12月24日(火)22時より、NHKにて『さよなら!アローン会』の放送が決定。今田耕司、ナインティナイン・岡村隆史、ピース・又吉直樹が収録に臨みました。

アローン会とは、今田、岡村、又吉ら未婚の吉本芸人らが発足したグループ。第2弾となる今回のテーマは「ぼくたちはどう生きるか?」。アローン会の3人が社会問題となっているテーマをもとに、これからの生き方を考えていきます。本記事では、放送では映し出されていないやりとりも一部紹介します!

関連記事:今田、岡村ら「アローン会」番組化で結婚観語る

 

アローンの3人が「将来」を考える

番組は、3人に送ったアンケートをもとに進行。放送日が12月24日ということもあり、例年のクリスマスの過ごし方について回顧します。「後輩を集めてパーティーをしている」という今田に対し、必ず仕事を入れていると明かす岡村。昨年フルーツポンチ・村上健志と過ごしたという又吉は、誘いの声をかけたのが11月だったため、(早くから予定を押さえたことに)村上からクレームを受けたと振り返りました。

また、結婚の話題となると、今田が奥さんと結婚式のことで揉めてしまいそう……と懸念するも、岡村が「(相手もいないのにそこまで考えるのは)ちょっと早すぎるんじゃないですか?」とツッコミ。スタジオを笑わせていました。

VTRでは、69歳の浅草芸人・プッチャリンが名古屋で行なわれている“終活ツアー”を体験。また、8年前にご主人が亡くなった女性のもとを訪れたVTRでは、パートナーがいなくなった後の生活がどのように変化したのかを聞くインタビューが流れます。そして第1弾でも好評だった“先輩アローン”から様々なことを学ぶ企画も。

そんな中、又吉は遺影が撮影できるフォトスタジオへロケに。収録スタジオでは、岡村と今田も遺影の撮影に挑み、優しい笑みやポーズを決めて、渾身の一枚を選んでいました。

不妊検査などでも使用される「精子検査」を岡村が受けるVTRでは、今田も「紹介してもらおうかなぁ」と興味津々。岡村も「パートナー選びが変わってくるはずです」とおすすめしていました。

アローンではあるけど、アローンではない?

収録終了後の囲み取材に出席した又吉は「知らないこともいっぱい知ることができて、楽しかったです。僕たちよりも上の世代の一人で暮らしている先輩アローンの日常を見られるのが結構好きで、それが面白かったですね」と振り返ります。

放送日がクリスマス・イブであることについては「内容がアローンですから、最初はふざけていらっしゃるのかなって思ったんですけど」とニヤリ。いざやってみると、一人で番組を見ている人も寂しくない内容になっていると自信を見せつつ「寂しいのも、そんなに悪くないんじゃないかって気がしました」と明かしました。

オードリーや南海キャンディーズ・山里亮太など、昨今の結婚ラッシュに触れられると「最初の山ちゃんの結婚はザワザワして」と述懐。そんな感情を持ち合わせたまま劇場に行くと、同じく他の芸人もザワザワしていたと言い「俺だけのもんじゃないんや。みんな持っている感情なんや」とホッとしたと言います。

もちろん山里のことは好きではあるものの「“これ、どういう感情なんでしょうね?”ってみんなで話していました」と圧倒されたことを振り返りました。

山里と同期である又吉は、こうした同期の結婚は、自身の結婚の後押しになると言います。自身が年齢を積み重ねるうちに、周囲の芸人の話す内容に変化が生じているため「局面が変わってきている」と感じているそう。又吉よりさらに先輩の岡村や今田は、同世代の結婚を又吉よりも多く見届けているため「むちゃくちゃメンタル強いなって思います」と笑わせました。

またエンディングでは、子どもたちに囲まれながらクリスマスソングを歌う企画も。「(子どもたちは)カワイイなと思うのと同時に、あったかもしれないもうひとつの自分の人生というか“俺の子ども(だった)かもしれへん”って、全員思っていたと思います」と回顧。

自分の子どもではないにしろ、みんなで見守りつつ支えていく社会が大事であり「アローンではあるけれども、究極はアローンではないみたいな」と話したところで「……とか言いだしたら終わりですね」と自制し、笑いを起こしていました。

今田、岡村、又吉が出演する『さよなら!アローン会』(NHK)は、12月24日22時より放送されます。お楽しみに!

『さよなら!アローン会』

放送局:NHK
放送日:12月24日(火)22:00~
出演者:今田耕司、ナインティナイン・岡村隆史、ピース・又吉直樹ほか
公式サイト:『さよなら!アローン会』

 

【芸人記事まとめ】

【関連記事】