12月20日(金)、なんばグランド花月(以下、NGK)にて、スーパーマラドーナ(田中、武智)、スマイル(瀬戸、ウーイェイよしたか)の主催イベント『かっとびライブSP in なんばグランド花月』が開催されました。

これまで東京や沖縄、沼津などで行なわれてきたこのイベント。今回はスペシャルということで、アインシュタイン(河井、稲田)、トット(多田、桑原)、見取り図(リリー、盛山)、ミキ(昴生、亜生)、ビスケットブラザーズ(原田、きん)、さや香(新山、石井)、からし蓮根(伊織、杉本)、ラニーノーズ(洲崎、山田)ら、豪華ゲストが多数登場! 会場は大いに盛り上がりました。

関連記事:11月マンスリー決定! スーマラの「SHOWROOM」レギュラー番組がスタート、即興漫才作りまくる

 

オープニングで武智「我々を見に来た人は…」

満員のNGKに、まずはスーパーマラドーナ、スマイルの2組が登場。4人そろって会場に向かって「ありがとうございます〜!」と手を振ります。

ゲストが豪華なことから、武智が「我々を見に来た人はおるんか?」とボヤきます。よしたかは、田中と家族同士でユニバーサル・スタジオ・ジャパンに遊びに行ったとき、まさかの人違いにあったエピソードを披露し、会場の笑いを誘いました。

人気コンビが続々と登場!

まずはネタのコーナーから。一番手はトットです。桑原の好きな歌をきっかけにスタートしたネタは、トットならではのテンポで展開。トップバッターとしてしっかり会場を盛り上げました。

続いてはビスケットブラザーズが登場。ツカミからしっかりと笑いを取ると、ねちっこくクセの強いキャラクターが登場するネタを披露しました。

さらに三番手のさや香は、恋愛トークからスタートし、勢いある言葉や動きを絡めたネタで会場の笑いを誘いました。

次は主催のスーパーマラドーナがステージへ。オープニングから田中のギャグ「テッテレー!」が炸裂。安定感抜群の2人のやりとりに会場は大盛り上がりを見せました。

続いてスマイルが登場。飲み会で流行ったゲームをよしたかが紹介していきますが、その動き、セリフに笑いが起こります。2人で息の合った掛け合いを連発すると、会場は爆笑に包まれました。

ネタコーナーのラストはミキ。昴生のキレのあるツッコミが炸裂しますが、それに負けじと亜生もどんどんスピードアップ。会場はあっという間に2人の世界に引き込まれていました。

トークスキルが問われる!? ゲームコーナー

続いてはゲームコーナー。ネタを披露したメンバーたちが参加します。

行なわれるのは『持ち時間は10分間!ポイントアップトーク!』。オープニングから武智と昴生のバトルが勃発すると、すかさず田中、よしたかがボケるなど、各自がやりたい放題。

MCの瀬戸からは、持ち時間10分のなかで、次々と出されるテーマに沿ったトークをすること、出来に応じて瀬戸がポイントをつけ、最終的に全員で50ポイントを超えると賞金があることが説明されます。

『信じられない話』、『営業での話』、『相方の話』など、様々なテーマが出題されるなか、メンバーたちは次々と笑いをゲットしていきます。ラストは桑原の『音楽の話』で見事50ポイントに到達、大盛り上がりのトークコーナーは終了しました。

後半のネタコーナーには「M-1」ファイナリストも登場

再びネタのコーナーがスタート。昨年に続き『M-1グランプリ』のファイナリストとなった見取り図がステージに上がります。リリーのシャープなボケに、盛山の勢いのあるツッコミが炸裂。2人が交互に繰り出す“例えボケ”の連発に、会場は爆笑に包まれました。

次は18日(水)に行なわれたばかりの初単独ライブも大盛況だったラニーノーズが登場。ツインギターを響かせてのドラマチックな歌ネタを披露し、単独さながらの盛り上がりを見せました。

続いては、見取り図同様、『M-1グランプリ2019』決勝進出を果たしたからし蓮根です。決勝でも披露した教習所を舞台にしたネタは、伊織のボケに杉本のツッコミが気持ちよくハマったテンポのよさが印象的でした。

このブロックのラストは、アインシュタインです。稲田の顔を最大限に取り上げたネタの数々に、会場は最初から爆笑の連続。動きも含めて、破壊力抜群の笑いを届けてくれました。

客席を走り回るメンバーたち

続いてのコーナーは『○○したら鬼ごっこ!』です。様々なゲームで鬼を決め、鬼は15秒以内に最低でも3人の紙風船を割らなければ罰ゲームが待っているというルール。

参加するのは、後半にネタを披露したメンバーたちです。このコーナーでも盛山や稲田が登場からボケを繰り出します。ジェンガやイス取りゲームなどにチャレンジしたメンバーが、会場を走り回るとあちこちから歓声が。爆笑の罰ゲームも含め、大いに盛り上がりました。

エンディングには撮影タイムも!

ここで前半のメンバーもステージへ。ラストは全員でゲームをして、クリアできれば観客に写真撮影タイムがプレゼントされることが伝えられました。

用意されたゲームは『客席から1人1文字チャレンジ!』。会場に隠された文字入りの封筒を全員で探し回ります。タイムはオーバーしていたものの、なんとかすべての封筒がそろい、観客は撮影タイムを満喫しました。

ラストには瀬戸から、来年も定期的に『かっとびライブ』を行うことが伝えられました。大盛況となった同イベント、次はどこで開催されるのか期待です。

【芸人記事まとめ】

【関連記事】