11月16日(土)、COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて『美笑女グランプリ』の決勝戦が開催され、MCのアキナ(山名、秋山)、アシスタントの渋谷凪咲(NMB48)、応援サポーターのNON STYLE・井上、特別審査員の品川庄司・品川らが登場しました。

アイドル・女優・バラエティタレントの枠を越えて活躍できる“笑顔のステキな女性”、“笑顔を届けられる女性”を発掘し、令和No.1の女性タレントを育成すべく、吉本興業がスタートさせた本オーディション。

これまでの審査の様子は『関西発!才能発掘TV マンモスター+』(MBS)で紹介されており、この日は応募総数2,307名の中からさまざまな審査を勝ち抜いてきたファイナリスト9名が、熱いバトルを繰り広げました。

関連記事:ノンスタ・井上、番組共演のNMB48渋谷に「挨拶しかしてくれへん!」と嘆く

 

好感度アップ狙い!? 井上「1位なんて決められない」

まずはアキナの2人と渋谷が登場し、本オーディションの概要を説明しました。見事グランプリに輝くと、よしもとグループへの所属に加え、ドラマ出演というビッグな特典も! また、ファイナリストのレベルの高さから、急きょ準グランプリ1名、審査員特別賞2名の枠も設けられたことが発表されました。

続いて、『関西発!才能発掘TV マンモスター+』内でファイナリストたちとロケを行なうなど、ここまでの戦いぶりを見守ってきた井上がステージへ。「9種類の素晴らしい笑顔があるから、1位なんて決められない! ……これで好感度上がります?」と下心をのぞかせたトークでさっそく笑いを誘います。

審査を務めるのは、品川に加え、WOWOWプロデューサーの山田雅樹氏、『週刊プレイボーイ』編集長の松丸淳生氏、『関西ウォーカー』副編集長の若林毅氏、女優・タレントの乙葉という5名。なお、品川は特典としてグランプリ受賞者が出演するドラマ(タイトル未定)の監督を務めるとあって、演出する立場として厳しいジャッジを行ないます。

演技審査ではアドリブ力が試される!

いよいよファイナリストがステージへ。植木紗羅良、可知紅葉、山中遥希、佐藤綾香、神田葉月、岡村佳恵、三宅志奈、山田梓帆、高野渚の順で、ウォーキングとポーズ、そして“笑顔”を披露しファーストインプレッションを競います。

最初の審査は「自己PR」。自分が得意なことなら何でもOKとあって、アカペラで歌を披露したり、キレのあるダンスで沸かせたり、ホルンの美しい音色を響かせたりと、バラエティ豊かな内容で観客の目を釘付けにしました。

続いての「演技」では、あらかじめ渡されている台本に沿って、演技力を競います。台本は2パターンあり、4人と5人で公平に振り分け。ファイナリスト自身がセリフを考えるアドリブポイントも盛り込まれており、その点にも注目です。

前半組4人は、『レンタルお父さん』と題した寸劇に挑戦。幼い頃に父を亡くした主人公・ハルカのために、兄が“レンタルお父さん”を連れてくるというストーリーで、反発しながらも、自分を大切に思ってくれる兄の存在に気付く、心の動きを表現しなければなりません。兄に相談する悩みの内容は、それぞれがアドリブで考えます。相手役はカベポスター(永見、浜田)が務め、植木、可知、山中、佐藤は思い思いの“ハルカ像”を作り上げていきました。

後半組5人は、『クリスマスの告白』というラブコメディタッチの寸劇を。幼なじみに告白する主人公・ナツミの揺れる思いや、彼女に恋する同級生との関わりなどを盛り込んだ内容で、告白のセリフがアドリブで披露されました。ロングコートダディ(堂前、兎)を相手役に迎え、神田、岡村、三宅、山田、高野が恋する女の子になりきりました。

グランプリの高野「令和で一番になれるように」

最後の審査は「手紙朗読」。「十年後の自分へ」というテーマで書いた手紙を、それぞれ読み上げます。オーディション挑戦中のリアルな思いや、夢に描く10年後の理想像、家族や友だちへの感謝……心の内をさらけ出す内容に、感極まって涙を見せるファイナリストの姿も。

全員の朗読が終わり、審査員は会議のため別室へ。結果を待つ間は、特別ゲストの和牛(水田、川西)と見取り図(盛山、リリー)が漫才を披露。さらにボーカル&ダンスグループ・Jewelが華のある歌声とダンスで観客を楽しませました。

いよいよ結果発表。品川が「それぞれ個性があるから難しかった」と話すなど、審査員もかなり苦労した様子です。ステージ上に全ファイナリストが呼び込まれ、いよいよ運命の時を迎えます。

審査員特別賞を受賞したのは、山中と岡村の2人。準グランプリに選ばれた佐藤は、自己PRで女優と並び「吉本興業の社員になりたい」という夢も語っていました。

そして、グランプリは高野! 「トータルバランスでパフォーマンスが高く、全員一致で決まりました」と品川。高野は「(オーディションの)この2ヵ月ですごく成長できた。私の力だけじゃなく、家族、友人の支えもあってのグランプリ。すごく感激しています」と笑顔を見せ、「(グランプリを)獲ったからには、令和で一番になれるように頑張ります」と意気込みを語りました。

