12月22日(日)に行なわれる『M-1グランプリ2019』(ABCテレビ・テレビ朝日系列)を前に、頂点を目指すファイナリストたちに直撃インタビュー! 第2回は、結成5年目にして今回、すでに5回目の『M-1』挑戦となるオズワルド(畠中悠、伊藤俊介)。

自ら「ウルトラダークホース」と話す2人の『M-1』にかける想いとは……?

関連記事:【独占】決勝進出者が語る“M-1”!からし蓮根「優勝したいと初めて思った」

 

「ウルトラダークホース」なオズワルド

――最多組が挑戦した2019年の『M-1』において、見事、決勝戦に進んだオズワルドさん、おめでとうございます。

伊藤「ありがとうございます! “ウルトラダークホース”ですから、僕ら。決勝進出組のプロフィールを見せてもらったら、みんな何かの賞を獲っていたんです。僕らだけ“特になし”と書かれていましたから」

畠中「はい。何の結果も出していないので、そういう意味ではウルトラダークホースです!」

――名前を呼ばれた瞬間は、やっぱりすごくうれしかったですか?

伊藤「うれしいです。ただ正直、畠中も僕も、“いや、行っただろ”という感じはあったんですよ」

畠中「そうですね。(他の出場者の漫才を)ほぼ全部観ていたんですけど、本当に“ウケ”だけで言うんだったら“行っただろうな”というぐらいの手応えはありました。なので、驚きというよりはちょっと安心しました。実は、勝手に詮索して“何々枠とかあんのかな……”とか思っていたんですけど、全然で(笑)。ウケを評価してもらえて本当にうれしかったです」

――周りの皆さんから、すでに祝福がいっぱいきていますか?

畠中「もう会う人、会う人、みんな抱き合ってくれたりします。僕、出身が北海道函館なんですけど、お母さんのパート先から実家に“息子さんの決勝、おめでとうございます!”と、でかい胡蝶蘭が届いていました(笑)」

伊藤「(笑)」

畠中「すごくありがたいです。僕の町って、函館の中でもめちゃくちゃ田舎で。そんな町で『M-1』の決勝に行く人なんて、たぶんいなかったんで」

伊藤「マジで優勝したら石像、建つと思いますね! クラーク博士になりますね! あと、もうひとつ、胡蝶蘭が(ヨシモト)∞ホールにも届いて。“オズワルド悠ちんへ、元カノより”って」

――え、本当ですか!?

畠中「あ、僕、彼女できたこと1回もないんですよ……。僕が東京に来たときに最初にバイトした居酒屋の人から送っていただいたもので……」

伊藤「いや~、エモいですよね~」

――“エモい”でいえば、伊藤さんも妹の女優・伊藤沙莉さんから熱い激励&応援がありましたよね。

伊藤「沙莉に関しては、もう(笑)。決勝の発表が21時にあって、記者会見が21時半からだったので、少しだけ時間が空いたんです。一応、(決勝進出を)母ちゃんに電話したら、家族みんな揃っていたから沙莉の耳にも入って。そしたら、あいつ、記者会見が始まる前に“オズワルドおめでとう”ってツイートを!」

畠中「誰よりも早く。メディアも知らないのに(笑)」

伊藤「そう。気持ちはすっごくありがたかったんですけど、そこは、ちゃんと怒りましたよ(笑)」

勝てる漫才を目指して「みんなが戦い方を教えてくれた」

――2015年から毎年挑戦され続けた『M-1』ですが、初めての決勝進出になりました。心の変遷はありましたか?

畠中「2015年のときは正直、コンビを組んで半年ぐらいだったんです。初めてでいきなり3回戦まで行けて、“あれ、いける?”と。そんな矢先、3回戦でめちゃくちゃスベりました。“『M-1』は甘くないな”と思いました」

伊藤「で、次の2016年は1回戦で落ちて……。それを境に、ボケとツッコミを変えました。もともとノーツッコミみたいな感じだったんですけど、ツッコまないでやる漫才だと勝てないと思って。ツッコんでから割とウケるようになってきたんです。今思えば、2016年は1回戦で負けてよかったな、と。でも、あのときはしんどすぎて、本当に死ぬかと思いましたけど(笑)」

――漫才のやり方を刷新した後、2017年、2018年は3回戦まで進み、今年はその壁を乗り越えた年になりました。

畠中「越えました」

伊藤「昨年が正直、やり方を変え始めてから“一番まとまってきたな”という感じがしていて。正直、3回戦で、“あ、これ行ったな”と思うぐらいウケたんです。けど結果、落ちたので、めちゃくちゃ悔しかったですね。周りの芸人さんもみんな、“いや、これは行ったやろ”みたいに言ってくれたんですけど、めちゃめちゃお世話になっている1個上の先輩の(ゆにばーす・)川瀬名人だけは“50%やな”と言っていて」

畠中「冗談も含めて強めに当たってくる先輩なので、“またまた~”みたいな感じで聞いていたんですけど、その通りでした」

伊藤「川瀬さんが言ってくれた落ちた理由も、ものすごい頷けたので、この1年は、そこを意識してやってきました」

――具体的に聞いてもいいですか?

