11月27日(水)19:30(日本時間28日(木)9:30)より、アメリカ・ニューヨークのハーレム地区にあるAPOLLO THEATER(アポロシアター)にて、今年開催された『APOLLO AMATEUR NIGHT(アポロアマチュアナイト)』の予選を勝ち上がったキッズ部門2組、大人部門10組による年間優勝者を決める決勝大会「SUPER TOP DOG(スーパートップドック)」が開催されました。

この大会に、今年11月に日本で開催された「APOLLO AMATEUR NIGHT JAPAN 2019」優勝者のダンスクルー「544 6th Ave」さんと、AMATEUR NIGHTプロデューサーのマリオン・カフェィ氏が決める審査員特別賞のシンガー「Wakasa」さんがAPOLLO THEATERの歴史上初のアジアゲストで、日本代表として出演を果たしました。

関連記事:ヤンシー&マリコンヌも健闘!「アポロアマチュアナイト」決勝進出者決定

「APOLLO AMATEUR NIGHT JAPAN 2019」とは?

今年85周年を迎える伝統的なパフォーマンスシアター「APOLLO THEATER」が認める公式ライセンスとしては世界初となる、「APOLLO AMATEUR NIGHT」の権利を吉本興業が取得し実施したスター発掘オーディションライブ。
「審査は観客の歓声とブーイング」「ブーイングを集めてしまったパフォーマーは途中で強制退場させられる」本場のシステムを完全導入し、世界で最も厳しく、公平な審査で未来のスターを発掘に取り組みました。
優勝者は優勝賞金100万円、審査員特別賞は賞金20万円と、それぞれに本場アメリカ・ニューヨークのアポロシアターで開催される年間優勝者大会「SUPER TOP DOG」にゲストパフォーマーとして出場できる権利を獲得できます。
応募総数1,197組の中から東京・大阪にて各2回、計4回の予選を行い各回の上位3組が決勝ラウンド『TOP DOG』に進出、予選から勝ち上がった12組による決勝ラウンドを開催し、観客の歓声によって優勝者が決まります。初となる日本大会の優勝者は544 6th Aveとなりました。また、アポロシアター「アマチュアナイト」プロデューサー・マリオンさんが選んだ審査員特別賞としてWakasaが選ばれました。

 

会場はヒートアップ!

開演前からDJ JESSが会場を盛り上げ、客席まで降りて観客と踊るなど、早々に観客のテンションを高めていきます。

続いて、各パフォーマーの出演前にステージ上から客席を盛り上げる“セットアップマン”として、JOE GRAYのライブ、ブーイングを集めてしまったパフォーマーを舞台上から強制退場させる“エクスキューショナー”として、CPが登場します。
3名の観客を舞台上に上げ即興でダンスパフォーマンスを要求すると、3名の観客はそれぞれが独自のパフォーマンスを披露し観客を楽しませます。3名の中で誰が一番盛り上がったか、会場の観客に拍手で選んでもらい、一番多くの拍手を集めた「即興パーフォーマー」の観客にはアポロシアターのTシャツがプレゼントされました。

この「観客のリアクションで勝敗を決める」というアポロシアターアマチュアナイトの醍醐味でもあるシステムに会場は更にヒートアップしていきます。

そして、キャパ約1500の満員となった会場で、いよいよ「スーパートップドック」が始まります。
APOLLO AMATEUR NIGHTの統括プロデューサーであるマリオン・カフェィ氏から、「今日は特別なゲストが日本から来ています。アポロアマチュアナイトの公式ライセンスを、日本最大のエンタテインメントカンパニーである吉本興業に提供しました。

今回初めて、アポロアマチュアナイトを日本の大阪と東京で開催しました。日本大会の記念すべき最初のチャンピオンであるダンサーグループが特別ゲストとして来てくれました」という紹介のもと、 「544 6th Ave」が、今大会のトップバッターとして出演しました。

特別ゲストとして544 6th Aveの名前が呼ばれると、メンバー曰く「ニューヨークの地名から名付けた」聞き馴染みのある名前に会場からは暖かい拍手が起こると同時に、和傘に和装というその個性的ないで立ちと、年齢もバラバラの4名のメンバー構成に驚きの声が漏れます。

544 6th Aveのパフォーマンスは、まさに“静”と“動”。4人の一糸乱れぬ正確かつ切れ味鋭いダンスから一転、バク転などステージを大きく使うアクロバティックなダンスに、会場からは自然と手拍子が起こり、4人が日本流の手を合わせたポーズで締めるとスタンディングオベーションする観客の姿もありました。

興奮の本編スタート

その後、「SUPER TOP DOG」の決勝パフォーマンスが始まり本編がスタートします。
アメリカ本国の実力派シンガーやパーフォーマーが出場している大会の中盤で、「日本・東京からのスペシャルセカンドゲスト」としてWakasaが紹介され出演しました。
本人が披露したのは映画「GREATEST SHOWMAN」より「Never Enough」。低音から始まる歌声に、会場はその歌声を聞き逃すまいと静まりますが、サビの部分に来ると堪らず拍手と大歓声が沸き起こりました。

赤い着物ベースの衣装に身を包み、伸びやかに堂々と歌い上げる姿は「アポロアマチュアナイトジャパン2019」の成功を印象付けました。
スティーヴィー・ワンダー、マイケル・ジャクソンら、多くの大スターを輩出し、パフォーマー達がその腕を競い合う「アポロアマチュアナイト」。その中でも年間優勝者を決めるステージでしたが、「アポロアマチュアナイトジャパン2019」から選ばれ出場した2組は、改めてアジア初のゲストとして強い存在感を見せることができ、その才能を全米、更には世界に向けて発信することが出来ました。

今後の2組の活躍が楽しみであると同時に、先日発表された「アポロアマチュアナイトアジア2020」の成功を早くも予感させ、「アポロアマチュアナイト『SUPER TOP DOG』」は幕を閉じました。

今回出場した2組からはコメントが届いています!

