11月3(日)、シンガポール国立大学内にあるUniversity Culturel Centre Theatreにて「吉本新喜劇ワールドツアー~60周年 それがどうした!~in シンガポール」が開催されました。

関連記事:吉本新喜劇、第5回上海国際コメディフェスティバルでのオープニング作品上演が決定! 松浦真也&曽麻綾が上海に
吉本新喜劇、13万人動員の全国ツアー完走!小籔ら、11月からの海外公演に意気込み
小籔、川畑、すっちー、藍4座長が揃い踏み!吉本新喜劇ワールドツアー大阪公演

60周年を迎えた新喜劇は世界に

1959年3月1日に、うめだ花月劇場がオープンすると共に誕生した吉本新喜劇は、今年の3月1日で60周年を迎えました!
それを記念して現在、「吉本新喜劇ワールドツアー~60周年 それがどうした!~」を開催中。
3月28日(木)の東京公演を皮切りにスタートした本ツアーは、全国47都道府県93公演で、約14万人を動員!

そんな吉本新喜劇が国内に続き海外公演(シンガポール、中国・上海・マレーシア・インドネシア・タイ)を、11月3日(日)からスタート。シンガポールは始まりの地となりました!

気になるストーリーは…?

彼女(宇都宮まき)の実家がお寺で継いでくれる人でないと結婚はできないと彼女の母親(浅香あき恵)に反対される川畑。
会うことも許されない中、彼女が母親に内緒で家に遊びに来ますが、彼女の親戚の子供・かずくん(小籔千豊)が遊びに来てしまいなかなか2人っきりになれません……!

そんな中、ついに、川畑は彼女と結婚するために山奥のお寺に修行に行くことを決意!
しかし、そこでも修行の邪魔をする事ばかり起きてしまいます。
果たして川畑は無事に修行を終え、結婚を許してもらえるのでしょうか……?

ボケまくる小籔、ツッコみまくる川畑

シンガポールは吉本新喜劇として初上陸の地。
放送がない中、チケットが即完売したこともあり、その注目度は高まるばかり!
小籔座長がボケまくり、川畑座長がツッコみまくる新喜劇シンガポール公演は大盛況で終えることができました。
小籔と川畑は今回の公演を振り返りコメントを寄せてくれました。

小籔千豊から皆さんへ

めちゃくちゃスベルかなと思ったら、舞台に上がった時の歓声が日本以上にあって、シンガポールにも新喜劇が大好きな方がいっぱいいてくれていると感じた。
個人的にも大好きな国なので、年1回ペースで公演をしていきたいので…。今後、毎回劇場を探すのが大変になるのでシンガポールに吉本の劇場を建ててもらえるように、吉本にお願いしたいとい思います!

川畑泰史から皆さんへ

海外公演ということで、笑いがとれるか凄く心配で、昨日の夜もご飯を食べてすぐ寝ましたが、めちゃくちゃ笑っていただける、ありがたいお客様で良かったです。
これを期に、新喜劇がどんどん海外に出て笑いを届けていきたい!!

次は、11月8日(金)、9日(土)に第5回上海国際コメディフェスティバルのオープニング作品として上演される、上海公演!すっちー座長・酒井藍座長が挑みます。
その後、11月24日(土)にはマレーシア公演、12月8日(日)にはインドネシア公演、12月15日(日)にはタイ公演が待っています!
ぜひ皆さん応援して下さいね。

公演概要

日時:11月3日(日)
1.OPEN 11:30 START 12:00
2.OPEN 15:30 START16:00
場所:University Cultural Centre Theatre(シンガポール国立大学内)
出演:小籔千豊、川畑泰史、帯谷孝史、青野敏行、今別府直之、太田芳伸、佐藤太一郎、松浦真也、吉田裕、野下敏規、浅香あき恵、島田珠代、宇都宮まき、金原早苗、服部ひで子、加藤ひろあき(よしもとインドネシア所属アーティスト)、住みますアジア芸人:濱田大輔(インドネシア)、浦圭太郎(インドネシア)、アキラ・コンチネンタル・フィーバー(インドネシア)、そこらへん元気(インドネシア)、KLキンジョー(マレーシア)

上海公演、及びそのほかの公演の情報は公式サイトをチェック!
【関連記事】