3月13日(水)、東京・後楽園ホールにて開催される女子ボクシング大会『VICTORIVA.4』に出場する女子プロボクサーの郷司利也子。同月5日(火)、本大会の囲み取材が行なわれ、大会への意気込みを語りました。

2008年4月にJBCライセンスを取得し、2008年にプロボクサーとしてデビューを果たした郷司。趣味のコスプレを活かし、テレビアニメ『美少女戦士セーラームーン』のコスプレ姿で登場することでも話題です。また、2014年からよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属し、モデルやグラビアアイドルなど、幅広い活動をしています。

2019年3月11日(月)にプロボクシングライセンスの“定年”となる37歳の誕生日を迎える彼女ですが、現在、日本ランカー(1月ランキングミニマム級8位)であるため、除外特例によって現役を続行しています。ただ、負け方次第では“引退勧告”を受ける可能性もあることから、今回の試合は非常に大事な一戦です。

4年半ぶりのコスプレ姿!セーラージュピターのコスプレで登場

会見の場に『セーラージュピター』のコスプレ姿で登場した郷司。「37歳はJBCの規定で引退をしなければならない年齢ですが、日本ランキングに入っているが故に寿命が延びまして、試合をさせていただくことになりました」と挨拶します。

4年半ぶりのコスプレ姿については、「セーラー戦士のようにカッコいい女性になりたいというところから格闘技を始めたので、今日は原点に帰ってみました。このコスチュームを着ると、少しでもセーラー戦士に近づかないといけないなと思い、身が引き締まります」と言葉に力を込めます。

「いちばん体力のあるいい時期」と好調をアピール!

ベテランの域に達した郷司ですが、「体力がない状態から(ボクシングを)始めたこともあってか、今のほうがむしろ元気ですし、一番体力のあるいい時期なんじゃないかなと思います」と好調をアピール。「最近は負けも続いてますし、辞めようと考えたこともあった。けど、やっぱり好きだから辞められません。肩と腰を怪我してしまったときは、休んでいても体が疼いてしまうというか、(競技生活へ)戻りたくなってしまいました」とボクシングへの熱い思いを語ります。

今月13日(月)に行なわれるミニマム級4回戦の対戦相手は、細田めぐみ。「学年は私より1つ下ですけど、同い年。試合を拝見させていただいたことがありますけれど、すごく強いと思います。綺麗にストレートを打つワンツーがキレイな選手で体が強く、苦手なタイプのボクサーです」と分析しました。

試合当日の衣装は?「セーラームーン姿でなくても…」

引退勧告を受ける可能性もあるため、今回の試合は負けられない郷司。「相手がどうこうと気にするより、出し切ることを意識したい。自分自身に気持ちを向けようと思っているので、今回、たとえ相手が強くてもやることをやるだけです」と意気込みを語ります。「実力を出し切りたい。絶対にいい試合にしようと思っていますし、今までの中でいちばん意気込みの強い試合になります」と闘志を露わにしました。

ちなみに、試合当日はボクサー姿で挑むとのこと。「セーラームーンにならなくても、やれる度胸ができてきたので。それに、コスプレはコスプレ、ボクサーはボクサー、グラビアはグラビアとしてやっていきたい。水着姿もあくまでパフォーマンスのときだけ。ほかのボクサーの方々に失礼なので、水着でミットは叩かない、グローブは持たないと決めています」とボクシング、そしてボクサーたちへ敬意を表しました。

郷司利也子が挑戦する『VICTORIVA.4』は、3月13日(水)、東京・後楽園ホールにて開催。37歳初試合を勝利で飾ることができるのでしょうか? ぜひ会場で応援してください!

女子ボクシング大会『VICTORIVA.4』

開催日時:3月13日(水)開場5時30分 開始6時
会場:後楽園ホール
チケット:VIP席 12,000円/S指定席 10,000円/B指定席 6,000円/先着自由席 4,000円

※小学生以下入場無料