11月9日(土)~10日(日)の2日間にわたり、大阪・万博記念公園にて、月亭方正とたむらけんじ(以下、たむけん)の2人が完全プロデュースする大型野外イベント『大阪パフェ』が開催されました。

「お笑い」「音楽」「スポーツ」「グルメ」「子ども」の5つの要素を軸とした本イベント。人気芸人や豪華アーティストが多数登場するほか、アスリートによるスポーツ教室企画も実施。フードエリアにはたむけんセレクトの有名店が多数出店するなど、楽しいコンテンツが目白押しとなりました。

今回は、大阪のパワーを改めて感じさせた2日目の様子をお届けします。

関連記事:方正&たむけんが総合プロデュース!秋フェス「大阪パフェ」1日目を完全レポート

 

オープニングアクトから全力疾走!

2日目のメインステージのオープニングアクトでは、アイドルグループ・あゆみくりかまきと、オーディション番組『関西発!才能発掘TVマンモスター(現・関西発!才能発掘TVマンモスター+)』(毎日放送)から誕生したRe:Complexが熱いステージを披露。

そして、オープニングでは、大阪高等学校和太鼓部によるパフォーマンス『獅子奮迅』に続いて、総合プロデューサー兼メインMCの方正とたむけんが登場しました。

大阪高等学校和太鼓部の生徒とは、たむけんが情報番組『ミント!』(毎日放送)で担当するコーナー「たむらけんじの学校に行こッッ!」で出会ったことを明かし、「彼らの太鼓は心を動かすんですよ!」と絶賛。「ほんまありがとうやで!」と感謝の気持ちを伝えていました。

歌手・矢井田瞳、高瀬亮佑、高田歩によるyaiko✕takatakaのステージでは、矢井田が「大阪、ただいまー!」と声をかけると観客も大盛り上がり。自身が来年デビュー20周年を迎えることを明かし、デビュー曲『How?』を披露しました。

ラストの大ヒットナンバー『My Sweet Darlin’』では、サビでコール&レスポンスが行なわれると、ボルテージは最高潮に。会場全体が“ヤイコ”の歌声に酔いしれました。

続いては、アイドルグループ・NMB48が『僕らのユリイカ』『ドリアン少年』『ワロタピーポー』など、アップテンポなナンバーを披露。ラストの最新シングル『初恋至上主義』では、卒業が発表された太田夢莉が初センターを担当し、爽やかなメロディと軽やかなステップでステージを彩りました。

芸人もアーティストにちなんだネタを披露

メインステージでは2回にわたりお笑いコーナーが設けられました。

フースーヤ(田中ショータイム、谷口)は、自身の代名詞「オーマイゴッドファーザー降臨」を発すると、観客は大盛り上がり。和牛(水田、川西)のステージでは、川西が「友だち、引っ越した?」と言ってしまうほどに手を振られるなど大歓声の中迎えられ、終始爆笑のステージとなりました。

ラニーノーズ(洲崎、山田)はギターを手に、ゲーム『マリオブラザーズ』のBGMをかき鳴らして会場の心を掴むと、『ABCの歌』をメロディアスに歌い上げ、アーティストのライブ会場のような雰囲気を作り上げます。

見取り図(盛山、リリー)は「できたらカッコいい」と謎かけに挑戦し、リリーのボケに観客は大笑い。それに納得がいかない様子の盛山は「全員親族ですか?」と悔しがっていました。

霜降り明星(粗品、せいや)は、歌手・桑田佳祐の歌マネや、坂田利夫、街中のおじさん、猫の鳴き声など、せいやの器用さが全面に発揮されたモノマネを披露し爆笑をかっさらいました。

ダイアン(ユースケ、津田)は、アーティストに憧れを抱いているというユースケから、自作の詩を発表する場を与えてほしいと申し出が。シュールな内容で会場を笑いの渦に巻き込んでいました。

MOCAがベリーグッドマンとして登場!

