12月17日(火)、陣内智則がTwitterを更新。兵庫県から聖火ランナーに選出された喜びを報告するとともに、陣内の“パパの一面”がにじみ出る写真を投稿しました。一児のパパである陣内が投稿した、なんとも微笑ましい写真とは?

陣内、魔法のステッキでパワー注入?

今回の投稿で「兵庫県から聖火リレーのランナーに選んでもらいました!こんな光栄な事はない!」と綴った陣内。兵庫県加古川市出身で加古川観光大使も務めている陣内ですが、今回めでたく加古川市代表のランナーとして選出され、喜びを爆発させました。

大役に任命され、気合も十分な陣内は、さっそく本番に向けてイメージトレーニングを始めたようで……「トーチの火をしっかり繋げるように 娘の魔法のステッキを持って本番まで練習しよー!」と、おもちゃの光るステッキを持った写真を投稿。確かに形は聖火リレートーチに似ているかもしれませんが、なんとも可愛らしいイメージトレーニングです。

名誉ある大役を務める陣内に、ファンからは「凄〜い!頑張って〜!!」「トーチを繋ぐこと応援してます」など、激励コメントが多数届いています。また、陣内の“パパの一面”が垣間見える写真に「かわいい、癒される」「素敵な練習法ですね!!」など、「癒された」といった声も寄せられました。

めったに見せないパパの一面に癒されるの声

愛娘のステッキを手に、聖火ランナーに選出された喜びを表した陣内。普段は芸人である陣内ですが、家に帰れば可愛い娘にメロメロな様子。以前は、娘の予想外の“ある行動”に本気ツッコミを入れるツイートが話題になっていました。

関連記事:陣内智則、パパっ子の娘にメロメロ…かと思いきや?「慣れろ!!」と娘に本気ツッコミ

 

普段はあまりパパの一面を表に出さない陣内ですが、家ではメロメロの模様! 愛娘の協力(?)のもと練習した成果で、4年に1度の祭典を大いに盛り上げてくれることに期待です!

【関連記事】