先頃、イギリスのロンドンにて10月24日から11月3日まで開催された「ロンドン・イーストアジア映画祭2019」のコンペティション部門に映画『エリカ38』(配給:Katsu-do)が正式出品され、主演の浅田美代子が審査員特別賞 (Special Jury Mention)を受賞しました!

故・樹木希林企画の衝撃作

役者、樹木希林が最初で最後に企画し、実際にあった事件をモチーフに作られた映画『エリカ38』。
60歳を過ぎてなお、色香で男たちを惑わし、話術で女たちをたぶらかして、金を巻き上げた女は自らを「38歳」と偽り、異国の町で逮捕されます。そして殺到するマスコミに、女は、「私も被害者なんです、何かの間違いです」と微笑むのでした……。
主演は浅田美代子。樹木が彼女の代表作になってほしいと企画し、主演を務めます。
浅田のイメージを覆すような表情、また彼女でなければ表現できなかった主人公の細やかな姿は特に必見。
共演は平岳大。エリカと関係を結び、架空の投資話で金を搾取することを指示する男を存在感たっぷりに演じています。そのほか木内みどり、窪塚俊介、山崎一、山崎静代、小籔千豊、小松政夫、古谷一行など、演技派で個性豊かな面々が出演。
製作総指揮は奥山和由が務め、メガホンをとったのは、脚本も担当した日比遊一監督。

日本人女優の審査員特別賞受賞は初!

英・ロンドンで開かれたイーストアジア映画祭は2015年に設立された新しいアジア映画祭で、本年はアジアの11の国と地域から集められた60本近くの作品を上映。
日本からは招待作品として黒沢清監督『旅のおわり世界のはじまり』、深田晃司監督『よこがお』などが上映されました。コンペティション部門では、より新しい監督の作品にフォーカスされて本作含む10作品がノミネート。日本人女優が、このロンドン・イーストアジア映画祭で審査員特別賞を受賞するのは史上初となっています。
コンペティション部門審査員による受賞コメントは、「周囲を操りながら彼女自身の虚構の犠牲者になっていく女性を不穏で挑発的で且つ魅惑的に演じたパフォーマンスを讃え、浅田美代子さんに審査員特別賞を送ります」と、浅田の魅力的な演技が高い評価を受けました。
浅田美代子さんからは、受賞に際してのコメントが届いています!

浅田美代子より皆さんへ

このような賞を海外からいただけるなんて光栄です。
自分を支えてくださったスタッフ、キャストの皆様に
感謝しております。
そして、樹木希林さんにも大感謝です。

 

各劇場で公開後、衝撃作として、また故・樹木希林の企画作品として大きな注目を浴びた本作。
浅田さん、おめでとうございます!

映画情報

エリカ38

製作総指揮 奥山和由
監督・脚本 日比遊一
企画 樹木希林
出演/浅田美代子 平岳大 窪塚俊介 山崎一 山崎静代 小松政夫 古谷一行(特別出演) 木内みどり 樹木希林
配給|KATSU-do
Ⓒ吉本興業 2018年/日本/103分/スタンダードサイズ(4:3)/2ch/PG12+
公式サイトをチェックしてみて下さいね。

【関連記事】