続いては、ベリーグッドマンのパフォーマンス。7年前に兵庫・淡路島で行なわれた、たむけん主催の『TKF大祭り』にアマチュアミュージシャンとして前座で出ていたMOCAが、RoverとHiDEXをメンバーに迎えて2013年に結成したグループです。

今年1月には大阪城ホールでのワンマンライブを成功させ、人気急上昇の彼らの登場に、終演後のトークでは「きついスケジュールの中、来てくれた!」と感動を隠せないたむけん。MOCAたちと思い出話で盛り上がりました。

芸人たちが自慢の“ノド”をメインステージで披露!

続いては『次世代歌ネタ選手権』! 歌ネタを得意とする芸人たちが集結し、一番良かった人は来年の『大阪パフェ』出演権をもらえるというご褒美付きとあって、ヘンダーソン(子安、中村フー)、キャツミ、中山女子短期大学、がぜるくん、ガオ~ちゃんらが、それぞれ気合の入ったステージを展開しました。

登場するなりどよめきが起こったのはムーディ勝山と天津・木村。朗々とした歌声が、万博記念公園に響きわたりました。結果、芸歴1年目ながら堂々たるステージを見せたキャツミが即決で優勝を勝ち取りました。

純烈の熱のこもったステージに大歓声!

続くアーティストは純烈。自己紹介では「今日はムーディ勝山さんに会えてよかった」と後上。兵庫県出身の小田井は「子どもの頃に万博記念公園に遊びに来ていました」と昔を懐かしんでいました。

そして2018年に初出場を果たした『紅白歌合戦』(NHK)で披露した『プロボーズ』などの歌謡曲を披露し、DA PUMPが振り付けしたという新曲『純烈のハッピーバースデー』では、サビの部分の振付を歌唱前にレクチャー。会場全体が踊って歌って、楽しいひと時を過ごしました。

本編終了後には方正とたむけんが登場。「男前の歌を歌おう」と方正が作詞・作曲を手がけた『Not a errand boy』を6人で歌い、トークでは「コラボでは1ミリも動いてないのに、汗をかいた」と後上。たむけんも「緊張感がありましたね!」と言いながら、歌い切って満足気な表情を浮かべていました。

ゆりやんとミキ、アキナが大暴走!?

そして、2回目のお笑いコーナーがスタート。1組目は、さや香(新山、石井)。幼なじみの結婚式でスピーチすることになった新山が、新婦に片思いしている様子に観客は口を開けて大笑い。

衹園(木﨑、櫻井)は「お待たせしました、木﨑です!」と定番のスタイルで登場。全開の木﨑ワールドに観客はすっかり引き込まれていました。

ゆりやんレトリィバァは「天海祐希です」と挨拶でボケを放り込み、「違うんですよ、ボク、ドライアイです」と“ドラえもんボイス”でボケを重ねていきます。「調子乗っちゃって」とおなじみのフレーズが飛び出し、場内はすっかりゆりやんのペースに。さらに星条旗柄の水着に衣装チェンジして再登場。音楽に合わせてキレキレのポーズを決めます。

続いてはミキ(昴生、亜生)。出囃子が流れる中、袖にはゆりやんの姿が。ミキの出番になってもなお、音に合わせてキレキレポーズを決め続けます。そこへ亜生も加わり、マイク前では昴生が待ちくたびれていました。そこに、さらにアキナ・山名も参戦し、3人の妙な盛り上がりにミキのネタはなかなか始まりません。ようやくひと段落し、“兄弟格差”をネタにして、観客の頬をゆるませます。

また、和牛(水田、川西)がステージに登場すると「和牛~!」と、子どもたちから声が上がり、場内は大歓迎モードに。アキナ(山名、秋山)は結婚式の挨拶ネタを披露し、視点がズレた山名がボケる姿を見て、観客は笑いっぱなしでした。

大トリを飾ったのはファンキー加藤!

