10月26日(土)、タワーレコード渋谷店にて、映画『銃』のDVD発売記念イベントが開催され、主演の村上虹郎、監督の武正晴、MCとして本作で企画・制作を行なった奥山和由が登壇しました。

芥川賞作家・中村文則氏のデビュー作『銃』(河出書房新社)を映画化した本作。

村上演じる大学生の西川トオルが、夜の河原でひとりの男の死体と共に放置されていた拳銃を手にしたところから、物語は展開します。また本作では、警官役としてジャルジャル・後藤淳平も出演しています。

今回、3人によるトークショーは奥山が舵をとり、来場者からの質問コーナーも設けて、大盛り上がりとなりました。

関連記事:ジャル後藤、三谷監督のボケにタジタジ!? ディーン・“タピオカ”にファン爆笑

 

父・村上淳との共演で虹郎は何を思う?

オッサン役として、虹郎の実の父・村上淳が出演している本作。虹郎は、淳と対峙するシーンを振り返り「すごく良かったですね」と回顧します。

武監督はキャスティングについて、淳と虹郎の親子という関係性に着目したわけではなく、純粋に“俳優・村上淳”がオッサン役として「良いのでは?」と思ったと話します。しかし、途中で「あ、親子じゃん」と気付いたと言い、虹郎に伺いを立てたことを明かしました。

親子共演で「やりにくさはなかったの?」と奥山から問われると、虹郎は「(撮影は)1日でしたからね。親父も先輩として(俳優を)やっていましたし」とコメント。体力的にもきついシーンだったものの、淳がしっかりとやり遂げていたため、武監督は「スタッフは震えましたよ。頑張ろうと思いました」と撮影時のことを述懐しました。

“トオル役”を俳優仲間も絶賛

また奥山は、「天才だと思ったね」と虹郎の演技を絶賛。しかし、観客からの「作品を観て“最初からやり直したい”と思うシーンはありましたか?」という問いに、虹郎自身は「基本的にはいつも“全部撮り直したい”って思っちゃいますね」と本音を吐露しました。

そんな彼の発言に、奥山が「(トオルは)虹郎じゃなきゃ出来ない役だった」と話すと「そう言ってくださると救われる部分がある」と返答。俳優仲間の綾野剛、成田凌などから「あの役、俺がやりたかったんだよ」と羨ましがられたと言います。

映画を観たという俳優・藤原季節からは「(虹郎が演じたことで)すごく納得がいって気持ちが良かった」と言われたことを明かし、「僕は季節くんが好きなので、すごく嬉しかったですね」と話していました。

イベント終了後にはDVDのお渡し会も開催。虹郎は一人ひとり丁寧に対応し、熱心にファンの声に耳を傾けていました。DVD『銃』は、全国のレコード店およびネットショップなどで発売中です。ぜひ、手に取ってご覧ください!

DVD「銃」

商品番号:YRBN-91333
本体価格:3,800円+税
出演:村上虹郎/広瀬アリス/日南響子/新垣里沙/岡山天音/後藤淳平/中村有志/日向丈/片山萌美/寺十吾/サヘル・ローズ/山中秀樹/村上淳/リリー・フランキー
監督:武正晴
≪収録内容≫
本編/特典映像(メイキング/初日舞台挨拶/予告編)

お求めはコチラ

公式サイト:映画『銃』公式サイト

【芸人記事まとめ】

【関連記事】