12月11日(水)、東京・新宿ピカデリーにて映画『決算!忠臣蔵』大ヒット御礼舞台挨拶が開催され、W主演を務めたナインティナイン・岡村隆史と堤真一、中村義洋監督が出席しました。

本作は、『忠臣蔵』をテーマに、予算内での仇討を計画する赤穂浪士たちの苦労をコミカルに描く意欲作。現存する大石内蔵助が書き残した決算書に基づき、お金を軸に「討ち入り」というドラマを切り取ります。11月22日(金)に公開されるやいなや、邦画1位を獲得し、約3週間で興行収入8億6千万円を突破! 大ヒットとなっています。

関連記事:関ジャニ横山がフォローも無念!? ナイナイ岡村、堤真一に“裏話”を暴露され…

 

声の小さい岡村に堤が「なんでやねん!」

イベントでは、劇中に何度も登場するセリフ「なんでやねん!」にかけて、お互いに対して「なんでやねん!」と思っていることを回答してもらうことに。

堤から岡村に対しては、映画の中で(普段のキャラを)抑えた演技をしており、今までにない岡村が見られるとしつつ「(役と同じで)普段もめっちゃ声小さいんですよ」とコメント。初めて食事に行った際、あまりにもボリュームが小さかったため「“来たくなかったんかな!?”って思って」と胸中を明かして会場を笑いに包みます。これに対し岡村は「仕事を終えるとスイッチをオフにしてしまう」と釈明。

一方、堤に対して岡村は、撮影中のエピソードを「全然覚えてらっしゃらない」と暴露。「ボーッとしてはって“そんなんあった?”って」とやりとりを反芻すると、堤は「歳のせいかな? 忘れていこうとしているってことは、人生辛いんかな?」と頭をかしげます。

また、岡村は同じく本作に出演している先輩の西川きよしの名前を上げ、中村監督へ「きよし師匠に“なんでやねん!”って思うことあるんじゃないんですか?」と質問。中村監督は、きよしが撮影中に指示を聞かず、自分の演技を貫いていたと回顧しますが、すぐに岡村がツッコミを入れてくれていたことで、助かったと述べました。

2人が思う今年の漢字は?

ここで、それぞれが思う今年の漢字を発表。堤は「〇(丸)」を披露し、自身が最近丸くなってきて「子どもに怒らなくなりました」と言います。しかし、相手も策士なようで、長女に至っては「僕の怒る雰囲気を察して“それ以上言わない”って」と囁いてくることを明かしました。

ほか、監督が映画タイトルにもある「蔵」、岡村は「闇」と発表します。今年様々なことがあったと振り返りつつ「全部ここから始まった」と笑いを交えつつトークを展開。最後に「来年は明るく皆さんを笑顔にしていきたいと思います!」と抱負を述べていました。

映画『決算!忠臣蔵』は全国の劇場で公開中です。ぜひ、足をお運びください!

映画『決算!忠臣蔵』

監督:中村義洋
出演:堤真一、岡村隆史、西川きよし、村上ショージ、板尾創路、木村祐一ほか
公式HP:『決算!忠臣蔵』

【芸人記事まとめ】

【関連記事】