いよいよファンキー加藤のライブがスタート! 加藤は口に含んだ水を吹き出して景気付け。『MUSIC MAGIC』を歌唱し、場内の熱が上がった頃、「跳べー! 『大阪パフェ』!」と観客を煽ります。会場で見ていたたむけんも手を空に掲げ、ノリノリでジャンプ。

MCでは、イベントの記念すべき第1回目にゲストとして迎えてもらえた喜びを口にし、トリを務める重大さに触れ「2回ぐらいお断りしたんです。今でしたら純烈さん(のほうが適任)ですよ」とたむけんに返答したエピソードを明かしました。「それでもたむけんさんが“加藤くん、トリやってくれよ”ということで、一生懸命立たせていただいております」と熱い気持ちでステージに臨んでいることを伝えます。

そして、以前にファンキー加藤が所属していたグループ・FUNKY MONKEY BABYS時代からたむけんが熱心に応援してくれていたこともあり、“ファンモンメドレー”を。これには「おおー」とたむけんも観客も大興奮です。『告白』『あとひとつ』と歌い、『希望の唄』のイントロでは「来た!」と喜びを口にする人も。『ちっぽけな勇気』にメロディチェンジすると、気持ちを押さえられず、たむけんもサビを熱唱していました。

最後には、出演者たちがステージに揃い、方正とたむけんの音楽ユニット「Tam-ho-(タム・ホー)」によるイベントのテーマソングを大合唱。「来年も11月の土日、この辺でやるから空けといてな」とたむけんが力強く予告し、イベント終了となりました。

来場者数は「なんじゃかんじゃで12万人」!?

メインステージにて、コラボを披露した純烈と方正、たむけんが囲み取材に応じました。

純烈のリーダー・酒井は「今年は、『氣志團万博』や松崎しげるさんの『黒フェス』など、フェスに呼ばれることがすごく多かったんです」とふり返り、『大阪パフェ』のオファーを受けたときは「まさか吉本さんがこんなフェスをやっているなんて、1回目なので当然知らなかったんですが、めちゃくちゃうれしかったです」とにっこり。

酒井は万博記念公園のある吹田出身とのことで、「『太陽の塔』のふもとにある芝生で、よちよち歩きしている赤ちゃんの頃の自分の写真があるんです。そういう時期から来ている場所なので、なんか不思議な気分」と感慨深げに語りました。

たむけんはコラボについて、「こんなに歌のうまい4人に入れてもらって歌わせてもらったから本当に気持ちよかったです。まわりがちゃんと歌ってくれるから、自分がめっちゃうまくなったような感じがするんです」と満足げ。酒井も「来年は全員、獅子舞の格好でやらせていただきます」とノリノリ。これを受けて、たむけんは「そっちのコラボをやる? だいぶファン減るけど大丈夫?」と言いながらも喜んでいました。

方正は「はじめ、同じ衣装で出ると言ったんですけど、“純烈さんの衣装を教えてほしい”と言って教えてもらったのがコレで」と純烈の衣装を指差し、「こんな衣装、誰も持ってない!」と言うと、「持ってるんですよ。めだか師匠が」と酒井。なんと今回の衣装は、池乃めだかを意識した衣装だそう。

『大阪パフェ』の総括を尋ねられたたむけんは「僕的には100点満点。なにより天気が良かったこと、こんなにお客さんに来ていただいたこと、それに幅広いお客さんに来ていただけた。『大阪パフェ』は本当に全ての世代に来ていただけるようにと考えたので、それは叶っていたのかなと思います」と手応えを感じた様子。

続いて今回の来場者数に話題が及び、たむけんは「今回、『チーズEXPO』もやっていますし、総合で行くと昨日は2万3,000人。今日はそれ以上の方が来場していると思う」と明かすと、「今日は昨日の1.5倍チケットが売れていると聞いているから、3万5,000人くらいですか? まぁ、“なんじゃかんじゃで12万人”と書いておいてください」と方正が大幅にサバを読み、たむけんと純烈メンバーは大笑いしていました。

大盛況で幕を閉じた『大阪パフェ』。来年の開催をお楽しみに!

【関連記事】