放送作家、情報番組のコメンテーターとして活躍する野々村友紀子さんの新刊『夫婦喧嘩は買ったらダメ。勝ったらダメ。』(産業編集センター)、『夫が知らない家事リスト』(双葉社)と、2丁拳銃のボケ担当・小堀裕之の新刊『ヘドロパパのヨメイゲン クズ夫に放つ嫁の名言&迷言』(小学館)の発売を記念するトークショーが、東京都渋谷区の「代官山 蔦屋」で開催されました。

“鬼嫁”と“ヘドロパパ”の生バトルに会場は大盛り上がり

元お笑い芸人でもある野々村さんは、小堀の相方でもある川谷修士を夫に持ち、妻としてはもちろん、母として、働く女性としてバリバリ活躍中。世の主婦たちの憧れの存在でもあります。

かたや小堀は、バンドやDJ活動を優先し、4人の子供がありながら家にはめったに帰らない、一度もおしめを替えたこともなく、給料は家に入れず、大酒飲みで浮気者。
そんな小堀と野々村さんは、バラエティー番組で数々のバトルを繰り広げるほど、犬猿の仲として有名です。
トークショーには、2人の生バトルを見ようと多くのお客さんが来場。
野々村さんから夫教育を受け、家事や育児にも取り組み、今や野々村さんを積極的にサポートしている夫の修士もゲストとして登場しました。

冒頭、修士は「お二人とも本を出版されて。出版イベントですね。それともみなさん、喧嘩するのを見に来たんですか? 小堀が思いっきり怒られているところを見に来たんですか」と会場を沸かせると、野々村さんは静かに座っている小堀に対し、「お前は何もしゃべらんなー。何か声を発せ!」と早速お叱りモード。対する小堀が話そうとするとマイクはオフ。さすがのボケに会場は大爆笑が沸き起こりました。

いつの間にか「川谷夫妻vs小堀」という構図が出来上がり、小堀が何か発言するたびに2人からダメ出し攻撃を受けてヘドロパパは早速タジタジになっていました。

結婚生活で放たれた妻の名言(迷言)を書籍化

家庭を顧みずに好き放題の小堀は、今回、自分の妻が放った「怒りの名言(迷言)」を集めたエッセイ本「ヘドロパパのヨメイゲン」を出版。
野々村さんや川谷から「小堀くんが本を出す時代ですよ。どうしたんですか。立派な出版社の小学館さんですよ! いいんですか!」と突っ込まれると「すみません、ドラえもんに並んでしまいました」とボケたものの、客席の反応はイマイチ。
修士も「ここで突っ込んだら貰い事故になるからあえて突っ込まんかった」と笑いを誘います。

さらに、修士が「お前、破滅芸人言われてるやん、志らく師匠に」と小堀の書籍の帯コメントについて問いかけると、野々村さんも「すごいやん、志らく師匠に帯書いてもらえるなんて」と驚きを隠せない様子。

実は、志らく師匠は小堀から帯へのコメントを依頼された際、書籍を読まずにコメントをしてくれたのだとか。そこには、小堀の本だから読まなくても信用している、という思いが込められていたのだそうです。

野々村さんが紹介する211項目の家事リスト

野々村さんの書籍『夫が知らない家事リスト』の話題になると、小堀は「役割分担があるわけやん? 夫は外で仕事に集中して、奥さんが家のことをする」と、普段から家事を全く手伝わないことが判明。

一方、野々村さんは「いま、共働きの夫婦が多い中、仕事をしながら家事をするってめちゃくちゃ大変じゃないですか。ウィキペディアで“家事”を検索したら、掃除、洗濯、炊事、買い物などって4項目しかなかったんですよ。アホか、そんなわけあるかい! って!思いつく限り書き出していったんです」と、家事リストができた発端を説明。

最初は148項目だった家事リストは日々更新され、今では211項目になったそう。修士も「このリストを突きつけられるのは、離婚届突きつけられるより怖かったです」と言います。

野々村さんが「ただこのリストを見せてきっちり役割分担をするのはダメ。あら探しになってしまう。主婦がやることはこんなにあんねんで、というのを把握してもらうのが大事なんですよ。修士くんもそれまでは、家事といっても何をすればいいのかわからなかったと思うんです。これを見せてから先回りしてくれるようになりましたし、家事に関するいざこざは減りました」と語ると、会場の女性たちが力強くうなずいていたのが印象的でした。

お互いの書籍を題材に夫婦について語る

続いて野々村さんと小堀の新刊、『夫婦喧嘩は買ったらダメ。勝ったらダメ。』と『ヘドロパパのヨメイゲン クズ夫に放つ嫁の名言&迷言』の話へ移ります。お互いの書籍内で気になることを4つずつ挙げていくことになり、小堀は野々村さんの書籍に収録されている「夫のことを大きな子供と思っていないか」を挙げて「思ってていいのでは?」と言います。