544 6th Ave(ファイブ・フォー・フォー・シックスアベニュー)

Keiichiro:「最初はすごく緊張したんですけど、ステージに立ったら楽しくて最後までやり切れてよかったです。」

Takuto:「日本と違って、最高のお客さん達にいろんな歓声を頂けて、最高のパフォーマンスも出来たので悔いはなくて、本当に楽しかったです。」

Mahiro:「本場のニューヨークなので日本と違って、オーディエンスも凄く盛り上がっていて、熱い熱気が伝わってきて、僕らもその分負けないくらい熱く踊れたので本当に最高のステージでした。」

Kaisei:「アポロシアターで踊れて、お客さんもすごい歓声をくれたので、自分達もやる気がでてステージの上ではいつも以上に楽しく踊れたので良かったです。

WAKASA(ワカサ)

「初めてニューヨークのアポロシアターで歌って、ドキドキして心臓も痛くなり、すごく興奮しました!歌い終わった後息切れしたのも初めての経験でしたが、自分の中で歌い切った感覚があります。歓声もすごくうれしくて気持ちよかったで
す!」

「APOLLO AMATEURNIGHT ASIA2020」に期待

2020年は、規模をアジア全域に広げ、アジア各主要都市で開催される予選ラウンド「SHOW OFF」を勝ち抜いた実力派パフォーマーが、日本で秋に開催される決勝ラウンド「TOP DOG」に集結します。
詳細は近日発表予定ですので、ご期待ください。
尚、今大会の年間優勝者は、アメリカの予選を独自に勝ち抜いてきた日本人の高橋あず美さんが優勝しました。日本人の優勝は、シンガーとしてはアポロシアターの歴史上初めてとなり、賞金2万ドル(約220万円)を獲得しました。
また、キッズ部門となる「CHILD STARS OF TOMORROW」は、BRANDON GRAYが勝利し、賞金5千ドル(約55万円)を獲得しました。

『SUPER TOP DOG』出演条件は…

毎週の1〜3位が月一回行われるマンスリー大会「ショー・オフ」に出演、ここで3か月間の上位入賞者が3か月に一度に開催される「トップ・ドッグ」に進み、「トップ・ドッグ」上位入賞者が年間大会である「スーパー・トップ・ドッグ」に出場。
日本人の「スーパー・トップ・ドッグ」優勝は2013年の二人組ダンサーチーム、Numbers No:Z(源大(タイムマシーン),リュータ(TRIQSTAR)によるチーム)以来。シンガーでは高橋あず美が日本人初となります。

優勝者

高橋あず美

Twitterアカウントはこちら

決勝大会出演者資料

(※点数は獲得数です)
「CHILD STARS OF TOMORROW」
①MARQUIS ANDRE TROY「RISE UP」 100点⇒97点
②BRANDON GRAY「TOTAL PRAISE」 100点⇒99点

「SUPER TOP DOG」
〜特別ゲスト〜 544 6th Ave (form JAPAN) ダンスパフォーマンス
①CHRISTINA JONES(シンガー)「WHOS LOVIN YOU」 81点
②TYSHAWN COLQUITT(シンガー)「A CHANGE GONNA COME」 85点
③KALLI DONALD(ダンサー)※ダンスパフォーマンス 90点
④KATYRAH LOVE(シンガー)「I AM CHANGING」 93点
⑤ANTHONY QUARTERMAN(シンガー)「PRACTICE WHAT YOU REACH」 68点
〜特別ゲストWAKASA(from JAPAN)「NEVER ENOUGH」
⑥KARON DEE WHITE(ダンサー)ダンスパフォーマンス 64点
⑦KOFI(キーボード奏者)「SAY YES」キーボードパフォーマンス 92点
⑧RICHARD PEREZ(シンガー)「DIRTY DIANA」 72点
⑨SUNG BEATS(ヒューマンビートボックス) 94点
⑩AZUMI TAKAHASHI(シンガー)「AND I AM TELLIN YOU」 98点

 

公演概要

日時:11月27日(水)開場19:00 開演19:30~22:30
場所:アポロシアター(ニューヨーク市マンハッタン区 西125丁目253号) ※1506席
出場者:「APOLLO AMATEUR NIGHT JAPAN 2019」ゲスト出演:544 6th Ave、Wakasa
※『SUPER TOP DOG』出場者:
「CHILD STARS OF TOMORROW」:MARQUIS ANDRE TROY、BRANDON GRAY
「SUPER TOP DOG」:CHRISTINA JONES、TYSHAWN COLQUITT、AZUMI TAKAHASHI
KALLI DONALD、KATYRAH LOVE、ANTHONY QUARTERMAN
KARON DEE WHITE、KOFI、RICHARD PEREZ、SUNG BEATS

【関連記事】