3月5日(火)より公開される、ヒップホップグループET-KING×Indeedのスペシャルコラボレーション楽曲『みんなで、はたらこう!』のドキュメンタリープロモーションビデオに、千鳥・大悟とガンバレルーヤ・よしこが出演します。

2018年12月から、主に音楽配信サービスで展開しているスペシャルコラボレーション楽曲『みんなで、はたらこう!』。「仕事さがしにサーチ(幸)あれ」をブランドメッセージに掲げ、求職者に自分の好きな仕事や、能力を最大限に発揮できる仕事を検索してほしいというIndeedの想いに、アツい想いが込められた歌詞で働き盛りの世代から支持を得るヒップホップグループET-KINGが共感し、今回のコラボが実現しました。

きっかけは、2018年9月に開催された大阪の都市型フェスティバル『osaka love festival』で、ET-KINGが披露したIndeedのCMソングの替え歌。その好評を受けて、日本全国の働く人達へ向けた応援歌として本格的に展開をしていくにあたり、今回のドキュメンタリープロモーションビデオの制作が実現しました。

大悟とよしこが下積み時代のアルバイト先に1日限定で復帰!

同ビデオには、下積み時代から現在に至るまで“好きな仕事”で活躍し続けている、千鳥・大悟とガンバレルーヤ・よしこがそれぞれ出演。ET-KINGのアツい応援歌に乗せ、二人がそれぞれ、かつてのアルバイト先に1日限定で仕事復帰する様子が描かれ、働くことの楽しさや、働くなかで夢や目標に出会える喜び、いろんな人と一緒に働く楽しさを表現します。

二人の下積み時代の仕事経験が、今の仕事の原点になっていることをストーリー化した作品は、全ての働く人の心にきっと響く内容です。

週5勤務なのに全く人気のなかったスナック時代のよしこ。

よしこは、大阪の下積み時代にアルバイトをしていたスナック『A(エース)』に約2年ぶりに仕事復帰。東京進出以来、一度も店を訪れる機会がなかったため、お世話になっていたママ(日下部麻紀さん)に会えた瞬間から涙が止まりません。

当時、週5日でスナックに出勤していたにもかかわらず、全く人気のなかったよしこでしたが、いつしかその明るいキャラクターに惹かれ、ファンを増やしていきました。復帰当日は、よしこの1日復帰を聞きつけて当時の常連客も駆けつけ、東京進出を目指していた当時の思い出や、よしこの活躍についてカウンター越しに大盛り上がり。

一日限定の仕事復帰を通して、目標があったから頑張れたあの頃を思い出しながら、努力をしていればいつか夢が叶う、一緒に働くいろんな人の支えがあって今があることを伝えます。

大悟「高級な〇〇より旨い」下積み時代を支えた懐かしの味とは?

一方、大悟篇では、下積み時代に働いていて今は閉店してしまった大阪のたこ焼き店『TAKO TAISHO』を本作品のために一日限定で再現しました。

懐かしのスタッフTシャツに身を包み、思い出話に花を咲かせながらたこ焼きを作り始め、接客をする大悟。貧乏だったけど楽しかった下積み時代を振り返りつつ、当時のように楽しみながら一生懸命に働き始めると、そこには多くお客さんが集まり、次第とみんなが笑顔になり、大悟の作ったたこ焼きを食べて盛り上がります。

ビデオの最後には、お店のお客様としてサプライズで『TAKO TAISHO』の女将さん(石川敏子さん)が登場。16年ぶりに再開し、喜びを分かち合います。当時女将さんが月に一度作ってきてくれたうなぎ弁当を16年ぶりに食べ、「高いうな重より旨い」と感謝しながら当時を振り返り、働くことの楽しさや、いろんな人の支えがあって今があることを改めて届けます。

全ての働く人々に向けた応援歌『みんなで、はたらこう!』ドキュメンタリープロモーションビデオは、3月5日(火)より放送開始です。お笑いシーンとはまた違う、大悟やよしこがいきいき働く姿をぜひ、ご覧ください!

ET-KING×Indeed『みんなで、はたらこう!』ドキュメンタリープロモーションビデオ

放送時期:2019年3月5日(火)~

■チャンネル
・Indeed 公式 YouTube チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCOJ91xAkIKxInSVEjnyZI-w

・千鳥・大悟篇:https://youtu.be/i-oH9Gh8Qgc
・ガンバレルーヤ・よしこ篇:https://youtu.be/Pz0Ew-5I36k