11月23日(土)、駒場祭が行われる東京大学駒場キャンパスにて、高学歴芸人・田畑藤本による、芸人初となる東京大学での単独ライブが行われました。

関連記事:たばふじ・藤本母校の東大で単独ライブ! 東大生でないと理解できない漫才も飛び出すらしい…

超満員の中「ただいま!」

雨が降りしきる悪天候の中、約140席の座席はすぐさま満席に……!
会場の熱気も高まる中開演すると、満員の客席の前に早速登場した田畑藤本。
東大出身の藤本は、母校のステージで始まるライブとあって、まず第一声は「ただいま」!
暖かい雰囲気でライブが始まりました。

東大生の笑いも披露

まずは漫才を立て続けに3本披露する2人。
田畑藤本ならではの高学歴漫才に、客席は冒頭から大爆笑に包まれます。
その後、今回の単独ライブ開催に多大なる協力をしてくれた東大のお笑いサークル「笑論法」の2組による漫才も披露され、学生とは思えない発想とやりとりのうまさで会場は大盛り上がり!
その後は再び田畑藤本による漫才を2本、続いて観客を交えたコーナーを行い、終始笑いの絶えない、大盛況のライブとなりました!

東大生にしかわからない「東大あるある」、大学受験で問われる数学を盛り込んだ「勉強漫才」など、東大生の笑い声が特に大きく響いた部分も随所に見られ、田畑藤本の2人にしかできない漫才が存分に発揮された今回の舞台。
芸人初の試みとして、初めて東京大学とコラボし、単独ライブを実施できた田畑藤本。
これからどのようなコラボができるのか期待が高まりますね!

【関連記事】