11月13日(水)、Amazonプライム・ビデオで配信中の番組『戦闘車シーズン2』のDVD&Blu-rayが発売。ラフマガでは、出演者でもあるレーシングドライバー・脇阪寿一を直撃しました。

同番組は、芸人、俳優、ミュージシャン、アイドル、格闘家、レーシングドライバーといった多彩な出演者による自動車戦闘バラエティ。

今回のシーズン2では、ダウンタウン・浜田雅功率いる浜田軍とナインティナイン・矢部浩之率いる矢部軍とが、自動車を使ってサッカーや棒倒しなどの競技を行ない激突。前作に比べ、スケール・危険度などがレベルアップしており、すでにその迫力は話題となっていました。

インタビューでは、レーシングドライバーのキャスティングにも尽力し、企画段階から本作に関わったという脇阪に、制作の裏側などをじっくり語ってもらいました。

関連記事:「元気が出るテレビ」を彷彿!? 霜降りのバズーカドッキリが「若いころのダウンタウンみたい」と話題

 

思いがけない“素”が出たのはまさかのあの芸人?

――『戦闘車』は前作も話題になりましたが、シーズン2は1と比べて、どんな違いがありますか?

一言でいえば、ゲーム性が増しましたね。サッカー、棒倒し、カーリング、横転グランプリ、連結猛レースと5つやっているんですけど、どれも迫力は凄まじいです。

僕は企画の段階から実験まで関わっているんですけど、正直レーシングドライバーは、ぶつかることはあっても、ぶつけることはないんです。

でも、この番組の中では車がどんどんぶつかるし、ぶつけるし(笑)。レーシングドライバーである僕の人生の中でも、こんなことをさせていただいたのは初めてです。普通だったら、車がちょっと接触しただけで警察を呼ぶ大問題になりますよね。でも、人間の心のどこかに「したらダメなことをするワクワク」っていうのがあると思う。

それと同時に車は危険なイメージも沸くだけに、実際に目の前で「やれ」と言われると怖さも生まれる。今回のDVDを見てもらうとわかると思いますけど、そういう心理戦もあって。結構、誰が行くかってところで裏の心情がありつつ、譲り合いもあった。普通のバラエティで見る譲り合いとはひと味違って、“自分の身を守りたい”っていうのがある中での攻防戦だったり、いろんな意味で普段見られない部分が見られる番組になっていると思います。

――そういう意味でも、出演者の中で注目の選手は?

車を運転するときは“素”が出るっていうじゃないですか? そういう意味で、(千原)ジュニアさんには驚きました。ジャックナイフと言われたジュニアさんが……ってところをぜひ見てもらいたいです。同じチームなんですけど、笑ってしまいました。

あとは浜田さん。僕は今回、浜田さんのチームだったんですが、サッカーのとき、“ごっつぁんゴール”的なパスを何回か出しているんですよ。

もともとサッカーには自分的に気合が入っていたんです。というのも、車で敵陣にドリブルでボールを運んで、センタリングを上げて、ゴールを決める。この一連の流れって(車を)ぶつけなくてもできるんですよ。つまり、ぶつける迫力ではなく、運転のカッコよさがアピールできる競技で。

だから、浜田さんにカッコよく点を決めてもらうっていうのがその一連の流れのゴールとしてふさわしいと思って、何回かパスを出したんですけど……(笑)。どんな感じだったかはぜひDVDで見てほしいです。

それと、そのときのじゅんいちダビッドソンさん、浜田さんのゴールをマジで阻止しています。その本気ぶりに「この人、ホンマに芸人さんかな」とちょっと思ってしまいました。

ただのトークだったら、浜田さんがおいしいところを持っていくのを邪魔することはないと思う。でも、そこに“運転”っていうのが入ると、そういう方程式がなくなるんですよね。そういう意味では本当にガチです。