畠中「僕らは賞レースの細かいところをわかっていなかったので、ネタの内容は同じでも、ボケの位置、強いボケをどこに入れるか、とかを変えていったりしました。何回もライブで試して、完成形に近づけていって」

伊藤「他事務所のライブにも出させてもらったり、ターニングポイントになるような人たちとの出会いが結構多かったです。『渋谷漫才大学』というチャンピオンにネタを見てもらう機会があったんですけど、NON STYLEの石田さん、パンクブーブーの(佐藤)哲夫さん、とろサーモンの久保田さんからアドバイスをいただけたことが、本当に大きかったです」

畠中「“準決勝でこのネタをやろうと思っているんです”と言ったら、久保田さんが“じゃあ、そのネタの動画を送って”と言ってくれたので、久保田さんに送って見てもらいました。“ここはこうだな”みたいな細かいところを見てくれて、すごくお笑い愛を感じました」

伊藤「根本的に、今やっていることを否定してくる人は誰もいなくて、みんなが戦い方を教えてくれた感じでした」

「M-1」は「世界で一番かっこいい大会」

――自分たちが作ったネタへのアドバイスを素直に聞き入れて実行されるのも、おふたりの強みなのかなと思いました。

伊藤&畠中「マジで僕ら柔軟だと思います!!」

畠中「1回試してみること、すごく大事だと思っています。吉本のライブの恩恵みたいなのも、めちゃくちゃありますし。伊藤がほかの事務所の芸人とも交流が深いので、そこでライブに呼んでもらったり、吉本以外のところでも試したりして。東京中のいろいろなライブに出られたのがでかいです」

伊藤「本当に東京のライブシーンに育ててもらった感じです、僕らは」

――実際、本番を迎えるまで、『M-1』のことはずっと頭の中にあるものですか?

畠中「ずっと、あります」

伊藤「ありますね。怖い夢もたくさん見ましたし。1回戦じゃなくて2回戦で落ちる夢とか、すごいリアルなんですよ……」

畠中「僕、昨年のかまいたちさんのネタとか、昨日、観ちゃいました」

伊藤「俺も観た、昨日。ちょうど!」

畠中「“すげえ。面白え”と思っちゃって……」

伊藤「過去の『M-1』のネタは、めちゃめちゃ観るよね。自分らが行きたい気持ちももちろんありますけど、せっかくなので、何より昨年より盛り上がってほしいなと思います、やっぱり」

――最後に、意気込みを一言聞かせてください。

畠中「『M-1』は一番憧れの、最高の大会です。世界で一番かっこいい大会だと思っています!」

伊藤「一番です。もう本当にこれしかないですもん、だって。オリンピックより好きです。優勝します!」

 

『M-1グランプリ2019』決勝は12月22日(日)に放送されます。果たしてどの組が栄冠を勝ち取るのか? ぜひ、その目で確かめてください!

M-1グランプリ2019

<決勝>『M-1グランプリ2019』
放送日時:12月22日(日)午後6時34分~10時00分
ABCテレビ・テレビ朝日系列24局 全国ネット生放送
司会:今田耕司 上戸彩
審査員:オール巨人 上沼恵美子 サンドウィッチマン・富澤たけし 立川志らく ナイツ・塙宣之 中川家・礼二 ダウンタウン・松本人志(50音順)
<決勝>進出者:インディアンス オズワルド かまいたち からし蓮根 すゑひろがりず ニューヨーク ぺこぱ 見取り図 ミルクボーイ +1組(敗者復活戦にて決定)
<決勝>ネタ分数:4分

<敗者復活戦>『M-1グランプリ2019 敗者復活戦 ~決めるのはアナタの1票!!~』
放送日時:12月22日(日)午後1時55分~4時25分
ABCテレビ・テレビ朝日系列24局 全国ネット生放送
開催場所:東京港区・六本木ヒルズアリーナ
<敗者復活戦>ネタ分数:4分

 

『M-1グランプリ2019』インタビュー

【公開予定】

12月13日(金) ニューヨーク(2019年大会決勝進出)
12月14日(土)or 15日(日) パンクブーブー・佐藤(2009年大会優勝)
12月16日(月) インディアンス(2019年大会決勝進出)
12月17日(火) ミルクボーイ(2019年大会決勝進出)
12月18日(水)  見取り図(2019年大会決勝進出)
12月19日(木) すゑひろがりず(2019年大会決勝進出)
12月20日(金) かまいたち(2019年大会決勝進出)
12月21日(土) NON STYLE・石田(2008年大会優勝)

【関連記事】