サバンナの高橋茂雄が、3月2日(土)、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催された『映画ドラえもん のび太の月面探査記』公開記念舞台挨拶に登壇。スネ夫に感謝する一幕がありました。

本作は、今年で39作目を迎える平成最後の『映画ドラえもん』シリーズ。同アニメファンを公言する直木賞作家の辻村深月が脚本を手掛け、声優をサバンナ・高橋、広瀬アリス、柳楽優弥、ロッチ・中岡創一らが務めました。

同イベントには、辻村やゲスト声優のほか、八鍬新之介監督、主題歌を担当した平井大、ドラえもん、のび太、しずか、ジャイアン、スネ夫が登壇しました。

史上初!3年連続のゲスト声優

本作で3年連続のゲスト声優を務めることになった高橋。「大好きなドラえもんの映画に出させていただけるのは本当に光栄なこと」とコメント。内容も面白かったと振り返り感謝を伝えます。

同じく芸人の中岡は「普段はちょっと激しめの仕事をしているんですけども」とバラエティーではリアクションをする機会が多いと回顧。声優の仕事が決まった時が“一番の喜び”かと予想していたそうですが、映画を見終わった時にさらに嬉しさが込み上げたことを明かしました。

スネ夫の暴走に高橋がツッコミ!

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』がシリーズ“39”作目になることにちなみ、感謝していることを語り合うことに。監督がそれぞれのキャストに感謝を伝える中、広瀬には「アクションシーンってすごく難しいんですけど、とても上手ですごいなと思いました」と本音を吐露。

この言葉になぜかスネ夫が「ありがとうございます」と反応。キャスト全員でツッコミを入れると「だってかわいかったんだもーん!」と返して会場の笑いを誘います。

そんなスネ夫に対し高橋は「『かわいかったもん』じゃないねん。関係ないから!」と咎めます。柳楽さんにも感謝を伝えたかった監督ですが、スネ夫の暴走によりドキマギ。すかさず高橋は「ほら、スネ夫がいくから喋りにくくなったやん!」と笑わせました。

高橋が感謝を伝えるヒトコマも…

高橋は昨年の『映画ドラえもん のび太の宝島』舞台挨拶時を振り返り「来年も出たいよね?ってスネ夫が言うてきたんです」と回顧。「だったらパパに伝えといてやるよ!」と声をかけられたそうで、本当に3年連続で声優を務められることになったと喜びを爆発させました。

スネ夫は「たまたま(配給会社の)東宝のエライ人が家に遊びに来てたから言っておいたよ」と笑わせます。高橋が「もしよかったら『来年も』ってパパに言うといてくれへん?」と依頼すると「全然いいよ~!」と快諾していました。

高橋も活躍している39作目の『映画ドラえもん のび太の月面探査記』は全国ロードショー中! ぜひ劇場に足を運んでみてください!

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』

監督:八鍬新之介
声の出演:水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一、高橋茂雄、広瀬アリス、柳楽優弥、中岡創一ほか
配給:東宝
公式サイト:https://doraeiga.com/2019/
全国ロードショー中!