お笑いコンビ・モンスターエンジンの西森洋一が7日(木)、大阪市内の病院に入院していることを発表しました。
同日夕方に自身のツイッターを更新し、以下のようにファンへ向け報告しています。

病床からファンへメッセージ

今、入院しております。  11月7日現在。
10月31日から、腹腔内膿瘍で、入院しています。
回復方向に向かい、早くて来週はじめより復帰する予定です。
長引く可能性もあります。
ご迷惑かけた方々申し訳御座いませんでした。
ライブに来て下さるはずだった方々、本当に申し訳御座いませんでした。

と報告した西森。

西森は大林健二を相方に持ち、「暇を持て余した神々の遊び」をテーマにしたコントや町工場ラップなど様々な特技で知られている実力派。

コンビでの活動以外に、西森は大阪・ABCラジオ「喜多・西森のゆかいな金曜日!」(金曜午前9時)のレギュラーも持ち、1日の同ラジオを欠席。1日のツイッターに「体調を崩し、本日お休みしております」と書いていた西森は、「(休養で)収入が減るので、買ってね」と
自身の著書「超人間観察」を宣伝していたものの、体調不良という報告にファンは心配のコメントを寄せていました。

しっかり休んで、一日も早い回復をお祈りします。

【関連記事】