3月29日(金)より全国ロードショーされるディズニー映画『ダンボ』の公開記念イベントが、2月28日(木)都内にて開催され、ピース・又吉直樹、池田美優が出演。MCをキクチウソツカナイ。が務めました。

ディズニー・アニメーションの不朽の名作『ダンボ』を、鬼才ティム・バートン監督が実写化した本作。生まれ持った“大きすぎる耳”というコンプレックスを、“翼”として空を飛ぶ個性と変えた子ゾウのダンボが、金儲けを目的とする悪い人間によって引き離されてしまった母親を助けるために、サーカス団の仲間と一致団結して挑むファンタジー・アドベンチャーです。

又吉が語るティム・バートン作品の魅力とは

芸能界屈指のティム・バートン監督のファン代表として、作品をイメージした衣装で登壇した又吉。監督のファンになったきっかけは、映画『シザーハンズ』の主人公・エドワードだそうで、「ビジュアルも面白かったですし、物語の構造も好きです。監督の作品に出てくる主人公は『明るくて強い人』ではないじゃないですか。そういう等身大の主人公に、僕は感情移入しやすいんです」とコメントします。

「小学生の頃、先生が順番に生徒一人ひとりのいいところを言ってくれたことがあって。『又吉くんは移動教室の時に、よく電気を消してくれている』と言われたんです。僕のいいところは、長所として捉えられないところが多かったので、感情移入しやすいんでしょうね」と自らの体験を踏まえて、惹かれる理由を語りました。

綾部、又吉の妖怪コントに「もういいよ」

「ティム・バートン監督の作品って、周りとうまく馴染めなかったり、変わり者として扱われたりする人が、自分自身をどう肯定していくかが描かれていることが多いですよね。そういうところが『ダンボ』と合うんじゃないですか」と、本作の公開を楽しみにしている又吉。

さらに中学校2年生の頃、文化祭の出し物として“ダンボのちぎり絵”を制作することになったそう。ですが、「みんなが全然作らなかったんで先生が怒っちゃって。結局、僕が巨大なちぎり絵を1人で完成させたんです。これ、監督の作品っぽい話でしょ?」と回想すると、キクチは「中学生の頃からダンボにゆかりがあったとは!」と驚きます。

そんな又吉がティム・バートン作品で好きなキャラクターは、映画『チャーリーとチョコレート工場』に登場する工場長のウィリー・ウォンカ。「『それは言ったらあかん』って思うことを平気で言うキャラクターなんですけど、可愛げがあって才能もある。そういうところに惹かれます」と説明します。

自らの創作活動について、キクチから「コントのキャラクターをつくる時、どうやって考えてます?」と訊かれると「子供の頃の体験をもとにしていきますね」と答えながら、「割と妖怪っぽいと言われたりしてたので……ふふふ!」と当時を思い出したのか、突然笑い出します。さらに「妖怪コントを作りすぎて、相方の綾部に河童と天狗を禁止されてた時期がありました。『もういいよ、お前。河童と天狗ばっかりじゃないかよ』って言われて」と、又吉らしいエピソードで笑わせました。

みちょぱ、新社会人へ前向きなエール!一方又吉は…

その後、登場した池田とともに、この日会場に招かれた新社会人に向けて「新たな一歩を踏み出す時に心がけること」を尋ねられた又吉。「1学期、苦手やったからなぁ……。1学期を耐えないと2学期はやってこない。2学期から人気が出るタイプの人もいると思うんで……」と話しながら、「ネガティブすぎるか」と、笑いながら自分にツッコミ。

「とにかく耐えてください! 思い出してください、初めて自転車に乗った時のことを。自由自在に乗れるようになった時の気持ち良さは、膝を擦りむいた経験があってこそ味わえるんです」と、再びネガティブすぎる激励をして、キクチに「1回、傷つくんですね」とチクリと指摘されます。

池田が「何も知らない環境だからこそ、自由にできる。ダンボみたいにそれぞれ個性はあるから、のびのびとやってほしいな」と明るい前向きなメッセージを送ると、又吉は「2段構えでいきましょう。まず、みちょぱさんのスタイルでいって、もし傷つくことがあったら“又吉、あの時なんか言うてたな”って思い出してください」と補足しました。

「ティム・バートン監督の新作が発表されるたびにワクワクしていますが、今回はさらに期待しています」と又吉が待ちわびる映画『ダンボ』は、3月29日(金)より日米同時公開です。どうぞお楽しみに!

映画『ダンボ』

監督:ティム・バートン
出演:コリン・ファレル、エヴァ・グリーン、マイケル・キートンほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved