吉本興業と韓国のCJ ENMが制作する、日本のエンターテイメント界で過去最大級の番組制作規模となるサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』の#9がGYAO!にて配信をスタートしました。

今回の#9では、第2回目の順位発表を受けて35人となった練習生たちによるコンセプトバトルの模様が映し出されます。番組も後半にさしかかる中、どのチームもより一層全力で取り組み、これまでのどのバトルよりも熱いステージに。まだまだ成長し続ける練習生たちから目が離せません。

PRODUCE 101 JAPANとは?

韓国の音楽専門チャンネル『Mnet』で放送され、10代、20代の男女に圧倒的な人気を誇る韓国発の大ヒットサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101』シリーズの日本版。約6,000人の中から書類・実技の選考を通過した101人の練習生が、歌やダンスのパフォーマンスを通して様々なミッションに挑戦。熾烈な競争の末に最終デビューメンバーの11人を選出します。

すべての過程は、100%“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者による国民投票で勝ち残る者を決定し、最終的に勝ち残ったメンバーが、2020年にボーイズグループとしてメジャーデビューできることが確約されています。

韓国版では、2016年に“I.O.I(アイオアイ)”、2017年シーズン2で“Wanna One(ワナワン)”、2018年シーズン3で“IZ*ONE(アイズワン)”、そして、2019年のシーズン4では“X1(エックスワン)”が誕生。数多くのスターを輩出し、新語・流行語も生み出すなどグローバルな社会現象を起こしています。

『PRODUCE 101 JAPAN』発表記者会見の様子はこちら

 

これまでのあらすじ

#1で第1回目のクラス分け、#2ではテーマ曲『ツカメ ~It’s Coming~』のパフォーマンス映像の担当パートをかけた第2回目のクラス分けが行なわれ、上位のクラスにいくほど多く画面に映るとあって、Aクラスの練習生を中心に国民プロデューサーの注目を集めてきました。

しかし、#3、#4のポジションバトルでは一転、今まであまり目立っていなかった練習生たちの魅力も垣間見えるように。それぞれが自身の課題に葛藤し努力する姿や、本番のステージで存分に実力を発揮し輝く姿に、国民プロデューサーの応援合戦も白熱しました。

#5では第1回順位発表が行なわれ、61位以下の脱落者が決定。それまで60位圏内だった練習生が順位を落としたり、90位台だったメンバーが大躍進を遂げたりするなど波乱の展開が巻き起こります。

続く#6、#7は、残った60人が10組に分かれて行なうグループバトル。グループで1位になれば、メンバー全員に10万票が与えられます。チーム内でのポジション争いも激化する中、絆を深め合った各グループは、カラーが異なるステージで国民プロデューサーを魅了しました。

#8では次のコンセプトバトルに突入。練習生たちには国民プロデューサーの投票によってオリジナル曲が割り当てられ、5つのグループができあがります。そんな中行なわれた第2回順位発表では、前回の順位発表からまたも大きな変動があった中、36位以下のメンバーが脱落。残った練習生たちは、脱落したメンバーの想いを胸に次のバトルに臨みます。

そして今回、#9ではコンセプトバトル前半の様子が配信されました。順位発表を経てメンバーの人数が変わったため、チームの再編成が行なわれます。思い通りにいかない展開に四苦八苦する中、練習生たちはステージ本番を迎えます。

#1を振り返る  #2を振り返る  #3を振り返る  #4を振り返る  #5を振り返る  #6、7を振り返る  #8を振り返る

 

「DOMINO」緊張の再編成

第2回順位発表を受けて、『DOMINO』『クンチキタ』『やんちゃBOY やんちゃGIRL』の3チームがメンバーの人数調整を行なうことに。メンバー1人ずつが、チームに必要だと思う練習生を1位~7位まで記入し、投票で残るメンバーを決定します。

『DOMINO』では3人が他のチームへと移動しなければならない状況に。投票前の話し合いではそれぞれチームや曲に対する想いを伝え、自分の熱い気持ちをアピールしました。

