10月30日(水)、大阪・なんばグランド花月「YES THEATER」にて『アポロアマチュアナイトジャパン2019』大阪予選2日目が行なわれ、MCのマルセイユ(別府貴之、津田康平)のほか、どりあんず(堤太輝、平井俊輔)、エグスプロージョン(おばらよしお、まちゃあき)らが出演しました。

『アポロアマチュアナイトジャパン』は、ニューヨークにあるAPOLLO THEATER(アポロシアター)で毎週水曜日に開催されるイベントの日本版。

日本大会では、4回にわたる予選ラウンドを勝ち残った合計12組が決勝ラウンド『TOP DOG』に進出。優勝者には賞金100万円のほか、アメリカ・NYのAPOLLO THEATERで開催される『アマチュアナイト スーパー・トップ・ドッグ』への出演権を得ることができます。

しかし本大会は、観客の歓声とブーイングによって審査が行なわれるのも大きな特徴。ブーイングが多かったパフォーマーは、エクスキューショナー(多数のブーイングを集めてしまったパフォーマーをステージから退場させる執行人)のエグスプロージョンにより退場させられてしまいます。

関連記事:エグスプロージョンの出番なし!? 「アポロアマチュアナイトジャパン2019」大阪予選

 

マルセイユのダンスで会場はヒートアップ!?

まずは、会場を盛り上げるセットアップマンのどりあんずがステージへ。平井は「すごい戦いなので、最高に盛り上がって! 心の中のアメリカ人を出して!」と叫び、客席に乱入してコール&レスポンスを要求するなど、パフォーマンス開始前からハイテンション!

続いて呼び込まれたエグスプロージョンは、おなじみの『本能寺の変』のダンスを披露。さらに空気をあたためるべく、3人の観客をステージに上げての即興ダンスバトルを開催し、観客はヒートアップ!

MCのマルセイユは、ダンス芸人として知られる別府と、ユニットライブ『Berry Better!!~音感、リズム感のない男達~ 』のメンバーでもある津田が、持ち味を炸裂させたダンスを挨拶代わりに披露して登場。この後も、客席を巻き込んでの“声出し合戦”などを繰り広げました。

ヤンシー&マリコンヌ、もりやすも健闘!

最後の予選となったこの日は、動画審査を勝ち抜いた12組が出演。544 6th Ave、CHIHIRO、SENSHIA with MIYAKA、菊森悠輝、加藤梨菜、もりやすバンバンビガロ、Michael jackton、西村愛菜、ヤンシー&マリコンヌ、下北姫菜、池田洋介、MIZUKIがそれぞれ渾身のパフォーマンスを披露しました。

よしもとから参戦した2組も健闘! 大道芸に定評のあるもりやすバンバンビガロは、“食べる”をフィーチャーしたコミカルなジャグリングで、大きな拍手を巻き起こします。

吉本新喜劇が送り込んだ刺客(?)ヤンシー&マリコンヌこと松浦真也と森田まりこは、おなじみのリンボーダンスネタで勝負! 松浦と森田の“おもしろセクシー”な掛け合いで会場は大いに盛り上がります。

また、まちゃあきの「MC陣が(セリフを)噛んでブーイングが起きたら僕らが出ますよ!」との宣言通り、進行中のマルセイユがまさかの大ブーイングを受け退場させられる場面も……! これには観客も大爆笑でした。

決勝ラウンド進出者にどりあんずも脱帽!

拍手と歓声が絶えなかったステージもついに終了。どりあんずとマルセイユも「レベルが高かった」と目を丸くした激戦を勝ち抜いたのは、544 6th Ave、SENSHIA with MIYAKA、下北姫菜の3組! これで、決勝ラウンド『TOP DOG』出場者が出揃ったことになります。

運命の決戦『TOP DOG』は11月13日(水)、COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて開催され、その様子はBS日テレで生放送されます。ぜひ、未来のスター候補たちの熱いバトルをお楽しみください!

『アポロアマチュアナイトジャパン2019』

■アマチュアナイトジャパン決勝ラウンド『TOP DOG』
会場:COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール(大阪府大阪市中央区大阪城3-6)
日時:11月13日(水)開場18:30 開演19:00
MC:ロバート
特別審査員:Marion J.Caffey

前売3,800円/当日4,300円 ※チケット全席指定
Yコード:999211

チケットはコチラ
公式サイト:https://apolloamateurnight-japan.com

 

『アポロアマチュアナイトジャパン2019』(BS日テレ)

放送日時:2019年11月13日(水)19:00〜22:00

詳細はコチラ
【関連記事】