11月21日(木)、『GQ MEN OF THE YEAR 2019』授賞式・記者会見が行なわれ、霜降り明星(せいや、粗品)、五十嵐カノア、石原良純、賀来賢人、King & Prince、草刈正雄、kemio、ムロツヨシ、横浜流星、『ラグビーワールドカップ2019日本大会』日本代表の田村優、トンプソンルーク、松島幸太朗、MCの平成ノブシコブシ・吉村崇が登場しました。

生き方、仕事、スタイルにおいて、『GQ JAPAN』読者をインスパイアし、各分野において圧倒的な活躍を見せた男性に贈られる『GQ MEN OF THE YEAR』。今年で14回目を迎える同賞は「THE GLOBAL IDENTITY(国を越えるアイデンティティ)」というテーマが加えられ、今回、霜降り明星は『コメディ・アクト・オブ・ザ・イヤー賞』を受賞しました。

せいや、撮影は「七五三みたいに…」!?

昨年の『M-1グランプリ』での最年少優勝を機に大ブレイクを果たし、“お笑い第7世代”と言われる同世代の中でもトップを走る存在の霜降り明星。緊張した面持ちでステージに登場するものの、『GQ JAPAN』の鈴木正文編集長からトロフィーを手渡されると「ありがとうございます。やりました!」と満面の笑みを見せました。

MCの吉村から「何か喋ってください」と雑にコメントを求められると、粗品は「なんやそれ!」と反応。せいやは『GQ JAPAN』の撮影時の思い出について、「撮影中にスタッフさんが“なんか違うな”と言い出して、(身長を高く見せるために)箱馬の台に僕をどんどん乗せていったのがすごく恥ずかしかった。僕だけ七五三みたいになった」と振り返りました。

これで挨拶が終わるかと思いきや、さらにせいやが「すごい空気です。こんな賞をいただけるなんてありがたい」と感想を述べ続けます。すると、痺れを切らしてしまったのか、吉村が「帰ってもらっていいですか!」とツッコミを入れる一幕もありました。

せいや、ラグビー田村選手のパスを見事顔面キャッチ?

続いて受賞者とのクロストークでは、“ラグビー好き”だというKing & Princeの平野紫耀が、田村選手から“ラグビーのパスを受けたい”とおねだり。ステージ上の狭い場所にも関わらず見事にキャッチをし、会場を沸かせました。

すると、せいやがルーク選手に抱きかかえられて、田村選手のパスをキャッチするという展開になるも、まさかの顔面キャッチを見せるという、“おいしい”オチに。

3回目でようやく成功すると、粗品が「相方が貴重な体験をさせてもらってありがとうございました」とコメント。無事成功してご満悦のせいやは「本当に日本代表おめでとうございました!」と会場に響き渡る声で、『ラグビーワールドカップ2019日本大会』でベスト8進出を果たした日本代表を祝福しました。

最後に来年の抱負を聞かれ、「今年はすごく皆さんに支えられたので、来年は愛される芸人になりたい。人気ももっと上げていって、粗品の実家の焼肉屋がもっと繁盛するように……まだ『食べログ』(の評価)が0.4しかないので」と、ここでもボケをかますせいや。

すると粗品が「低すぎるやろ!どんな低いんや!」とツッコミを入れ、せいやも負けじと「飲食店として怒るな!」と掛け合いを見せ、笑いをさらいます。最後は「来年も2人で頑張りたい」とまとめ、意気込みを語りました。

今年は飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を見せ、栄えある賞も手にした霜降り明星。来年はさらにパワーアップした2人の漫才が見られることを期待したいですね!

【芸人記事まとめ】

【関連記事】