10月27日(日)より、埼玉・大宮ラクーンよしもと劇場にて、5周年記念キャンペーンの一環として簡易託児所(出張)の設置がスタート。10月27日(日)には、簡易託児所の発起人であり、現在第一子を妊娠中の横澤夏子が登場しました。

アルバイトでベビーシッターをやっていた経験、そして子育て中のお母さんも気楽にお笑いを楽しめる空間を作りたいとの想いから、以前より「託児所を作りたい」と公言していた横澤。「夢が叶った!」と喜ぶ託児所は、現在、同劇場にて土日の「ラクーンよしもと寄席」公演時に開設されています。

関連記事:【祝・第一子!】横澤夏子がついにママに!「ママチャリが似合う母に」

 

泣く子どもにほかの芸人たちも協力!

この日、12時からの公演時に託されたのは、2歳の女の子と6ヵ月の男の子の兄弟。横澤は、保育士と一緒に静かに座ってスケッチブックに絵を描く女の子のそばに座り、「すごいねぇ!」「これは何?」「うわっ、うますぎ!」など声をかけたり、おもちゃで一緒に遊んだりします。

1時間10分という子どもには長く感じる時間を楽しく過ごしてもらうために、保育士によるさまざまな工夫が。この日はハロウィンが近かったということもあり、画用紙を使ったカボチャのお化け、そしてハロウィンの飾りを作る手作りキットを用意。横澤は保育士の細やかなケアに「えっ、これも持ってきてくださったんですか!」と感激しきりです。

これまで赤ちゃんが大きな声で泣いてしまったときは、出演芸人たちも積極的に協力。横澤は「ジャルジャルの後藤さんやかまいたちの濱家さんたちがあやしに来てくれて嬉しかったですね。みなさん、一生懸命笑わせようとしてくれるんですけど、赤ちゃんからしたら知らないおじさんばかりなので(笑)、余計泣いちゃってました。けど、みなさん、協力的でありがたいです」と感謝していました。

「ダウンタウンDX」出演を機に申し込みが増加

横澤に託児所の開設について尋ねると、発起人として「すごく楽しい。夢が叶うってこういうことなんだなと思いました」と大満足の様子。

当初は本当に需要があるのか心配だったそうですが、「実際に来てくれた人から“ありがとうございました。楽しかったです”とか、“出産後、初めて2人でデートできました”って言ってもらえて。何より必要としてくれる人が本当にいたんだっていうのがわかったことがすごく嬉しいですね」と喜びを語ります。

10月17日(木)放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系)出演時には、託児所の存在を猛アピールした横澤。その甲斐あって、劇場には問い合わせが多数寄せられたそうで、横澤自身、託児所が開設される土日は積極的に手伝いに参加しています。

そんななか、横澤は保育士とともに子どものお世話をするうちに、「ちゃんとした資格が欲しい」と思い始めたそう。「ベビーシッターの資格は持っているんですけど、それ以上の子どもたちのお世話がしたくて、『チャイルドマインダー』っていうベビーシッター以上、保育士未満の資格を取ろうとしているんです」と、新たな目標も話してくれました。

そして、「(子どもの面倒を見るのが)私しかいないって思っている人もいるかもしれないんですけど、ちゃんと保育士さんがいるので安心して預けてもらえてもらえますよ」と託児所のアピールをしつつ、「今は月1回(の開設)なんですけど大宮で常設に、いずれは吉本の劇場すべてに託児所を作りたいですね」とさらなる野望を語りました。

横澤「自分のネタを復習しているみたい」と心境を明かす

現在、第一子を妊娠中の横澤。『R-1ぐらんぷり2017』(関西テレビ、フジテレビ系列)で披露した、ママチャリに乗る母親を演じるコントには、横澤の理想の家族像が反映されていたようで、「旦那がヒロシ(コントの中に登場する旦那の名前)ではない時点ですでに出鼻をくじかれてるっていう」と笑いながら、「コントと現実世界は全く違いますけど、自分のネタを復習しているみたいな感覚」なんだとか。

「コントでやっていたこと――例えば、子どもに付けられたシールをそのまま洋服に貼ったまま仕事場に行くとか――は、私のやりたいことだったんだなって思いました」と自身のコントを振り返りました。

一方で、出産、子育てに対しては「だいぶ怖い」と本音を吐露した横澤。「妊娠中はお刺身を食べちゃいけないことや、つわりが二日酔い、船酔い、車酔いが合わさったような気持ち悪い状態が続くものだとは知らなかったですし、新しい発見ばかりで。お母さんの先輩方に“子育てのほうが大変だ”って言われているので、どうなるんだろうって不安に思ったりもします。やっぱりコントのようにはいかないですよね」と現在の心境を語りました。

仕事は、出産予定の1ヵ月程前となる来年1月まで続ける予定。「なんだか不思議な感じですけど、がんばります!」と元気いっぱいに意気込みつつ、「お母さんになったら、同じお母さんたちに観に来てもらえるようなライブもやりたい。そこで、みなさんから“あるあるネタ”をいただいて、『エンタの神様』(日本テレビ系列)で披露したいですね」と、今後の展望に胸を膨らませていました。

次回の簡易託児所設置は11月24日(日)を予定しています。劇場を訪れる際はぜひご活用くださいね!

関連記事:いよいよ10月27日! 大宮ラクーンよしもと劇場がベビーフレンドリーに! 簡易託児所オープン

 

横澤夏子発起人!「簡易託児所」

土日の「ラクーンよしもと寄席」の公演時(12:00~13:10/14:00~15:10/16:00~17:10)に設置。

※設置日は月1回を予定しております。
※事前予約制になります。(各回最大4名まで)
※実施日程はコチラでご確認ください。

【芸人記事まとめ】

【関連記事】