11月20日(水)、グランドハイアット東京にて『VOGUE JAPAN Women of the Year 2019』授賞式及び記者発表会が開催され、綾瀬はるか、黒柳徹子、近藤麻理恵、指原莉乃、 杉咲花、冨永愛、松任谷由実、リナ・サワヤマ、美佳が華やかな衣装に身を包み、登壇しました。

さまざまな分野で圧倒的な活躍を見せ、スタイル・生き方・美において『VOGUE JAPAN』読者をインスパイアした“ヴォーグ”な女性たちに贈られる『VOGUE JAPAN Women of the Year』。今年で15回目を迎える同賞のMCを務めるのは城田優と渡辺直美です。直美はピンクのドレスに身を包み、MC席に登場しました。

関連記事:渡辺直美、NY超有名ファッションメディアのトップを飾りNetflix「クィア・アイ」特別編参加で”SEKAI NO NAOMI”!?

 

直美「少なくとも4回はジムに…」

最初に登場した受賞者は、今年圧倒的な活躍を見せた女性に贈られる『Women of the Year』を受賞した指原。

GUCCI(グッチ)のドレスでフレッシュさを際立たせた指原は、「この賞をいただけると聞いて急いでジムに4回行ったんですけど、間に合わなくていつもどおりの私です」とユーモアを交えてスピーチします。

すると、それを聞いた直美がすかさず「私もジムに4回行けばあのスタイルになれるんでしょうか? 少なくとも4回はジムに行ってみたいと思います」と話し、笑いを誘いました。

次々と登場する華やかな受賞者たち!

同じく同賞を受賞したシンガーソングライターのリナ・サワヤマ、片づけコンサルタントの近藤麻理恵、女優の杉咲花に続いて登場したのは、国内外のファッションシーンで活躍する次世代の女性に贈られる『Rising Star of the Year』を受賞したモデルの美佳。

会場からどよめきが上がるほどの圧倒的なスタイルを持つ美佳は、大きなピンクのリボンが施されたドレスを着用。城田は「すごいスタイルですね~!」と感嘆の声をあげ、直美に「同じピンクの衣装ですが、どうですか?」と尋ねます。

直美が「個性がぶつかっているんじゃないかと心配です!」と返すと、城田は「大丈夫です。まったく被ってません!」と否定し、会場を笑いに包みました。

続いて登場したのは、第一線で活躍を続ける女性に贈られる『Women of Our Time』を受賞した綾瀬はるか、冨永愛、松任谷由実。

ボルドーカラーのドレスを身にまとった綾瀬は、「これからもひとりの女性として、女優として、楽しくていねいに人生を歩んでいきたいと思います」と受賞の喜びを語ります。

また、『VOGUE JAPAN』とは並々ならぬ縁がある冨永は「最愛の息子にこの賞を捧げたいと思います」と話し、「新しいことに常に挑戦していらっしゃる『VOGUE』とまた新たな未来を見ていけると思います」と感慨深くコメント。

ワンショルダーのブラックドレスで登場した松任谷は、「ファッションが大好きで、それが音楽を続ける原動力にもなっていたので、このような賞をいただけるのはとても嬉しいです」とニッコリ。

また、「ハタチの頃の自分に、今の自分が一言捧げるとしたらなんと言いますか?」という質問には、「ハタチの頃は、これからもずっと好きなファッションをして、好きな音楽をやっていきたいと思っていました。でも“夢が叶ってから長いのもしんどいぞ”と言いたいです(笑)」と深みのあるコメントで会場を沸かせます。

黒柳徹子「キラキラしたものが大好きなんです!」

最後にキラキラと輝くスパンコールのドレスで登場したのは黒柳徹子。「私、キラキラしたものが大好きなんですけど、こんなにキラキラしていて、しかもこんなに大きいのをもらって嬉しくて光栄です!」と、アーティスト・清川あさみがデザインを手がけたトロフィーを抱えながら少女のように喜ぶ姿に、会場の空気も和らぎます。

また、“テレビの世界”で働いて65年になるという黒柳は、「最初は自分の子どもに上手に本を読んであげようと思ってNHKに入った」と、その意外なきっかけを明かし、松任谷同様、ハタチの頃の自分に捧げたい一言を聞かれると、「“もうかまわないからどんどんやって!”それでいいんじゃない?」と活きの良い発言で会場を沸かせていました。

MC席から中央のステージに移動する際、螺旋階段の途中でモデル並みのポージングを見せて笑いを誘うなどしながら、見事大役を果たした直美。

2016年には自身も『Women of the Year』を受賞し、海外の『VOGUE』誌にも取り上げられるなど、そんな直美だからこその貫禄が垣間見えたひと時でした。

【芸人記事まとめ】

【関連記事】