それに対し、野々村さんは「思っとくのは楽なんです。大きい子やと思わんとやってられへんわーというのはあるんですよ。でも、そうなるとなぁなぁな関係になったり、お母さんに頼み事するみたいになんでも頼まれるようになる。でも、いや、お母さんちゃうねんで!って。いつまでも夫と妻という関係でいるためにも、こういう気持ちも大事ですよという意味です」と反論。

小堀は「それはそれで夫婦円満。でもこっちも夫婦円満、それでいいじゃないですか。そしてあなたは鬼嫁です!」とチクリ。
野々村さんは「お前にだけ鬼嫁なんじゃ! 最近顔が少し似ているせいで、小堀の嫁と間違えられるのが一番腹立つねん。私が似ているのはシルベスター・スタローンや、イタリア系や!」と笑わせます。小堀も「俺はイギリス系や(元ビートルズのポール・マッカートニーに似ていると言われるので)。同じヨーロッパ系や!」とさらに会場を沸かせました。

何もできない小堀に野々村さん怒り心頭

小堀の『ヘドロパパのヨメイゲン』について、野々村さんは「今から100分間漫才して、よーい、はい!」を挙げ、「そりゃそうやわ。これ帰れへんからやわ」と詰めます。
これに対し小堀は「この年くらいから100分間ノンストップ漫才をやりだしたんですね。19年くらい前ですか。結婚したてで、子供もまだいなくて。しゃべり相手も本当に僕しかいなくて。芸のことは褒めてくれます。そんなんできるんおらんでーって」とドヤ顔。

野々村さんも「これは私も本当に思うわ。2分間笑い取り続けるのも大変やのに、100分間笑いを取り続けることは本当にすごいことやと、修士くんは本当にすごいなと思います」とすかさず笑いを挟みました。

そして、「ライブ前はようしゃべるんですけどね」という小堀に対し、野々村さんは「弾き語るな言うてるのにまだお前は弾き語ってるんか。まだ人のCDつけたり消したりしてんのか」と詰め寄り、2人の生バトルに会場も熱気を帯びていました。

ただ、「このヨメイゲンは、今の時代だから逆によいのかもしれませんね。昭和な感じがするというか、あたたかい感じもします。むちゃくちゃですが不思議と成立している」と野々村さんが小堀を褒める場面も。
小堀も「これは映画化してもおかしくないと言われるんです」とご満悦な様子でした。

来場者からのお悩み相談では小堀もアドバイス

トークショー後には、来場者からの質問に答えるQ&Aコーナーも開催。来場者からの質問に野々村さん、修士、小堀が答えました。
一番印象深かったのは今回のイベントにふさわしい「もし生まれ変わったとしても同じ人と結婚すると思いますか」という質問。これに対し野々村さんは「私は本にも書いていますが、したいとずっと言っています。8来世くらいはいけますね。9来世は換気扇のフィルターを変えてくれるんやったら考える」と笑いを誘います。

小堀も「僕もそうですね。そうやなかったら無理やと思います。僕という車を乗りこなせるのはあいつだけ」とボケることも忘れません。
それに対し、野々村さんと修士は「免許持ってへんやん。というかお前生まれ変われると思うなよ。まゆみちゃん(小堀の妻)は生まれ変われるけどな。見とけよ、あっちの世界から」と突っ込みます。
小堀も負けじと「逆に向こうもそうだと思います」と言うと2人はすぐさま、「ないわ」と否定。会場もうんうんと大きくうなずいていました。

最後には「夫が家事を手伝ってくれるのですが、結局やり直す羽目になるのでイラっとします。どうすればいいですか」という質問に対し、野々村さんは「本に詳しく書いているから読んでください」ときっちりセールストークも忘れませんでした。

小堀も「うちはみんな本音で話しているんです。だからストレスも溜まらない。言いたいことを言い合っているので実は夫婦円満なんですよ」と、小堀家なりの良好な関係をアピール。「ほんまかいな」と2人に突っ込まれながらもトークショーは大盛況の中、幕を閉じました。

2組の夫婦の詳しい話は、今回発売された本に載っています。ついついパートナーに八つ当たりをしてしまう、意味もない喧嘩に疲れたなど、パートナーとの関係性に悩んでいる人はぜひ読んでみてください。みんな同じように悩んでいるんだと、心が少し軽くなるかも、しれません。

販売&サイン会実施!

この度、1月24日(金)には小堀も参加しての販売&サイン会が開催されることになりました!
場所は新宿・ルミネtheよしもと。当日は劇場公演にも出演します。

1月24日(金)
①13:20
②15:20
③17:20

の三回実施されますので、ぜひご来場ください。

<書籍情報>
ヘドロパパのヨメイゲン クズ夫に放つ嫁の名言&迷言2丁拳銃小堀裕之・著/1,000円+税(小学館)

出典: 小学館

夫婦喧嘩は買ったらダメ。勝ったらダメ。野々村友紀子・著/1,200円+税(産業編集センター)

出典: 産業編集センター

夫が知らない家事リスト野々村友紀子・著/1,300円+税(双葉社)

出典: 双葉社