12月22日(日)に行なわれる『M-1グランプリ2019』(ABCテレビ・テレビ朝日系列)を前に、頂点を目指すファイナリストたちに直撃インタビュー! 第3回は、若手の頃から高い評価を得てきたものの、今年初めて決勝の舞台へと駒を進めた、芸歴10年目のニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)。

クールな2人らしからぬ熱い一面を見せながら語ってくれた、決勝、そして優勝にかける想いとは……?

関連記事:【独占】決勝進出者が語る“M-1”!からし蓮根「優勝したいと初めて思った」

 

準決勝の漫才中、嶋佐が屋敷にムカついたこととは?

——準決勝から少し経ちました。現在の心境を聞かせてください。

屋敷「決勝発表の瞬間はだいぶふわふわしていたんですけど、今は確定した大当たりをさらに連チャンさせるために、ここからもうひと伸びせんとなっていう気持ちになってきてますね」

嶋佐「せっかく決勝まで来られたからには、ちゃんとかまさないといけないですから」

屋敷「今までの決勝進出発表は、自分の番号を頭の中でずっと反芻しながら“あと何組や、ヤバいヤバい”って感じやったんですけど、今年は自分らの番号も覚えていなかったですし、発表中も何組残っとるとか数えていないくらい無の境地で。やからコンビ名を呼ばれた瞬間、後ろにいた囲碁将棋さんやダイタクさんの方を向いてしまってカメラに顔が全然映ってなかった。だいぶド素人なことをしてしまいました(笑)」

嶋佐「『キングオブコント』を含めると、準決勝で呼ばれないっていうのを何度も味わっているからですかね? えらいもんで、ボーッとしちゃってて。僕は5~6組が決まった時点で、“あぁ、今年もダメなのか”って思っていました。だから、コンビ名を呼ばれたときはびっくりしちゃいましたね」

――『M-1』へ挑むにあたって例年と今年、何か変えたところはあったんですか?

屋敷「昨年、準々決勝で落ちたときに、これだけに全額ベットするのは危ないなと思ったというか。気持ち的に“賞レースだけを売れるきっかけとして捉えるのはよくない”ってなって、今年は違う形の単独ライブをやってみたり、YouTubeチャンネルを開設したりしたんです。(そういう活動を通して)コンビとして前を向いているなって思えていたのがよかったのか、準決勝ですごく力を抜いて漫才できたんですよね。ネタ選びに関しては、毎年話し合わずにふわっとしていたのを、今年は“ここでこのネタをやろう”とかすごく話し合って決めるっていう作戦が全部ハマりました」

嶋佐「例えば、(動画で)配信されるラウンド(審査)からネタを全部変えよう!とかね?」

屋敷「それこそ、ゆにばーすの川瀬名人の意見をめちゃくちゃ取り入れたりもしました。迷っているとき、あいつは“大丈夫です”って言い切って背中を押してくれたし、決勝へ行ったことも“作戦ハマりましたね!”って喜んでくれたんでありがたかったですね。あと、さらば青春の光の森田さんとバイク川崎バイクさんに動画でネタを観てもらったりもしたので、そういう面では今までより努力したのかもしれない。……お前は神社に行ったんやろ?」

嶋佐「行きました。ダイタクの拓さんに誘われて、準決勝の日にちょっと早起きして。1,000円ブチ込みましたよ! 初めて札入れたかもなぁ。さすがに決勝前も行きますわ」

屋敷「今度は1万円いく? 優勝できるなら、1万円は安すぎるやろ。俺の1万円も預けようかな」

――一緒に行けばいいじゃないですか!(笑)

屋敷「ははは! たしかにそこ、面倒くさがったらダメですよね」

嶋佐「僕、準々決勝前、早めに(会場の最寄駅である)浜松町へ着いたんで近くでマッサージを受けたら準決勝に行けたんですよ。だから、準決勝の日も同じ店でマッサージしました。……神社もそうなんですけど、人ってこうやって何かにすがっていくんだなと思いましたよね(笑)」

屋敷「それで言うたら、僕はこれまでと逆のことをやりましたね。浜松町駅じゃなく大門駅を使って、2つある楽屋もいつも使っていない方を使って。準決勝前日は呑まんかったけど、ベロベロになるまで呑みました。あと、1回戦から準決勝まで全部、スーツを変えたんです。1回戦と2回戦、スーツを変えていて、2回戦がえらいウケたのをきっかけに、そうしていましたね」

嶋佐「そうだ、思い出した! 準決勝で舞台へ出て行って、いざこいつの顔見たら鼻毛が出ていたんですよ。“いざネタをやるぞ! さぁ、結果はどうなる!”って思っていたのに……“はぁ? なんなん!”ってムカついたんだった。そういうところ、あるんだよなぁ!」

屋敷「あはは! 今までよう忘れてたなぁ。本番はちゃんと気をつけるわ」

嶋佐「けど、それでリラックスできたっていうのはあったかもしれないですね」

決勝が決まった瞬間、甲子園みたいな泣き方をした

――若手の頃からコントと漫才いずれも高い評価を受けながら、大きな賞レースではなかなか結果が出ませんでした。そういった現状を、どんなふうに捉えていましたか?

