11月6日(水)、『全身脱毛サロン・KIREIMO(キレイモ)新テレビCM発表会』が行なわれ、CMに出演した千鳥(大悟、ノブ)と渡辺直美が出席しました。

ブランドキャラクターである直美に加え、今回の新CMには千鳥も出演。海賊風の衣装に身を包んだ3人が「キレイは、強い。」をテーマに、『キレイモ海賊団』として力強く前に進む様が描かれています。

関連記事:渡辺直美、“Matt加工”に大興奮!「オニツカタイガー」ランウェイショー登場

 

大悟、積極的に外国人モデルに話しかけるも…

CMで着用した海賊風の衣装を身にまとい、登壇した3人。CMの仕上がりについて聞かれた直美は「過去イチ出ました!」と自信たっぷりの様子。「大音量でDJが音楽をかけている撮影現場で。パーティみたいでテンションあがりました!」と撮影を振り返ります。

また、共演した千鳥については「大悟さんはカッコよかったけど、ノブさんはヘラヘラしてましたよね」とピシャリ。それについてノブは「カメラに向かってキメ顔で『キレイモ』って言うところを何回も撮ったんですけど、30回くらいやっているうちにどれが正解かわからなくなってしまった。今日、完成したCMを観て“監督、アレ使ったんか”と思いました」と明かしていました。

さらに大悟も「現場で外国人のモデルたちに“Oh~、クニ、ドコ~?”と積極的に話しかけたけど、めちゃくちゃ無視されていました」と、撮影現場でのエピソードを語りました。

また、自身も30年以上“毛”で悩んでいたというノブは「ワキ毛以外、全身を脱毛し始めて、生活がラクになりました。以前はお尻に黒猫がしがみついているのかってほど、お尻の毛もすごかったので」と明かし、その例えの絶妙さに会場も爆笑。

なお、ワキ毛を残した理由については「関西時代から大事にしてきた『大ワキ毛』というギャグのため」とのことですが、大悟からは「いや、知らんけど。『大わき毛』って『キレイモ』の反対語。真逆の言葉やろ」とツッコミを入れられていました。

脱毛を薦めたい芸人にノブ「インポッシブル・ひるちゃん!」

続いて行なわれた囲み取材で、ノブは脱毛を薦めたい芸人を聞かれると、「インポッシブルのひるちゃん。すごい剛毛で、おでこも冷えピタ貼れないくらい狭いんです」と話しましたが、大悟は「いや、みんな顔が出てこないよ」と苦笑い。

関連記事:インポッシブル、タバフジ、もぐらら「ジェスチャー芸人」集合、60分ガチでジェスチャーバトル!

 

CM衣装について聞かれた直美は「カッコよくて気分も上がる衣装。アクセサリーもユニークなものが多くて、大悟さんも買い取るそうです」と言うと、大悟は中指の指輪を披露。鋭くとがった凶器のような指輪に、ノブから「それ、どこですんの?」とツッコミが入りました。

「監督が3人の新しい表情を引き出してくれた」とノブが言ったものの、即座に大悟から「お前だけいつも通りやったよ」とツッコまれるなど、見どころたくさんの新CMは、11月9日(土)より放送開始。ぜひチェックしてみてください!

【芸人記事まとめ】

【関連記事】