12月13日(金)、東京・八重洲ブックセンターにて『「もしもし神様ですか?」幸運を呼び込む開運スマホ術』の発売記念イベントが開催され、著者であるLove Me Doが出席しました。

嵐の活動休止をも予言し、インターネット上で“当たりすぎる占い師”として話題を呼んでいるLove Me Doが、スマホやSNSといった新たな切り口で運気アップ術を解説する本書。スマホユーザーの現代人必見の1冊となっています。

関連記事:当たりすぎると話題の占い師・ラブちゃんが最新刊発売、今作のテーマは開運スマホ術!

 

2020年の芸能界を占いで当てる!?

Love Me Doは、イベント前に囲み取材に応じ、早速来年の芸能界について占いの観点から予想! 2019年は“牡羊座”の芸能人が良くも悪くも時代を作ったと回顧。2020年は、“牡牛座”、“乙女座”、“山羊座”の有名人に注目が集まると語りました。

来年は“庚子(かのえのね)”の年であり、金や石をあらわしているとコメント。「漢字で言うと、鈴木さんとか、石田さん、石橋さんとか、剛さんが注目されます」と話します。自然界であれば“庚”は“月”をあらわすと言い、“加藤”や“工藤”や“近藤”といった名字も要注目とのこと。また、手や“てへん”の漢字が付く人にも注目です。さらに、5月以降は“実”や“美”のつく有名人も注目されると占いました。

また、数字の観点で言うと、2020年は“七赤金星”の年であり、「7」という数字(27歳、37歳など)がピックアップされると予想。誕生日でいうと「7は3+4なので、3月7日、3月17日、3月27日、4月7日、4月17日、4月27日、このあたりの誕生日の人たちに注目が集まる」と語ります。

最後に、芸能界の大騒動が起こる日として、「1月20日~2月20日、または3月31日~5月22日の間にすごいことが起こりそうです」と述べていました。

Love Me Doが提言!待ち受けにオススメなのは…

今回、Love Me Doにインタビューを行ないました。スマホは使い方次第で開運につながるとのことですが、一体どういうことなのでしょうか?

――まずは本書を作成するにあたって、スマホに着目した理由を教えてください。

風水って時代と共に進化してきていて、運気の良い場所にお墓を作るっていうのが最初だったんですけど、そこから都市形成にきて、現代では家の中の運気を高めるところまできています。さらにこの先進化させるとなったら、普段いつも持ち歩く“スマホ”ですよね。

スマホは肌身離さず持っているものですし、自分の分身のようなものです。風水は環境学なので、その人の環境によって運気が変わる。家の中の環境、人間関係、スマホがどこに置かれているかなどを考えると風水ととてもマッチしやすいんです。

だから風水の理論を取り入れて、普段皆さんが持ち歩いているスマホを使って簡単に開運できる方法がないか……と編み出しました。

――本書では、アプリの位置で運が変わると書かれていますが、待ち受け画面でも変わったりするものなのですか?

待ち受けはその人の顔になるわけですよ。名刺みたいなものなので、一番大事になってきます。それが時代にあったものだととても良いです。来年は“庚子”っていう年なんですけど、“庚”が月をあらわして“子”が海や水をあらわしています。なので、“夜空に月がある”写真にすると運がよくなります。

もし、今月から1月にかけて運気を上げたいなら、2019年12月は“丙子(ひのえね)”の月なので、“太陽が湖面に輝く”待ち受けにすると、いろんなものの運が上がっていきます。

――編集部の方が、Love Me Doさんの方法を試したら「良いことが起きた」とおっしゃっていました。

スマホって性格が出るんですよ。例えば、大西ライオンとかは(アプリが)スッカスカなんです。自分の人生何も考えてなくて、ただ楽しく生きるみたいな(笑)。で、聞いてみたら南東(スマホ画面の右下)にスケジュール帳のアプリを置いているらしくて。それって“旅行”の方角で「旅のことしか考えていないよ」って言ったら「そういえば、ゴルフのことしか考えていないな。人生のこと何も考えていないです」って。

――(笑)。最後に本書のアピールポイントを教えてください。

アプリを動かすだけで運が高まるので、簡単ですし、ぜひ試してみてほしいです。動かしたアプリを2週間そのままにしてみてください。効果が出るはずです!

Love Me Doの著書『「もしもし神様ですか?」幸運を呼び込む開運スマホ術』は全国の書店およびネット書店で発売中です。ぜひ、お買い求めください。

『「もしもし神様ですか?」幸運を呼び込む開運スマホ術』

著書:Love Me Do
価格:本体1,300円+税
出版社:リットーミュージック

ご購入はコチラ
【関連記事】