嶋佐「そりゃあ……しんどかったですよ。5年目くらいまでは“クソっ!”みたいな気持ちもありましたけど、“なんなん? マジで!”って段々ムカついてきましたしね」

屋敷「ただ、2人が面白いと思うことを第一優先としていたので。賞レース用のネタを作って、自分らのフォームを崩すのがいちばん嫌やったんですよ。芸歴15年をこえてもネタはやり続けるし、計算してネタを作ったとしても僕らの場合、おもんないやろうなとも思っていたんで、賞レースは意識せんようにしていて」

嶋佐「もちろん、そうやって作ったネタの中で賞レースに臨むには何がいいかなとか考えたり、多少の調整をしたりはありましたけど、たしかに自分たちの面白いと思うことをやってましたね」

屋敷「だいぶ時間はかかりましたけど、今となってはそうしてきてよかったなと思います」

――また、ニューヨークさんはあまりがむしゃらさを見せず、いつも飄々としている印象があります。

嶋佐「それねぇ……“頑張ってます”って自分らで言うのはあんまり好きじゃないっていうか。芸人なんて、いかにヘラヘラできるかじゃないですか。なぁ?」

屋敷「そんなん言うてる時点でダサいわ(笑)。けど、今年はさっきも言うたようにYouTubeチャンネルを開設したり、人にアドバイスを求めたり、周りを巻き込む作業はやりましたからね」

嶋佐「あと、僕ら2人とも決勝の結果発表で呼ばれたあと、ちゃんと泣きましたし!」

屋敷「2人で甲子園みたいな泣き方してたよな? 僕らがいっちばん泣いてたし、僕なんか次の日も家で1人、思い出し泣きしましたから(笑)」

嶋佐「僕は発表の3日後、ダイタクの大さんと呑みに行って、めっちゃ泣きましたね」

屋敷「やっぱり10年行かれへんかったっていうフリが効いてる分、嬉しいんですよ。もう一生、あの場で名前を呼ばれることはないんじゃないかっていう恐怖もあったんで。……けど、大事なのはここからです。10年分全部を決勝に出さんと。で、優勝せんと」

嶋佐「面白い人たちと日頃、ご一緒させてもらっている中で決勝に行かせてもらったんで、マジで優勝しないとなって思っています」

屋敷が狙うのはラストイケメンチャンス!?

――神社へのお参り以外に、決勝までにやろうと思っていることは?

屋敷「運気が下がることは絶対にしない! 店員さんにお礼をちゃんと言いますし、もちろんポイ捨てなんて絶対にしない。信号も黄色やったら渡らない。神さまが常に見ていると思って行動しています」

嶋佐「まさかのドスピリチュアルじゃん!(笑)」

屋敷「ははは! 芸能界って才能あるヤツとか努力しているヤツの戦いじゃないですか。そうなると、大事なのはマジで運やなと思ったんですよ。やから、掃除もしました」

嶋佐「決勝は見た目をちょっとでもキレイにして出たいですけどね。和牛さんみたいになりたいというか、こいつは川西さんみたいなチャンスがあると思うんです。だから、皮膚科に行って! 断食して! そしたら体調がよくなって、肌もキレイになるから」

屋敷「俺、皮膚科行って、ダイエットして、髪も切らなあかんの?(笑)」

嶋佐「うん。33歳、芸歴10年目……川西さんみたいに滑り込みできるはずだからさ。ラストイケメンチャンスだよ!」

――イケメンチャンスを狙う以外に、優勝に向けての秘策はありますか?

屋敷「僕らってネタの球数が多いんで、何をやってくるのかわかりにくいと思うんですよ。やから、その辺に期待していただければ。ウケてもスベっても絵になる芸人でありたいですね。で、せっかくなんて決勝の舞台を楽しみたい。準決勝みたいに、楽しく漫才できたらいいなと思っています」

――ちなみに、気になるファイナリストはいますか?

屋敷「敗者復活から上がってくる1組ですかね。今回はビッグネームがいっぱいいるので、誰が上がってきても厄介ですよ」

嶋佐「初決勝のほかの6組も、どうなるのか予想がつかない分、気になります」

屋敷「その中でいちばん目立てたらええよなぁ。まぁ、すゑひろがりずさんは決勝に出てオンエアされた時点で勝ち確定です。僕には営業とウェブCMのオファーまでがすでに見えていますから(笑)! 僕らも負けません!」

『M-1グランプリ2019』決勝は12月22日(日)に放送されます。果たしてどの組が栄冠を勝ち取るのか? ぜひ、その目で確かめてください!

M-1グランプリ2019

<決勝>『M-1グランプリ2019』
放送日時:12月22日(日)午後6時34分~10時00分
ABCテレビ・テレビ朝日系列24局 全国ネット生放送
司会:今田耕司 上戸彩
審査員:オール巨人 上沼恵美子 サンドウィッチマン・富澤たけし 立川志らく ナイツ・塙宣之 中川家・礼二 ダウンタウン・松本人志(50音順)
<決勝>進出者:インディアンス オズワルド かまいたち からし蓮根 すゑひろがりず ニューヨーク ぺこぱ 見取り図 ミルクボーイ +1組(敗者復活戦にて決定)
<決勝>ネタ分数:4分

<敗者復活戦>『M-1グランプリ2019 敗者復活戦 ~決めるのはアナタの1票!!~』
放送日時:12月22日(日)午後1時55分~4時25分
ABCテレビ・テレビ朝日系列24局 全国ネット生放送
開催場所:東京港区・六本木ヒルズアリーナ
<敗者復活戦>ネタ分数:4分

 

『M-1グランプリ2019』インタビュー

【公開予定】

12月14日(土)or 15日(日) パンクブーブー・佐藤(2009年大会優勝)
12月16日(月) インディアンス(2019年大会決勝進出)
12月17日(火) ミルクボーイ(2019年大会決勝進出)
12月18日(水)  見取り図(2019年大会決勝進出)
12月19日(木) すゑひろがりず(2019年大会決勝進出)
12月20日(金) かまいたち(2019年大会決勝進出)
12月21日(土) NON STYLE・石田(2008年大会優勝)

【芸人記事まとめ】

【関連記事】