まさにさっき言った、運転中は“素”が出るっていう状態になっていましたね。いわゆる名シーンなので、何回も一時停止して巻き戻して、じゅんいちダビッドソンさんがマジなのか否かを確かめてみてほしいです。

――芸人さん以外もかなり豪華な出演者で。土屋圭市さん、鈴木亜久里さん、織戸学さんと、プロの方々も出ています。

全員、先輩なんですけど、出演に際して僕が声をかけさせてもらいました。織戸さんは二つ返事で「出る!」と言ってくれたんですけど、土屋さんと亜久里さんからは、最初は断られてしまって。2人とも車でご飯を食べている職業だからこそ、ぶつかるのはしょうがないけど、やっぱりぶつけるのはNGなんですよね。

でも、「モータースポーツの魅力をもっと多くの人に広げる意味でも、『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系列)でお世話になっている浜田さんの番組だし出てほしい」と僕の想いを伝えたら、「そういうことなら」と出演してもらえることになりまして。

ただ、土屋さんも亜久里さんも「僕たちもそこそこのおっさんだし、ぶつかったりしたら体がしんどいんだよ」とも言っていました(笑)。

でも、当日は皆が「楽しい!」って言ってくれて。亜久里さんはかなり激しくぶつかったシーンもあったんですけど、それでも最後には「呼んでくれてありがとう」と言ってくれた。そこはこの番組が前作から続くチームとして作っている空気があってこそだと思います。

こういう壮大なロケを伴うものって、チーム感が生まれるんですよ。僕ら、レースの世界でもチーム感が大事なので。

見どころは、浜田の“悪い顔”?

――サッカー以外にも、「これを車でやるの?」という競技も多いですよね。例えば、棒倒しは凄かったです。

今回は、横転グランプリ以外は全部頭を使わないとダメなゲームだったので面白かったですよね。車のレースって勢いでやっているようなイメージを持たれますけど、僕の感覚ではレースは車を使った“詰将棋”。

例えば、ちょっと前に出ると砂埃で後ろが見えなくなるとか、試走するとき、どこの道を通っておけば地面は固められるかとか、そういう細部まで考えて競技をやっているんですね。ここに出ている4人のドライバーは間違いなく、そこまで考えていたと思います。

――会見で矢部さんも言われていましたが、「地上波では放送できない罰ゲーム」も大迫力でした。ネタバレになってしまうので内容をはっきり言えないのが残念です。

正直「ようやるな」と思いました。僕らは車の怖さを知っているので。そして、罰ゲームをしているのがそこそこのキャリアの方なんですけど、その人にそんなことをさせるっていうのがこの番組と浜田さんの凄いところです(笑)。

そういうときの浜田さんが、何とも言えないような悪い顔をしているんですよ。子どものときに、怒られるかどうかギリギリのいたずらをするときに「かっかっか、お前、バカ、笑うなって」っていうような、そんな感じでした(笑)。

――罰ゲームそのものはもちろん、浜田さんの表情にも注目ということですね! 最後に、本作の見どころを教えてください。

一言でいうなら「『戦闘車シーズン2』は非現実の世界」。みなさんがやりたくても絶対にできないことの塊だと思うし、1回は誰もがやってみたいと思うようなことでもある。

カーレース好きなファンの方々に言わせていただくと、我々の大先輩、レジェンドたちがこんなことやってますよと(笑)。でも、本当に楽しそうにやっているので、レジェンドたちの笑顔にも注目してみてください!

 

ここでしか見ることができない、卓越した運転技術を持つ芸能人たちによる“自動車戦闘”は必見! ぜひDVD&Blu-rayでお楽しみください。

『戦闘車シーズン2』

【DVD2枚組】
発売日:11月13日(水)
価格:3,800円(税抜)
品番:YRBN-91336~7

【Blu-ray1枚組】
発売日:11月13日(水)
価格:4,500円(税抜)
品番:YRXN-90145

お求めはコチラ
【関連記事】