12月10日(火)、しずる・村上純がTwitterを更新。営業先で、くまだまさしがコントの準備をしている舞台裏を目撃したとのことなのですが、くまだの持ちネタである“尻出しネタ”の秘密が晒されており……!? あの“尻出しネタ”に隠された、爆笑の舞台裏をご覧ください!

しずる村上が営業先で見たくまだの姿とは…

パンツからクラッカーが鳴ったり、パンツの中にネタを仕込んだりと、パンツネタでおなじみのくまだ。今回も、コント中にパンツがずり上がる“尻出しネタ”の準備をしているようなのですが……。

パンツからはみ出たくまだのお尻に、マジックペンを持った女性が真剣な様子で“東栄”という文字を書いています。女性はこのあと、紙で仰いでインクを乾かそうとしたそうなのですが、くまだは「フーフーしてください、それじゃなきゃ駄目なんです」と釘を刺していたとのこと。村上も「なんでフーフーじゃなきゃ?」と綴っており、なんともシュールな絵面です……!

はたから見ると不思議に思えますが、芸歴20年以上のくまだには独自のこだわりがあるのでしょうか?

実は、娘想いな“パパ”の一面も

手作り感のある多様なアイテムを使ってネタを披露するくまだですが、実はプライベートでは“良いパパ”という意外な一面も。

ネタで使用する道具が入れてあるアイテムボックスには、愛娘の写真を入れているのだとか。いつも娘の写真を持ち歩き、一緒に舞台に立っているそうです。

関連記事:くまだまさし、“道具箱”の中には愛娘の写真が…!? 【ルミネ通信vol.10】

 

“尻出しネタ”など宴会芸のイメージが強いくまだですが、愛娘やネタにかける想いは人一倍強いよう。今後も斬新なネタでファンを笑わせてくれることに期待です!

【関連記事】