11月9日(土)~10日(日)の2日間にわたり、大阪・万博記念公園にて、月亭方正とたむらけんじ(以下、たむけん)の2人が完全プロデュースする大型野外イベント『大阪パフェ』が開催されました。

「お笑い」「音楽」「スポーツ」「グルメ」「子ども」の5つの要素を軸とした本イベント。人気芸人や豪華アーティストが多数登場するほか、アスリートによるスポーツ教室企画も実施。フードエリアにはたむけんセレクトの有名店が多数出店するなど、楽しいコンテンツが目白押しとなりました。

今回は、大盛り上がりとなった初日の様子をお届けしていきます。

関連記事:ET-KING、スキマら豪華出演者も!方正&たむけんプロデュースの秋フェス「大阪パフェ」開催

 

方正&たむけん「5年後にはブルーノ・マーズを呼びたい」

メインステージのオープニングアクトは、テンダラー・白川悟実、吉本新喜劇・高井俊彦らによるジ・白川バンドのほか、オーディション番組『関西発!才能発掘TVマンモスター+』(毎日放送)からデビューを飾った大阪出身のバンド・河内REDS、大阪スクールオブミュージック高等専修学校の生徒から成るアイドルグループ・SO.ON projectが務めました。

さらに大阪高等学校和太鼓部によるパフォーマンス『獅子奮迅』が行なわれたのち、方正とたむけんによるユニット「Tam-ho-(タム・ホー)」が作詞、方正が作曲を務めたイベントテーマソング『大阪パフェ』が披露されます。

2人は「毎年やろうと思ってる」「5年後にはブルーノ・マーズを呼びたい」と早くも今後の夢を語り、イベントは幕を開けました。

たこやきレインボーら、大阪発のアイドルが熱演!

大阪☆春夏秋冬はダンサブルなステージと大阪弁の掛け合いで会場を盛り上げます。「大阪弁の曲を」と始まったのが『New Me』。パフォーマンスの途中には方正とたむけんのイラストが描かれたパネルも登場し、会場を煽りました。

続くたこやきレインボーのステージでは、「たこやきレインボーのポーズでダンスをしてほしい」と観客に呼びかけるメンバーの清井。「ぶっつけ本番でいきましょう!」と、『RAINBOW~私は私やねんから~』では会場一体となってダンスを。青空の下、ステージと客席とで大きな‟たこやきレインボー”を作りました。

EXITの歌とラップから始まったネタステージ

メインステージでは2回に渡りお笑いコーナーが設けられました。

1回目はEXIT(りんたろー。、兼近大樹)がトップバッター。歌とラップ、『ショートEXIT』と題したショートコントも展開しました。

笑い飯(西田幸治、哲夫)は『桃太郎』の歌を題材にボケ合戦を繰り広げ、レイザーラモン(HG、RG)は、ラグビーW杯を話題にし、RGが歌ネタを披露。シャンプーハット(こいで、てつじ)は、一通りネタを披露した後にこいでが拗ねはじめ、てつじが観客を怒るというおなじみのくだりを見せました。

ラストは銀シャリ(鰻和弘、橋本直)。鰻が「子どものころにやった、わけのわからんこと」を次々とひらめき、クイズなどを橋本にけしかけて、大きな笑いを起こしました。

PRステージには、方正、たむけんに加え、サバンナ・八木真澄、なかやまきんに君、マルセイユ(別府貴之、津田康平)が登場。たむけんが広場に軒を連ねるグルメエリアの魅力を語り尽くしました。

また、マルセイユはパーソナルフィットネスジム・B2ファクトリーを紹介。同ジムは特別に『大阪パフェ』にてプロ野球選手やテニス選手、ゴルファーの実物道具を展示するブースを出店しており、とっておきの品々が公開されました。

方正が惚れ込む東京ゲゲゲイによる圧巻のステージ!

