11月22日(金)、東京・丸の内ピカデリーにて映画『決算!忠臣蔵』初日舞台挨拶が開催され、W主演を務めた堤真一、岡村隆史をはじめ、濱田岳、横山裕(関ジャニ∞)、石原さとみ、橋本良亮(A.B.C-Z)、寺脇康文、中村義洋監督が登壇しました。

播州赤穂藩・浅野家の筆頭家老・大石内蔵助が実際に残した決算書を基に、討ち入り計画の実像をお金の面から描いた本作。一大プロジェクトである“仇討ち”を無事に“決算”させるため、数々の困難に右往左往する赤穂浪士たちの姿が笑いと涙を誘う、“予算達成エンタテインメント”です。

公開初日を記念して開催されたこの日の舞台挨拶では、作品のタイトルになぞらえ「今年中に決算したいこと」をテーマにトークが繰り広げられたほか、赤穂の名産品である鯛と塩を使った“鯛の塩釜開き”が華々しく行なわれました。

岡村、監督にアドバイス!? 「唯一の口答えは…」

内蔵助を演じた堤は、公開初日を迎えた今の気持ちを聞かれると「今年の頭、寒い京都で撮影し、ようやくこの日がやってきました」と感慨深く振り返りました。

一方、内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助を演じた岡村は、「無事撮り直すこともなく公開を迎えられたことを本当に嬉しく思っております」と、意味深な発言で会場を沸かせます。

いちばん好きなシーンについて聞かれると、堤は「山科に行くシーンで、岡村くんが“かご使(つこ)たらええのに”って言うんですけど、そこが好きです」と岡村のセリフを挙げます。

中村監督が「岡村さん、ここセリフ変えましたよね?」と話すと、「今思い出しました。ここだけです、唯一の口答えは。台本には“使ったらいいのに”って書いてあったんですけど、“使たらええのに”のほうがより関西弁っぽいですよって」といきさつを説明しました。中村監督も「僕は関西の人間じゃないので、変えてもらってよかった。すごくよくなりました」と笑顔を見せていました。

出演者たちの“決算しておきたいこと”とは?

また、“今年中に決算しておきたいことは?”との質問に、石原は「いただきもののお酒などを年に1回友達と一緒に飲む“断捨離パーティー”があるので、そこで決算したい」と返答。

さらに、堤が「今作の宣伝のために出まくったバラエティ番組で、緊張してのどが渇くので、マネージャーに飲み物を買ってきてもらっていたんですけど、一切お金を出してないので、返さなあかん」とささやかな“決算”を挙げます。

そして、中村監督は「僕はみなさんと違って、この作品しかないので……。この作品にかけてます!」と意気込みを明かしながらも、「毎回(映画公開日が)ディズニー(作品)と同じ日で……」と発言し、会場は爆笑に包まれました。

最後に岡村が、映画を観終わった観客に「今まで観たことのない『忠臣蔵』になっていたと思います。観れば観るほどいろんな表情やお芝居をしているところが新たに見つかると思いますので、2回3回と観てもらえたらと思います」と話し、続けて「なので、お友達には“アナ何とかはあとで(観れば)いいんちゃうかな、混んでるやろうし”って言っていただけたらと思います」と発言。同日に初日を迎えたディズニー映画『アナと雪の女王2』に負けまいと、ユーモアを交えつつアピールしました。

『決算!忠臣蔵』は現在公開中です。ぜひ年内の“決算”として、劇場に足を運んでみては?

『決算!忠臣蔵』

公開:11月22日(金)

出演:堤真一、岡村隆史、濱田岳、横山裕、妻夫木聡、石原さとみ、荒川良々、竹内結子、阿部サダヲ ほか
脚本・監督:中村義洋
原作:山本博文『「忠臣蔵」の決算書』 (新潮新書)

公式サイト:https://chushingura-movie.jp

 

【芸人記事まとめ】

【関連記事】