平川幸男(ひらかわゆきお 本名:平川幸朗/ひらかわこうろ)が、11月11日(月)、治療を受けていた大阪市内の病院で、急逝いたしました。満78歳でした。

平川幸男は、1941年(昭和16年)10月5日兵庫県神戸市生まれ。1958年(昭和33年)より舞台に立ち始め、1961(昭和36年)年に西川ヒノデに弟子入り。1964年(昭和39年)に初代Wヤングを結成以来、演芸ブームを牽引し、1975年(昭和50年)、1978年(昭和53年)には上方漫才大賞を受賞。1984年(昭和59年)、佐藤武志と再び、Wヤングを結成。舞台上を走り回る体当たりの漫才で人気を博し、今日まで長きに亘り、第一線にて活動してまいりました。

相方である佐藤武志は以下のようなコメントを寄せています。
「僕にとっては相方でありながら、師匠でもあり家族のような存在でもありました。
コンビとしては今後迎える喜寿・米寿・卒寿などの長寿祝い年で、なんばグランド花月ででっかいイベントをやって悔いなく引退できればいいなと話していました。あと10年はやれると思っていました。それくらい元気でパワフルな男でした。その夢が叶わず無念で心寂しい思いです。師匠、ゆっくり先に休んでいてください。35年間本当にありがとうございました。」

みなさまには生前のご厚誼を深く感謝するとともに、ここに謹んでお報せいたします。