一方そのころ、新たに練習生を補充する必要のある『クンチキタ』と『やんちゃBOY やんちゃGIRL』では、『DOMINO』から誰が来てほしいかを話していました。『クンチキタ』では、力強いダンスのできる鶴房汐恩が曲のイメージに一番合っているのではという話に。

さらに「誰かすごい人来ないかな~。(川尻)蓮、(川西)拓実、まめ(豆原一成)」と、上位の実力者3人の名前を挙げた上原潤に、メンバーが「それはあたおか」と素早くツッコむ和やかな場面も見られました。

『やんちゃBOY やんちゃGIRL』でも、来るメンバーを予想。無邪気でさわやかな曲のイメージから大平祥生が一番合うとしつつ、北川玲叶は意見を聞かれると、「(チョン・)ヨンフンやろ!」と即答。その理由として「(ポジションバトルで披露した)『OVER THE TOP』のときに優しかったから」と話し、笑いを誘いました。

しかし、小柄で可愛い雰囲気の練習生が集まっているため、身長も加味して全体のバランスを想像したところ、「入ってほしいのは拓実くん」という結論に。

投票の結果、圧倒的に実力のある川尻、リーダーとして信頼の厚いキム・ユンドンらが選ばれていき、7位には豆原が選出。そして、木全翔也、佐藤景瑚、大平祥生の3人が移動しなければならないという結果に。豆原は、“自分が選ばれたことで安心した反面、それによって移動する3人が決まってしまうことに申し訳なさも感じ、複雑な心境だった”と話します。

涙を流し、悔しさを見せながら部屋を後にした3人の姿に、残った7人は気の引き締まった様子でした。

木全、佐藤、大平の3人は、部屋を出ると泣き崩れ、同じ悔しい気持ちを共有し合います。3人はお互いを励まし合いながら悔しい気持ちを残して『クンチキタ』の部屋へ移動。『クンチキタ』の練習生たちは、そんな3人の姿を見て真剣に2人を選びます。

1人目に選ばれたのは、「歌もできるしダンスもできる」という理由で佐藤が、そして2人目に選ばれた木全は、嬉しさを噛み締めると同時に、2度も選ばれない苦しみを味わった大平を気にかけていました。

『DOMINO』に続き、『クンチキタ』でも選ばれなかった大平は意気消沈。力を振り絞って『やんちゃBOY やんちゃGIRL』の部屋に向かいます。すると、待っていた練習生たちは「いらっしゃ~い!」と明るく歓迎。大平は安心したような笑顔を見せつつ、メンバーの温かさに涙します。

さらに、部屋には今西正彦発案のWELCOMEボードが。それを見た大平は徐々に元気を取り戻していき、最後には「吹っ切れるよ!」と笑顔で話す姿を見せました。

ポジション決めで新たな一面が!

各チームのメンバーもそろったところで、ポジション決めが行なわれていきます。『やんちゃBOY やんちゃGIRL』では、これまで控えめだった自分の姿勢を見直すべく佐藤隆士がメインボーカルとセンターの両方に立候補。高音が綺麗に出せる小松倖真、曲の可愛いイメージにぴったりの宮島優心らとの一騎打ちに敗れてしまいますが、これまでとは大きく違う積極的な姿勢を見せました。

『Black Out』では、番組開始前から交友があり、かつてはBチームで共に練習してきたという本田康祐と佐野文哉がサブボーカル②の座をかけて競うことに。本田は最後のキメポーズに強いこだわりを持ち、練習を重ねてきたと言い、対する佐野も「ここは本田くんと取り合うしかない」と、2人とも強い決意を見せました。メンバーたちは、2人のパートを見て判断することに。その結果、本田がこだわっていた最後のポーズは魅力的だったと話しつつも、歌とダンス両方をこなせる佐野を選ぶことにします。