さらに、方正が「ずっと生で観てみたかった」と惚れ込むアーティスト集団・東京ゲゲゲイが登場。ハイクオリティなパフォーマンスで瞬く間に会場を熱狂の渦に巻き込みました。万博記念公園での野外ステージは新鮮だったようで、ライブ後のトークでは、「『太陽の塔』を初めて観ました!」とメンバーたちは興奮した様子で話していました。

そして、間寛平と、毎日放送の社員4人で結成されたエメラルドスターズがサプライズで登場し、オリジナル曲『ボッキマン』を披露。寛平は「全国で災害が起きているけど、助け合っていこう。立ち上がっていこう!」と歌に込めた意味も明かしました。

音楽ユニット・ET-KINGは『愛しい人へ』からスタート。途中、方正とたむけんを呼び込み、方正が手掛けた『わいらのヒーロー』で10年ぶりのコラボを披露しました。最後は『ギフト』で会場と一体となり、たむけんは「泣いてまうがな」と話しました。メンバー・コシバKENの「また来年も出ていいですか?」という言葉に会場から大きな拍手が沸き起こり、さらに「コラボ曲を作っていこう!」と盛り上がりました。

方正、スキマスイッチに公開オファー?

続いて2回目のお笑いコーナーがスタート。

マルセイユは、別府のキレのあるダンスが炸裂した後、歌をベースにしたネタを。トット(多田智佑、桑原雅人)も歌ネタを披露し、多田の歌声と桑原のキレの良いボイスパーカッションで観客を魅了しました。

藤崎マーケット(田崎佑一、トキ)はオープニングから「ド派手なモノマネを」と前置きし、“地味ネタ”で沸かせます。また、チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)はおなじみのギャグを連発し、アインシュタイン(稲田直樹、河井ゆずる)は稲田をイジる鉄板ネタに加え、会場とのコール&レスポンスも。

テンダラー(白川悟実、浜本広晃)は時事ネタを盛り込みつつ、最後まで観客を引きつけました。

初日のメインステージのトリはスキマスイッチ。『ガラナ』では『大阪パフェ』だけのスペシャルな歌詞で盛り上げました。続いてメンバーの大橋卓弥が方正とたむけんを呼び、『全力少年』を歌い上げます。

最後のトークで方正は「5年やるので、ずっと来てください」とスキマスイッチに公開オファー。「レギュラーでいいんですか?」と2人もビックリの表情でした。

エンディングではイベントのテーマ曲『大阪パフェ』を出演者全員で歌いました。方正とたむけんが「とにかく大成功!」「明日もやるで〜!」と口々に交わした後、声を合わせて「ありがとうございました!」と挨拶。1日目のステージは大盛り上がりのうちに終了しました。

寛平「こんな素晴らしいイベントでびっくり!」

各ステージ後には出演者たちが囲み取材に応じました。

たこやきレインボーとEXITの囲み取材では、兼近が「フェスっていうのはオレらにピッタリ。チャライベントをもっと盛り上げたい。チャライベっすよ!」と“兼近節”を炸裂。りんたろー。も「大阪のみならず、日本全国で展開して、ゆくゆくは世界に行きたい」と『大阪パフェ』の未来を語り、「来年は『大阪パフェ』で47都道府県ツアーをして、ニューヨークでも……」と兼近が続けました。

そして、メインステージを終えた寛平、ET-KING、方正、たむけんへの取材では、ET-KING・コシバKENが「大阪を楽しんでもらえる祭りに参加させたもらえて嬉しかったです。コラボレーションもできて最高でした」と話すと、寛平は「こんなに素晴らしい『大阪パフェ』ができてびっくり」と絶賛。

また、方正は「晴れたし90%成功やなって。残る10%以上のものを皆様に届けることができて、すっごく楽しいです。僕発信でやろうとたむらにお願いしたのですが、たむらに頼んで良かったです」と声を弾ませました。

大成功で1日目の幕を閉じた『大阪パフェ』。来年の開催に早くも期待したいですね!

【関連記事】