11月14日(木)、CROSS DOCK HALLにて『The Mavericks of 2019(ザ・マーベリック・オブ・2019)』の授賞式が開催され、ミキ(昴生、亜生)ら受賞者が登場しました。

アメリカ発祥の男性誌『Esquire(エスクァイア)』の日本版を発行するハースト婦人画報社主催の同イベント。新しい時代を切り開く9名の“異端児(マーベリック)”が表彰されました。各受賞者は以下の通りです。

【特別賞】田村 優(ラグビー選手)
【俳優部門】満島 真之介(俳優)
【俳優部門 長谷川 京子(女優)
【お笑い部門】ミキ(漫才師)
【スポーツ部門】佐藤 琢磨(レーシングドライバー)
【パラスポーツ部門】山本 篤(陸上競技選手)
【クリエイター部門】蜷川 実花(写真家、映画監督)
【ビジネス部門】堀 義人(グロービス経営大学院 学長/グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー)
【料理人部門】佐藤 博之(鮨職人)

ミキ、トロフィーに大興奮!

今回、他の受賞者に混じりBMWに乗って会場に駆けつけ、ステージへと向かったミキ。多くのギャラリーに囲まれ、2人はにこやかに声援に応えました。そして、記念品としてトロフィーやお酒を受け取ると、それらを天高く掲げ、会場の笑いを誘いました。

受賞についてコメントを求められた際には、トロフィーをマイク代わりにしてボケる昴生に亜生がツッコミ。「これだけは家を出るときからやるって決めていました」と発言し、会場に笑いが起こりました。

また、イベント終盤には漫才も披露。ネタの最中に、首根っこを掴み合うくだりでは「ここがシャッターチャンス!ミキの真骨頂!」と自らカメラマンにアピールする一幕もありました。

関連記事:ミキ・和牛・EXIT・天竺鼠…M-1グランプリ、準々決勝進出者は実力派揃い踏み

 

昴生は“京都の木村拓哉”!?

囲み取材で受賞の喜びの声を求められると、ラグビー選手の田村は「大変光栄です」と一言。先日、大盛況のうちに幕を閉じた『ラグビーワールドカップ2019日本大会』については「いい大会にできた」と回顧しました。

そんな彼の発言に、昴生が拍手し「(W杯について)すごかった。涙にもグッときました」と興奮するも、「……なんで僕が今喋っているんですか?」とノリツッコミをする場面も。

また、俳優の満島は、沖縄県から上京した12年前のことを振り返りつつ「僕たちは“異端児”って言われていますけど、普通に生きているんですよ」とコメント。昴生が「普通に生きているのに異端。それがスゴい!」とフォローするも、満島から「ちょっと黙ってもらってていいですか?」とイジられ、記者の笑いを誘いました。

いよいよミキのコメントの番。「こういう並びで受賞させてもらう機会はなかなかない」と感慨深げに話しつつも、「いつも(一緒なのは)コロコロチキチキペッパーズとかなんで……」と続けます。これまでに苦労や辛いことについて問われた際には、昨今の亜生の人気上昇で、昴生が蚊帳の外になっている状況を嘆いていました。

ここで亜生が、「うちの母親は、よくお兄ちゃんのことを“木村拓哉に似ているね”って言っていたんですよ」とフォロー(?)すると、昴生はそれは事実としながらも「ここではやめて!」と制止します。

しかし、亜生は止めることなく「(母親が)“目元が木村拓哉さんにそっくり。だからアンタがブスって言われているのが辛いわ”って言うてました。(地元である)京都の木村拓哉!」と連呼。昴生は「“やめて!”って言うてるの聞こえてない? 今日は亜生くんの鼓膜が破れています。僕が止めてもずっと喋っています!」と掛け合いを披露し、記者や登壇者を笑わせました。

今回、お笑い部門で受賞を果たしたミキ。今後の活躍からも目が離せませんね!

【芸人記事まとめ】

【関連記事】