結果を聞いた2人は、複雑な表情を見せながら抱き合いました。悔しさを拭いきれない本田はその後も気持ちを切り替えられず、雰囲気を悪くしてしまっているのを自覚しつつも悔し涙が止まらない様子でした。

『Happy Merry Christmas』では、リーダー希望者がおらず投票で決めたところ、男澤直樹が満場一致で選ばれるという結果に。「リーダーっぽいとはあんまり自分は思わない」とはにかみつつ、リーダーとして話し合いを引っ張ります。ポジション決めではボーカル志望の練習生6人でメインボーカルを決めることに。パートを披露し争奪戦を行なった結果、ボーカルで高評価を得てきた男澤や床波̪志音らがいる中、浦野秀太が選ばれました。浦野は、現在自分の順位が低く崖っぷちだからこそやりたいと強い気持ちを持って臨む様子を見せます。

セクシーな魅力「Black Out」

メンバーの移動も完了したところで、各チーム、気持ちを新たに練習を開始していきます。

『Black Out』では、パート争奪戦でライバルの佐野に敗れた本田が、その悔しさから立ち直ることができず浮かない表情を見せていました。これまで見ることのなかった本田の沈みきった様子に、メンバーも困惑。リーダーのヒチョンは「このままだと良くない」と危機感を感じており、金城碧海も本田の抱える不安を気にかけます。

迎えたトレーナーチェック。以前「表現力が足りない」と評価を受けていた佐野が、「良くなっている」と褒められた一方で、本田は、本来の実力を出しきっておらず体調が悪いように見えると指摘されてしまいます。

しかし本田は、そのときトレーナーに自分の考えを話したことで気持ちが整理できたようで、ダンスを楽しむ気持ちを思い出し、完全回復。チームが徐々に活気づいていきます。

その後に行なわれたのは、スタジオでの本格的なレコーディング。初めてのレコーディングを楽しむ一方で、大澤駿弥はラップパートで何度も録り直しが続きます。元々サブボーカル③を担当していた大澤は、チームのためにと、自ら與那城奨と交代を申し出てラップ②へ移動。

自分の歌声の幼稚さを感じていた大澤はトレーナーに相談し、アドバイスを貰います。その後、同じくラップパートの金城らチームのメンバーたちに助けられながらラップを猛特訓。その後、大澤は自信を持てるようになっていきクオリティを磨いていきます。

本番では、キレのあるダンスと力強い歌声、そしてクールなラップで、セクシー全開のパフォーマンスを披露しました。パフォーマンス中は、メンバーたちの溢れ出る色気で会場は大熱狂に包まれました。

可愛いを磨く!「やんちゃBOY やんちゃGIRL」

『DOMINO』から大平をあたたかく受け入れたこのチーム。再編成の夜から大平は、「早く追いつきたい」という思いで1人練習部屋に残って自主練に励みます。

そんな大平の姿に他のメンバーも刺激を受け、「気合が入る」と話します。そして翌日以降、大平の自主練に小松、宮島、佐藤らも参加するように。本当なら士気が下がってもおかしくないはずの大平が必死で努力する姿に、メンバーのやる気も上がっていきます。

しかし、トレーナーチェックではダンスの詰めの甘さから「このままじゃ全員落ちる」と厳しい指摘が。厳しいコメントを受けた今西の心に火がつき、ダンス練習を積極的に引っ張っていくようになります。

そんな中、練習部屋の隅で、思うように踊ることができないと悩み落ち込む北川の姿が。今西が声をかけるものの、なかなか立ち直れず、仲良しの鶴房ともゆっくりと話します。悩みを聞いてもらい、自信を取り戻した北川は初めて自主練習に参加するように。大平とともに真剣に練習に取り組みます。

直前のトレーナーチェックで佐藤は、独学で高音の出し方を習得したことを褒められます。一方、佐藤とメインボーカル争奪戦で競い、メインボーカルを務める小松は高音に大苦戦。リハーサルでも上手く歌えず焦りを見せていました。

