漫才の頂点を決める決戦『M-1グランプリ』(ABCテレビ・テレビ朝日系列)、今年もいよいよ本日12月22日(日)開催!

プロ・アマチュア問わず「とにかく面白い漫才」を基準とする審査のもと、最も面白い漫才師が決まる闘いに、今年は過去最高の5,040組が名乗りをあげ、決勝戦を目指し、各コンビ凌ぎを削る戦いとなりました。

関連記事:【M-1】決勝初出場は7組!ラストイヤーのかまいたちは後輩に「負けてほしい」!?
【超速報】インディアンス・見取り図・かまいたち…M-1グランプリ、決勝進出者大決定!

厳正なる審査の結果、決勝進出を果たしたのは、からし蓮根(伊織、杉本青空)、ミルクボーイ(駒場孝、内海崇)、ぺこぱ(シュウペイ、松陰寺太勇)、オズワルド(畠中悠、伊藤俊介)、すゑひろがりず(南條庄助、三島達矢)、ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)、インディアンス(田渕章裕、きむ)、見取り図(盛山晋太郎、リリー)、かまいたち(山内健司、濱家隆一)の計9組。
これに加え、本日午後から行われた敗者復活戦を勝ち上がった1組が決勝戦の最後のひと枠として参戦し、熾烈な争いを繰り広げることとなりました。

決勝戦ファーストラウンドは…

決勝戦初出場というコンビも多かった今回の決勝戦。そんな中、9組が戦々恐々としていた敗者復活の一組は和牛に決定!


結果順番は以下の通りとなりました。

1番目:ニューヨーク

2番目:かまいたち

3番目:和牛【敗者復活】

4番目:すゑひろがりず

5番目:からし蓮根

6番目:見取り図

7番目:ミルクボーイ

8番目:オズワルド

9番目:インディアンス

10番目:ぺこぱ

なんとミルクボーイはM−1史上最高得点をゲット! ファーストラウンド堂々の1位となりました。
順位変動の結果、暫定3位が和牛となってからは、各コンビが和牛の得点を越えられるかどうかが見所となっていましたが、10組目となったぺこぱが最後に粘り、ファイナルラウンドに進出したのは得点順にミルクボーイ、かまいたち、ぺこぱの3組となりました!

最終決戦は接戦中の接戦に……

最終決戦の出番は順位とちょうど逆になる形で

1番目:ぺこぱ
2番目:かまいたち
3番目:ミルクボーイ

の順になりました。
3組とも会場をおおいに沸かせ、どのコンビが優勝してもおかしくない状態に……。審査員の上沼恵美子は「(自分の中で)2組が同じ得点」と語り、審査員達も「選びたくない…」という立川志らくの言葉に頷きます。
サンドイッチマン・富澤たけしは「過去最高の戦いなのでは」と語る等、審査員達もおおいに悩む中、ファイナルジャッジの時が……!
三組もぺこぱは「ここまで来たら優勝しかない」、かまいたちは「15年ここ目指してやってきたので優勝したい」、ミルクボーイは「今年テレビでの漫才が初めてだったので嬉しかった」と語りました。

結果、審査員票を多数獲得し見事優勝したのはミルクボーイ!

トロフィーと優勝賞金1000万円、そして副賞としてCygames「ドバイ旅行」、サントリー「-196℃ストロングゼロ1年分」、日清食品「考え中」、FamilyMart「プレミアムチキン1年分」が贈られ、今夜人生が変わったコンビとなりました!
松本人志も「過去最高」と語る令和元年の第15回M−1グランプリ。
ラフマガでは後日この模様をたっぷりお届けします。

ミルクボーイさん、おめでとうございます!

【ミルクボーイのM−1への意気込み記事はこちら】
【独占】決勝進出者が語る“M-1グランプリ”!ミルクボーイ「応援してくれた人たちのためにも優勝を」

今年はさらに豪華ゲストが集結!

M-1決戦直後の出場ファイナリスト10組による、今年のM-1や敗者の弁などのトーク企画、またMCの小籔千豊や「漫才の達人」たちが独自の目線で今年のM-1を分析し、鋭く切り込みを入れるトーク企画等を盛り込んだ配信番組がオンエアされます。
そして、「GYAO!」で実施する三連単順位予想キャンペーンの当選者も番組内で発表。
※当選発表は一部分の当選者になります。
また、24:00からは打ち上げの模様をお届けします!
GYAO!特設サイトからご覧下さいね。

【M−1グランプリ2019の関連記事はこちら】

いよいよ今夜18:34から! M-1グランプリ決勝戦直前、特別インタビュー総まとめ
から蓮、オズワルド、ニューヨーク、インディアンスが語る!「僕らにとってM-1とは…」
ミルクボーイ、見取り図、すゑひろがりず、かまいたち、ぺこぱが語る!「僕らにとってM-1とは…」

【関連記事】