乙葉は惜しくも敗れたファイナリストたちに対し「人生は本当に長いので、ここで夢が終わってしまったと思うのは間違い。あきらめずに頑張って」と温かくエールを送りました。また、品川も「グランプリを逃したことで広がるチャンスもある。ここがスタート地点と思って、将来に向かって羽ばたいていってほしい」と呼びかけていました。

「これからの主役は“美笑女”」渋谷が力説

終演後の囲み取材には、高野とともに井上、アキナ、渋谷が出席。

アキナの2人はこれまでの戦いを振り返り、「誰が決勝に行ってもおかしくないレベルだった。すごく楽しかったです」と揃って充実した表情を見せます。

井上は、高野のステージ上での堂々とした姿と舞台袖で涙を流す姿を見て、「客前では “女優”という感覚で演じて、袖ではまだ若い素の部分も見えて……自然と女優業をやっている感じ」と絶賛します。

渋谷はファイナリストの健闘を称え、「これからの日本の美少女の観点が変わるのでは。 “美笑女”が主役になっていいんじゃないかな」と熱く語りました。

芸能界の先輩としてアドバイスを求められると、秋山は「芸人に近付かないこと」とキッパリ! 山名も「右も左もわからん若手が一番危ない」と注意を促して笑いを誘います。

一方、渋谷は「これからの仕事は全てが新しいことばっかりだと思いますが、緊張してもロクなことがないので(笑)、すべてを楽しむ気持ちで」と心構えを伝授しました。

夢は女優としながらも、「いろんなジャンルの仕事にも挑戦してみたい」と貪欲さを見せた高野。自身の目標として、女優・杉咲花と二階堂ふみの名前を挙げ、「自然体な演技ができる人になりたい」と夢を語りました。

井上、高野へのアドバイスは「僕と共演しない人生を」!?

グランプリに輝いた高野と、サポーターとして彼女を見続けてきた井上を直撃。「芸能界で生き残るには?」をテーマに語り合ってもらいました。

井上 「グランプリ、おめでとうございます。高野さんは、立ち姿が凛としていたよね。舞台上での振る舞いっていうか、オーラの部分で一番輝いていたと僕は思いました」

高野 「めちゃくちゃ緊張していたので、そう言っていただけてうれしいです」

井上 「芸能界で仕事をする上で、僕が一番心がけているのは、一人で頑張りすぎないこと。ここからいろんなお仕事が来ると思うけど、中には自分の能力でさばき切れないものもあると思うんです。そのときに “できない”と言う勇気を持ってほしい。そして、それを言ったときに支えてくれる仲間がいるかどうか。僕で言えば相方やけど、高野さんならスタッフやマネージャー、ご両親とかかな? 自分を支えてくれるチームを作っていくことが一番大事なんちゃうかなと思いますね」

高野 「私、あんまり弱音を吐かないタイプで、つい頑張っちゃうんです……」

井上 「1年目のときとか、いただいたお仕事をすべて120%で頑張るじゃないですか。でも、全部の現場で結果を残せる人なんていないので、それを頭の片隅に置いておいて。“失敗して当たり前や”と思っているほうが、次の仕事に活かせる。“なんで失敗したんやろう”と考えている時間を、ほかのことに使ったほうがいいと思うので」

高野 (うなずきながら聞き入る)

井上 「それと、女優さんとしては、いろんな種類の人としゃべって、“こんな人もいるんだ”っていうのを演技の教材にすることも大事じゃないかな」

高野 「人見知りはそんなにしないんですけど、もともと出来上がっているグループに自分から入っていくのは苦手かも」

井上 「そこはもう勇気と根性しかない! ドラマ現場なんて全部そうやから。そこで人見知りをしても、いいものは生まれないよ」

高野 「わかりました。頑張って克服したいと思います!」

井上 「僕からしたら、演技ができるってすごいこと。泣きたい気持ちが全くない状態から涙を流すなんて、僕には絶対ムリやから! 高野さんは、今日の演技審査でもすごくステキな演技をしていたと思います」

高野 「ありがとうございます。練習してきた成果を出せたかなっていうのはあるんですけど……順番が一番最後だったので、前に4人も同じ台本の人がいるし、比べられるかなと不安だったんです」

井上 「これからいろんなお仕事をしていくと思うけど、僕とバラエティ(番組)で出会わない、共演しない人生を送ってほしいな(笑)。女優業まっしぐらで突き進んで、女優として大成された後に、番宣とかで絡みたいです。そこで“あのときは……”みたいな話ができたらいいね」

高野 「はい! いつか井上さんと共演できるように頑張りたいと思います!」

井上 「まあ、その頃には、僕がこの世界にいないかもしれへんけど(笑)」

 

とびきりの笑顔を武器に、大きな夢に向かってスタートを切った高野。これからどんな活躍を見せてくれるのか、どうぞご注目ください!

【芸人記事まとめ】

【関連記事】