そして迎えた本番当日、曲中の振り付けで使用する手紙を書いていたメンバー。手紙は応援してくれる国民プロデューサーに向けたものでした。

これまで一緒に頑張ってきた仲間たちへの想いやファンへの感謝など、それぞれの想いが詰まった可愛らしいステージが完成します。

名場面続出!「箱の中身は?」企画

今回行なわれた企画は、箱の中に手を入れて中身を当てる『箱の中身は?』ゲーム。練習生たちが制限時間内に箱の中のものを当て、最速タイムを競います。

まず挑戦したのは『やんちゃBOY やんちゃGIRL』。佐藤と共に挑戦した北川は、驚異のビビりよう。箱の中のパイナップルに触れる度、何度も叫び声をあげながら佐藤に抱きつき、しまいには涙。その様子を見ていた今西らは大爆笑でした。

続いて『クンチキタ』では、宮里龍斗志が怖がる一方で、ペアの木全は平然と箱の中のウィッグを触り、その後わざと宮里の手を触るイタズラをしかける余裕っぷり。上原も、怯えながら箱の中に手を入れ、ペアの青木聖波による中のキウイを手にくっつけるというイタズラに本気で焦る姿を見せました。

『Black Out』では、「大丈夫」と余裕を見せていたヒチョンと本田が、4.43秒という高速スピードで見事正解。「俺らが最速です」と言いながら、入っていたゴキブリのおもちゃを大澤に向かって投げるなど余裕っぷりを見せました。

その後、挑戦した安藤は中に入っているのはブロッコリーであるにも関わらず、まず出したのは「スーパーボール」という珍解答! あまりにかけ離れた解答にメンバーも爆笑していました。

『Happy Merry Christmas』では、白岩瑠姫と浦野が触る位置を上下に分担して挑戦。下の方を触って、中に入っていたゴキブリのおもちゃに触った白岩が即答し正解しますが、何も触らないまま終わってしまった浦野は困惑。

最後に『DOMINO』では、川西が想像以上のビビりっぷりを見せます。豆原・ヨンフンペアは中に入ったワカメに苦戦しますが、ヨンフンは日本語での名称が分からず「生まれたときに食べるやつ」と解答。その後、豆原が正解にたどり着くと、中身を見て「生まれたときに食べるやつ!」とワカメを出してみせました。思わぬところで文化の違いを感じられた瞬間となりました。

5チームのチャレンジの結果、最速だった1位は、白岩&浦野ペアの2.86秒という結果になりました!

新たなチーム編成で再スタートした35人の練習生たち。#9では、セクシーを極めたヒチョン率いる実力派チーム『Black Out』と、今西ら可愛いメンバーが集結し可愛さを極めた『やんちゃBOY やんちゃGIRL』の2チームの様子が配信されました。

次回は残る3チームの様子が配信されます。また、今回の「箱の中身は?」企画に続き、『美女No.1決定戦』を開催。女装姿の練習生たちを見ることができます。そして、コンセプトバトルの投票結果も発表となり、緊張と興奮(?)の展開に目が離せません!

また、本編では見られなかった練習生の表情がYouTube公式チャンネルでも順次アップされます。こちらもお見逃しなく!

公式YouTubeチャンネルはこちら

 

推しMENへの投票はこちらから!

 

『PRODUCE 101 JAPAN』

動画配信サービス『GYAO!』にて全12回を無料配信!

配信日時:毎週木曜日 21時00分〜 ※本編配信後の23時30分〜アーカイブ配信
配信サービス:GYAO! ※会員登録不要、無料で視聴可能

<投票>
第3回投票期間:11月14日(木)23時00分~11月29日(金)4時59分
番組特設サイトより、練習生35人の中から合計2人を選び、投票してください。 ※投票は1日につき1回
投票はコチラから→PRODUCE 101 JAPAN

<出演>
国民プロデューサー代表:ナインティナイン

トレーナー:A-NON、サイプレス上野、菅井秀憲、Bose、安倉さやか、WARNER ※五十音順

【関連記事】