11月3日(日)、福島県南相馬市の旭公園にて、台湾で活躍する話題のアーティストらを誘致し、地元の人との交流を図るイベント「~歌と笑顔でつなごう・台湾~ ホストタウン文化交流イベント in 南相馬 あきいち2019」が開催され、台湾金曲賞(台湾のグラミー賞)を幾度も受賞した台湾を代表するアーティストである陳建年  Paudull(チェン・ジェンニェン)、元福島県住みます芸人・市川こいくち、台湾住みます芸人の漫才ボンボン・太田拓郎、音楽評論家の関谷元子が出演しました。

株式会社MCIPホールディングスが、吉本興業株式会社とともに台湾文化部と台湾文化センターの協力を得て開催した本イベント。イベント終了後には、南相馬市の女性コーラスグループ“MJCアンサンブル”との交流会も行われました。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資する観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体を「ホストタウン」として全国各地に広げていく「ホストタウン事業」。

東日本大震災以降交流を深め、これまで台湾「ホストタウン事業」に取り組んできた南相馬市は、台湾野球競技の「復興ありがとう」ホストタウンでもあります。これまで、台湾とさまざまな交流活動を行ってきた南相馬市ですが、ホストタウンとしての音楽文化交流は今回が初めて。新しい文化交流を行うことで、より両者の親密な相互関係を築くことができるよう、今回のイベントが企画されました。

台湾を代表するアーティストの特別ライブ

門馬南相馬市長の挨拶のあとに登場したのは、この日のMCである市川こいくちと漫才ボンボン・太田。「被災された方に心よりお見舞い申し上げます」と、先日の台風での被害についてふれたあとは、南相馬市が台湾のホストタウンであるということについて簡単に説明が行われます。

続いて、音楽評論家の関谷元子がナビゲーターとして登場。陳建年について、彼が元警察官で、現役時代は警察官を続けながら音楽活動を行っていたという異色の経歴を持つシンガーソングライター、音楽プロデューサーであることや、台湾の原住民であるプユマ族の出身であることなどが紹介されると場内には驚きの声が。

前日現地入りしたという陳が登場すると、会場からは大きな拍手が! 「天気もすごくよくて心地よく過ごさせていただいています」と笑顔で語り、さっそく1曲目の『Yinaba yu dia (朋友你好嗎)』へ。穏やかな日曜の午後にぴったりのアコースティックギターとフルートの音色に乗って、どこまでも伸びやかな陳の歌声が会場を包み込み、お客さんも思わずうっとり。曲間に陳が「みなさん、元気ですか!?」と呼びかけると、会場のあちこちから「元気です~!」というレスポンスが返ってきます。

日本語の曲など全4曲を披露!

続いては『リスタート(重新開始)』。この曲は、日本でも台湾でも災害の被害に遭うことはあるけれど、そんなときに新たに始める(リスタートする)という思いを込めて作ったそう。優しいメロディーに力強い歌声で歌われる、言葉が分からずとも自然と勇気づけられるような曲でした。

2曲披露したところでプレゼントコーナーへ。今回のイベントにちなんだクイズに答えられたお客さん2組に、陳のCD『海洋』と、プユマ族の手作りのキーホルダーとバッグがセットでプレゼントされました。

3曲目は、陳の外祖父(プユマ族歌謡の大家である陸森宝)が創作した日本語曲『芒果樹下的回憶(マンゴーの木の下の思い出)』。家族のために書かれたというこの曲は、どこか日本の童謡にも似た懐かしいメロディの曲。日本語で紡がれる歌詞と歌声に、この日いちばんの拍手が湧き起こります。

最後の曲は『海洋』。台湾で最優秀アルバム賞を受賞したアルバムに入っているこの曲について、「故郷の青い海と空を表現した気持ちいい曲です」と紹介する陳。タイトル通り、青い海と空がぴったりのさわやかなナンバーでこの日のイベントは締めくくられました。

「MJCアンサンブル」の歌に陳、感動

イベント終了後には、福島県の女声合唱団「MJCアンサンブル」との交流会が行われました。「MJCアンサンブル」は、南相馬市の小学生から高校生までの約20人による女性コーラスグループ。震災後には2012年にローマ法王への謁見やウィーンでの公演、2019年8月には台湾台北市の中山小学校でコーラスを披露するなどの活動をしている、南相馬市を代表する音楽グループです。

野馬追通り銘醸館で行われた交流会では、門馬市長から台湾チームへ南相馬市のプレゼントが贈呈されます。すると今度は台湾文化センターから台湾特産品、陳からは自身のCDが南相馬市へ贈呈されました。

あいにくこの日は全体の1/3程度しか集まらなかったという「MJCアンサンブル」のメンバーたちですが、彼女たちが披露した『いのちの歌』という曲は素晴らしく、感想を聞かれた陳はしばらく感動で言葉が出ないほど。「言葉がわからなくても感動しました」と話す陳は、「子どもたちの歌声はいつでも楽しいものであってほしい」と願いを口にしていました。

最後は「MJCアンサンブル」のメンバーが台湾に行ったときにおいしかった食べ物などの話で和気あいあいと盛り上がり、子どもたちの「タピオカがおいしかった」「夜景がキレイだった」という感想にニコニコと笑顔で応える台湾メンバーのみなさんの姿が印象的でした。

これから2020年に向けて、ますます交流を深めていくであろう南相馬市と台湾の今後の展開も楽しみです!

【関連記事】