協賛・支援している吉本興業の大﨑社長は「若者たちが世界に羽ばたけるコンテンツとして応援したい。沖縄だけでなく、県外、そしてアジアへと展開していけると夢が広がっています」と話しました。同じく協賛・支援しているトランスコスモス株式会社の奥田社長は、「沖縄は多くの人材を現地採用している最も重要な拠点でもあるので、地域貢献という面からも応援したい。ノンバーバルのこの劇場に非常に期待している」とのこと。

この劇場では独自のオンラインチケットシステムを導入しているのも特徴。国内外からの観光客にも利用しやすいように、WEB上で座席購入でき、現地で発券する手間がかからないシステムになっています。入場の手順も簡単。WEB上で購入しスマートフォンに表示されたチケットを入場口で提示すると係員が専用機器でスタンプ、スムーズに入場完了!スマホで簡単入場を済ませ、いよいよ劇場内へ案内されます。

どんなショーが観られるのか…!?

「Comic Dojo TEE! Family」は無重力のようなアクション、パルクールやトリッキングを使った演者のダイナミックな動きが見どころです。

個性豊かな空手一家が営む道場が舞台で、ゲームオタクの次男坊をあの手この手で鍛えていくというストーリー。頑固そうな白髪の父親が登場すると、いきなり客席に向かって掛け声「押忍(おす)!」の発声練習をはじめました。客席を巻き込む演出に戸惑い気味の来場者たちも、たくみな話術に乗せられ割れんばかりの声量での「押忍!」が響き渡ります。

また、世界的に人気の対戦型格闘ゲーム「THE KING OF FIGHTERS」とのコラボレーションが実現したとあって、大型スクリーンを駆使し、ゲームの中と現実が交差するようなアクロバット演出に歓声があがりました。さらに、舞台両サイドには水が流れ、途中では舞台前方ぎわから雨が降り注ぐ驚きの演出も。上から落ちる水滴を利用した演出は美しく、これには客席から思わず感嘆の声が漏れました。

舞台上だけでなく客席中央通路も自由に使い、水が流れ、雨が降るという、従来にとらわれない斬新な演出と、アクロバティックな動きに伝統的な琉球空手の演武が体感できる、濃密な60分間の演目に拍手喝采で舞台の幕が下ろされました。

「Comic Dojo Tee! Family」概要

劇場名:沖縄国際通り”TEE! Family” 専用劇場(沖縄県那覇市牧志2丁目2番30号 琉球王国市場[旧ハピナハ] 3階)

公演日:月水金土日 17時~/20時~ (1日2公演)

チケット価格:大人5000円/小人2000円 (3月キャンペーン期間は大人2500円/小人無料)

ホームページ:https://teefamily.jp/