11月24日(日)、SHIBUYA TSUTAYAにて絵本『TT兄弟のきえたTをさがそう!!』発売記念握手会が開催され、チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)が出席しました。

本作には、世の中の“T”を探すことが大得意なTT兄弟、“たけし”と“てるお”が登場。転んでしまった拍子になくなってしまった弟・てるおのシャツの“T”を探しに、クイズや迷路に挑戦するという謎解き絵本となっています。今回の握手会には多くの子どもたちが駆けつけました。

関連記事:チョコプラ、TT兄弟の謎解き絵本を発売!早くも反響「息子が絶対喜ぶ」「絶対買います!」

 

TT兄弟ヒットに大喜び!「コスパ最強です」

握手会前に行なわれた囲み取材では、本作誕生のきっかけについて、長田は「SNSでお子様たちが(TT兄弟を)やってくれていた」と回顧し、全国の子どもたちに“T”を届ける良い方法がないかと考え、絵本にしたと言います。松尾も同意し「絵本一択でしたね。TT兄弟の小説を誰が読みたいんだっていう」と笑いを交えてコメントしました。

また、TT兄弟の人気ぶりは本人たちも身にしみて感じているようで「いやらしい話、けっこう稼がせてもらっている。コスパ最強です」と長田。TT兄弟や、松尾は美容家・IKKO、長田は狂言師・和泉元彌のモノマネで注目されていることから、「チョコレートプラネットっていうコンビ名を知らない人が多い!」と松尾が現状を語りました。

今年は“M”と“T”がヒットした!?

絵本が発売された10月17日(木)から約1か月。売れ行きも好調のようで「浜崎あゆみさんの(自伝的小説)『M 愛すべき人がいて』と同じくらい売れているそうです」と、真偽不明の情報を公開する松尾。自分が聞いた話だと前置きしつつ「今年は“M”か“T”かって言われています」と明かしました。

絵本の印税については「困っている“T”のところに募金する」と、人のために使いたいと言う長田。一方で、TT兄弟に関しては自身がひとりで考えたネタのため、「ギャラを9(長田):1(松尾)でやりたいです」と願望を吐露します。そんなお願いに、松尾は「6(松尾):4(長田)で」と返答。これには長田も「なんで(松尾のほうが)多いんだよ!」とツッコミを入れていました。

チョコレートプラネット初となる絵本『TT兄弟のきえたTをさがそう!!』は絶賛発売中です。ぜひ、お買い求めください!

『TT兄弟のきえたTをさがそう!!』

作:チョコレートプラネット
定価:1,100円(税別)
出版社:ワニブックス

購入はコチラ

 

【芸人記事まとめ】

【関連記事】