12月23日(月)、東京・ヨシモト∞ホールにて『芸人夕方座談会「You gatta talk?」』が開催され、『M-1グランプリ2019』ファイナリストのすゑひろがりず(南條庄助、三島達矢)、ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)、オズワルド(畠中悠、伊藤俊介)、ぺこぱ(シュウペイ、松陰寺太勇)が出演しました。

同劇場に所属する芸人たちが芸歴の垣根を超えて会話するこのトークイベントには、初めての決勝を経験した『M-1グランプリ2019』ファイナリストから舞台裏を聞こうと、多くのお笑いフリークが来場。

今年初めて敗者復活戦へ挑戦したくらげ(杉昇、渡辺翔太)、昨年、芸歴1年目で準決勝へ進出した令和ロマン(髙比良くるま、松井ケムリ)、MCのサンシャイン(坂田光、信清淳)とともに、熱気冷めやらぬ激闘について振り返りました。

関連記事:ミルクボーイ、見取り図、すゑひろがりず、かまいたち、ぺこぱが語る!「僕らにとってM-1とは…」

 

ぺこぱ・松陰寺が自ら前髪を切る理由は…?

『M-1グランプリ2019』の放送終了直後に、本イベントのオファーを受けたぺこぱ。シュウペイが「(打ち上げで)唐揚げを食べてるタイミングだった」と告げると、松陰寺は「細かいタイミングは気になるから言おう!」と決勝で見せた漫才さながらの優しいツッコミで笑わせます。

令和ロマン・髙比良の「髪型へのこだわりもあるんですか?」という質問に、松陰寺は決勝前に1,500円カットでサイドだけ整えたと返答。

自分で前髪を切っている理由として「ネタ中、頭を振ったときに遅れて落ちてくる(髪の毛で表現する)“ナスのへた”を、美容師に説明できる自信がなくて……」と告げると、出演者も観客も大爆笑! “ナスのへた”の塩梅は、少しずつヘアスプレーを吹きかけながら調整しているとのことです。

また、最終決戦ではローラーシューズをはいて登場する案もあったそうですが、トップバッターとなってしまったことによってシューズを楽屋まで取りに行けず、断念。CM明けまで2分を切っていたこともあり、ネタ合わせを一切行なわずに2本目の漫才をやり切ったことも明かしました。

 

オズワルド・伊藤、想定外の展開を回想

その後は、自身のネタ終了後に眼鏡を外したオズワルド・伊藤が突如見せたラグビー日本代表・稲垣啓太選手の顔マネ“細稲垣”へ話題が集中します。

本番前、“細稲垣”を披露するかどうかを話し合ったというオズワルド。畠中が「屋敷さんに聞いたら、“いけるんちゃう?”って言われた」と話すと、ニューヨーク・屋敷は「どこにも出してないって言われて。見たら、絶対ウケるなと思った」とゴーサインを出した経緯を説明します。

事前のイメージトレーニングでは暫定ボックスからカメラを向けられた瞬間に決行する予定だったそうですが、ネタ終了直後に敗退が決定。急遽、その場で“細稲垣”を披露したものの、残念な結末に。

「また来てね」と言うつもりだった伊藤が「また来まーす!」と言ってしまったことに不満げな屋敷は「俺は(ラグビーにかけて)“ノートライ”とかのほうがよかったと思った。“また来まーす”って不愉快!」とらしさ全開でけなしながらも、「絶対ウケると思ったのになぁ」と残念がりました。

関連記事:いよいよ明日!M-1決勝に臨むオズワルドに迫る【月刊芸人】

 

ニューヨーク・屋敷「最悪や!」を振り返る

決勝でダウンタウン・松本人志による「笑ったツッコミはあんまり好きじゃない」という評価に、「最悪や!」と天を仰いだニューヨーク・屋敷。サンシャイン曰く、あの瞬間、ライブビューイングを行なっていたヨシモト∞ホールは、観客の笑い声で大いに揺れたそうです。

ぺこぱ・松陰寺に「あんなに2人揃って、ふて腐れることってある?(笑)」とツッコまれたニューヨーク・嶋佐は、「ふて腐れたというか悲しくて……だって、冷静に見て(最終決戦進出は)ムリじゃないですか」と心の内を吐露。「だって82点よ?」と嘆く屋敷に、すゑひろがりず・南條は「あのやりとりで、会場の空気がよくなった」と感謝します。

さらに、敗者復活戦から戦況を見守っていたくらげ・渡辺が「トップバッターでニューヨークさんが出たとき、ダイタクさんとマヂカルラブリーさんが(拳を振り上げて)行け行けーーー!って叫んでました」と伝えると、全員が「いい話……」としみじみしていました。

サンシャイン・坂田から「登場前のVTRからめちゃくちゃウケてた」と讃えられたという、すゑひろがりず。“年始に向けて出演オファーが殺到してるのでは?”との問いかけに、南條は「特にないんちゃう? 今のところ来たのは、パタパタママの木下さんから“来週のバイト、なんとか出られへん?”っていう連絡だけ」とクールに返答。しかし、ほかの芸人たちは「お正月番組に毎年、呼ばれそう」と今後の活躍に期待を寄せます。

また、すゑひろがりず・三島は出番直前、袴へ水をこぼして大慌てするという一幕があったそう。ぺこぱ・松陰寺が「伊織くん(からし蓮根)も衣装に水をこぼしてた」と語ったように、初出場の芸人たちにとって緊張感と高揚感に満ちた決勝戦だったことが窺い知れた1時間のトークライブとなりました。

 

ファイナリスト4組による『M-1グランプリ2019』の舞台裏が明かされた今回のトークライブ。今後の4組の活躍にも目が離せませんね!

『ニューヨークno寄席』

日程:2020年1月4日(土)
開場:16:15  開演:16:30 終演:17:30
会場:ヨシモト∞ホール
出演者:ニューヨーク/ジョイマン/囲碁将棋/トレンディエンジェル たかし/ウァンバット/そいそ~す/predia 他
料金:前売 2,000円/当日 2,500円
一般販売:12月10日(火)

チケット・詳細URL:https://eplus.jp/yoshimotozaka46/

 

【関連記事】