「M-1グランプリ2019」決勝初出場7組のうちの1組となったオズワルド。

空気階段やラフレクランと同期の東京NSC17期として養成所で出会い、コンビを組んで5年目となります。
まだまだ知られていない2人の“スタイル”に迫ってみました。

より気持ち悪いものを選んでる!?

――ネタはどうやってつくってるんですか?

伊藤 畠中がテーマを持ってきて、そこから2人でつくります。
畠中 ネタの設定は、思いついたものを出してるだけですね。
伊藤 「畠中らしいな」ってものを出してきますね。

――お笑いでもそれ以外でも、何か影響を受けているものは?

畠中 手塚治虫とか藤子不二雄の短編みたいな、ちょっと気持ち悪い設定のマンガが好きなので、そういう影響はあるかもしれません。

――「架空の子供」や「買い物(ゴールデンレトリバーか自転車か)」といったネタはそういう雰囲気がありますね。

畠中 より気持ち悪いものを選んでるところはありますね。
伊藤 自分らで言うのもなんですけど、あれをウケるようにまでするのが自分らの強みかなと思います。ありえない話をありえる話にするというか。たぶんほかの人が想像妊娠ネタをつくってもウケないと思うんですよ。

――その加減のポイントは?

畠中 「ウソすぎない」ことかなと思います。
伊藤 「言ってることは完全に変な人なんだけど、そいつの中では理論として成り立ってる」というのを見せるのが大事だと思ってますね。
畠中 で、伊藤が普通の人の目線でリアクションしながら、わかりやすく説明するツッコミをすることで、伝わるんだと思ってます。それがないと、本当に伝わらなくてウケないことがあるので。

衣装はゆにばーす川瀬の影響

――今の衣装はどうやって決めましたか?

伊藤 最初は白Tシャツに黒ズボンで揃えてたんですけど、ゆにばーすの川瀬さんに「衣装はマジで大事やから」って言われて、2人で16万円くらい出して衣装を買いました。僕はそのとき、最初からこの感じで決めてたんですよ。
畠中 僕はそこで6万円のジャケットを買って、ネクタイしてました。でもその後、ゆったり感の中村さんとライブで一緒になったときに「衣装が違うな。そのジャケット脱げ」って言われて。
伊藤 2人で何回も「これ6万したんです」って説明したんですけど、ダメでしたね。
畠中 もったいないけどサスペンダーで揃えたら、ウケ方が圧倒的に変わりました。それから3年くらいこの衣装でやってます。
伊藤 でも最終的にはスーツが着たい。スーツを着るために今がんばってます。
畠中 スーツ憧れがめちゃくちゃあるんですよ。

――尊敬している先輩は?

伊藤 いろんなひとにお世話になってますけど、ことM-1に関しては、決勝にいけたのは50%川瀬さんのおかげです。決勝決まって、最初に連絡しました。
畠中 実際に2回連続で決勝行ってるってすごいですからね。勝つためのやり方はかなり川瀬さんに教えてもらいました。甘いこと一切言わないんですけど、今回初めて褒めてくれたよね。
伊藤 うん。マジで一回も褒められたことなかったんですよ。でもあんなに優しい人はいないと思います。

――同世代で意識してるのは?

伊藤 真空ジェシカ(人力舎)ですね。
畠中 同期なんです。圧倒的におもしろい。今年のM-1は僕らが決勝行けましたけど、お客さんとして観たとき、やっぱりおもしれぇなって思います。
伊藤 今年はたまたま僕らが勝っただけで、どっかのタイミングで決勝にいくでしょうね。

――2020年の目標は?

畠中 スーツが着たいです。
伊藤 まだ早いんじゃない? 来年はまだサスペンダーでしょ。
畠中 スーツの下にサスペンダーすればいいんじゃない?
伊藤 いや、意味ないでしょ。

M-1決勝に臨むオズワルド。
いよいよ決勝は12月22日(日)。目が離せない闘いが始まります。
また、新年1月5日(日)には初笑いライブが、1月16日(木)にはトークライブが行われることも決定!
ぜひ会場でお楽しみくださいね。

「月刊芸人SHIBUYA」12月号はラフレクラン

渋谷・ヨシモト∞ホールが発行するフリーペーパー「月刊芸人SHIBUYA」が創刊。

関連記事:空気階段に続きラフレクランが表紙に登場!「月刊芸人SHIBUYA」12月号がアツい

「月刊芸人SHIBUYA」では 東京吉本の10年目以下の若手芸人が出演している∞ホールで活躍する芸人を中心に、ブレイクが期待される若手をピックアップした企画を展開していきます。インタビューのほか、芸人たちがオススメする渋谷のスポット、先輩芸人が注目する未来のスター候補などを紹介していく。

「月刊芸人SHIBUYA」12月号の表紙&特集は「令和元年度NHK新人お笑い大賞」で優勝したラフレクラン。インタビューに加え、きょんのアート企画・西村真二の美容企画も掲載します。

「女芸人No.1決定戦 THE W」の決勝に駒を進めている3時のヒロインは、ゆめっちの自宅で女芸人事情を語る「たこパで座談会」を実施。

「山あり谷あり渋谷を歩く」のコーナーにはそいつどいつが登場。銭湯が好きな彼らが「改良湯」を訪れた様子が収められています。

「俺の後輩プレゼンテーション」では相席スタート・山添が気になる後輩の魅力をプレゼン。

「よしもと男前列伝」では「よしもと男前ブサイクランキング2019」と連動し、EXIT兼近のオリジナルカードも付属。

ライブ概要

オズワルドno寄席
日程:2020年1月5日(日)14:15開場 14:30開演
会場:ヨシモト∞ドーム ステージⅠ
[ネタライブ]オズワルド/ダンビラムーチョ/キンボシ/ダイヤモンド/マリオネットブラザーズ(浅井企画)/カナメストーン/フカミドリ(マセキ芸能社)/他
料金:前売\1,800 当日\2,100
Yコード:999061

オズワルドトークライブ「オズワルドさんたら、もう!」
日程:2020年1月16日(木)20:30開場 20:45開演
会場:ヨシモト∞ドーム ステージⅡ
[トークライブ]オズワルド
料金:前売\1,500 当日\1,800
Yコード:999062

【関連記事】