1月25日(金)、東京・スペース汐留にて、映画『凜-りん-』の公開1ヶ月前プレミア試写会が行われ、佐野勇斗、本郷奏多、須賀健太、亀田侑樹、櫻井圭佑、平祐奈、石田ひかり、池田克彦監督が舞台挨拶に登壇しました。

『凜』は、ピース・又吉直樹が芥川賞を受賞する前に神保町花月で行われた舞台の脚本として書き下ろした作品。“100年に一度、村から子供が消える”という神隠し伝説がある村を舞台にしたミステリーで、次々と姿を消していく仲間たちを探し、高校生たちが村に伝わる伝説の謎に迫る――という物語です。

W主演をつとめた佐野と本郷は、今回が初共演。同じ事務所の後輩だという佐野は「ドラマなどで拝見していたらミステリアスな役が多かったので、勝手に奏多くんもミステリアスな人かなと思っていたんです。でも違う。すごく優しいんですよ。LINEも交換してくれて……」と明かします。それに対し、櫻井と須賀は「俺にはしてくれなかった」「そこまでいけなかった」と残念そうにすねてみせ、一同を笑わせます。

一方、本郷は「佐野くんはすごくまっすぐでかわいい子ですね。撮影の期間、宣伝の期間とけっこう一緒にいる時間が長かったんですけど、一瞬たりともダークな部分が見えないので、本当にいい子なんだろうなと思いました」と佐野を賞賛しつつ、「……今のところは」と最後に付け加えて場内の笑いをさらっていました。

須賀は、「寒い中の撮影でしたけど、みんなでガンガン(ストーブ)で暖まりながらマシュマロやお肉を焼いたりして。そこで絆が深まっていきました」と、過酷ながらも楽しい現場を振り返ります。

共に子役時代から活躍している本郷とは、念願叶っての初共演だそう。「本郷さんが撮影の待ち時間のときに、“須賀健太、好きだわ”って言ってくださったんですよ。それが嬉しくていい思い出です」とほほえむ須賀。それに対して、本郷は「子役出身の人間って、だいたい心がひねくれてるんですよ。だからシンパシーを感じたんですよね」とブラックな発言で盛り上げ、須賀をあわてさせていました。

又吉の舞台作品を映像化するにあたって心がけたことを尋ねられた監督は、「愛をもってこの作品に取り組もうと思いました」とコメント。その理由について、「脚本家の先生を含め、又吉さんとも何度か脚本の打ち合わせをしました。打ち合わせをするたびに、1時間の予定が2時間に延びたりして。ものすごく愛情を持って作られた作品なんだなということが伝わってきました。おっしゃっていただいたのは、キャラクターに対して愛を持って接してほしい、ということ。みんなが好きになるような登場人物にしていただきたいということを言われたので、そこはいちばん気をつけました」と真摯に語りました。

まもなくバレンタインということで、女性陣2人に対して「この中でバレンタインにチョコレートをあげるなら、誰にあげたい?」という質問が。

平は「私があげるなら、仏様です!」と言いながら、須賀を指名。しかし、須賀の劇中のあだ名は“仏様”ではなく“大仏”。「仏様になっちゃった」と困惑する須賀に、みんなも「お供えだ、お供え!」と爆笑。「あ、大仏か。間違えちゃった!」とようやく間違いに気づいた平は、「役柄のビジュアルがかわいかったしほっこりするので、お供えをしておいたら見守ってくれそうだなと思いました」と説明。“仏様”扱いされた須賀は、「いや、まぁでももらったものはもらったものですからね!」と無理矢理、自分を納得させていました。

佐野の母親役を演じた石田は「どうしよう……」と少し考えたのちに「息子かな」と、佐野を選択。「よかったぁ、違ったらどうしようかと思った」とホッと安堵する佐野でした。

本郷が「ご覧になったら、それぞれ受け取るものがある作品になっていると思います」、佐野が「主軸となるのは神隠しの犯人が誰なのかというミステリーの部分ですが、それとともに仲間の友情も描かれていて、“独りじゃないよ”っていうことを伝えている作品だと思うので、そこも楽しんでください」とアピールした映画『凜-りん-』は2月22日(金)、イオンシネマにて公開されます。ぜひ映画館でご覧ください!

『凛―りん―』
原作: 又吉直樹(ピース)
監督:池田克彦
出演:佐野勇斗、本郷奏多、須賀健太、亀田侑樹、櫻井圭佑、平祐奈、石田ひかりほか
配給:KATSU-do
公式サイト: http://rin.official-movie.com
2月22日(金)イオンシネマにてロードショー