11月18日(月)に放送された『ほっとするわ』(関西テレビ)に、アインシュタイン・稲田がゲストとして登場しました。

同番組では、ナビゲーターのピース・又吉がよしもとタレントの「ほっとできる」くつろぎの時を紹介しています。今回、稲田は大人気のあのキャラクターについて語りました。

稲田、“いなだま”誕生秘話を語る

椅子に座り、リラックスした様子でコーヒーを飲む稲田。

「あなたがほっとする時は?」という質問に対し、「『いなだま』を作った後に、コーヒーを飲むと、ホッとします」と答えます。

『いなだま』とは、稲田考案のオリジナルキャラクターのこと。その正体を尋ねられると、「粘土で作った僕の顔、に似せた、“たま”です」と、なんとも不思議な回答。

続けて、『いなだま』生みの親である稲田自身が、キャラクターの知られざる誕生エピソードを語りました。

昔公演チケットがなかなか売れなかった時代に、“なにか特典がないと売れないんじゃないか”という考えから、たまたまあった粘土で作り始めたのだそう。それをSNSに公演の特典として載せたところ「なぜかすごく売れて……」と話す稲田。

それ以来、『いなだま』需要があることを知って作り続けているそうです。

『いなだま』のこだわりについては、「最後に目を入れる」すなわち「魂を注ぎ込む」ことだと話しています。そして今では、『いなだま』を作っていると心が落ち着くようになったそうです。

関連記事:アインシュタイン・稲田、とある場所で“アイツ”を発見!? 「発想が天才」

 

Tシャツの文字に注目…!「顔捨てなくて良かった」

そうして『いなだま』を語る一方で、目を引くのが稲田の着ているTシャツのロゴ。そこには「KAO Suteta Rokana(顔捨てたろかな)」と、稲田がよく言うフレーズの一つが書かれています。

4年ぶりの復活開催が話題の『よしもとブサイクランキング』では、上位ランクインが期待されている稲田。

関連記事:果たして稲田は何位にランクイン?【速報】男前ブサイクランキングWeek1

 

いつもは「顔捨てたろかな!」と、自身の顔を嘆いている稲田ですが、今回『いなだま』について語った後は、そのTシャツの文字を眺めながら、「こんなに、僕の顔を模したものが需要あるんなら、顔捨てなくて良かったです」と話していました。

実際、大阪・よしもと漫才劇場限定で『いなだま』クッションが発売された時には、瞬く間に完売となるなど、その人気は確かなもの。

関連記事:販売16分で完売!アインシュタイン稲田の“いなだまクッション”の人気がヤバい

 

現在劇場はもちろん、テレビでの活動も盛んな稲田ですが、実は人気の背景には『いなだま』の存在があることがわかった今回の放送。今後も『いなだま』と二人三脚で、世間に笑いを届けてくれることに期待です。

稲田からほっとするプレゼント!

なんと今回、稲田から”ほっとする”こと間違いなしのプレゼントを皆さんに抽選でお届けするとの発表がありました!
稲田のサイン色紙といなだまキーホルダーを抽選で1名様にプレゼントするのだそう!……かなり貴重です。
応募方法は
①ほっとするわ【公式】Twitterアカウント(@hottosuruwa2154)をフォロー
②ほっとするわ【公式】Twitterアカウントが投稿した「稲田サイン色紙+いなだまキーホルダー」プレゼントのツイートをリツイート

締切は11/25(月)22:00です。
簡単に応募できるので、ぜひトライしてみてくださいね!

【芸人記事まとめ】

【関連記事】