10月23日(水)、東京・南青山Future SEVENにて「Laugh&Peace Music Convention~Laugh&Peace Music Night fumika×つぼみ大革命special Showcase Live~」が開催されました。

吉本興業の芸人ソングや歌ネタを提供するレーベル「Laugh&Peace Music」。
今回のライブは、fumikaとつぼみ大革命という、同レーベルおすすめのアーティスト2組が出演。
力強い歌声が魅力のシンガー・fumika、そしてコントもできるニューアイドル・つぼみ大革命(杉山優華、松下千紘、吉岡久美子、しより、樋口みどりこ、恵梨華、水森依音、糸原沙也加、岡本りん)が出演し、関係者の皆様におもてなしをしよう!というコンセプトのもと集結しました。
来場者にじっくり楽しんで貰えるようにと、コンベンションスタイルを取った今回のイベント。
当日はちょうどつぼみ大革命が5thシングル「笑DNA」、fumikaがフルアルバム「VARIOUSELF」の発売日ということもあり、新曲も披露されました!

MCはあべこうじ。あべは、fumikaとつぼみ大革命について、同レーベルが猛プッシュするアーティストだと説明。
来場者には「(彼女たちの存在や魅力を)持ち帰って発信していきましょうね!」と半ば強引に(!?)語りかけます。

コントも披露!つぼみンジャー参上

パフォーマンスのトップバッターを務めたのはつぼみ大革命。
アイドルながらコントもする“ニューアイドル”として業界を席捲していることで知られる彼女たち。
アイドルファンのみならず、お笑いファンも巻き込んでおり、知名度もどんどん高くなっています。
そんな彼女たちは、ニューシングル「笑DNA」を披露するとトークで会場を盛り上げます。
幾多のステージを踏んできた彼女たちですが、今回のイベントはさすがに緊張するとコメント。しかし、話が進むにつれ、本音が見え隠れし始めます……!
来賓者席を見つめ「どの人が偉いんですか?」、「今日はいろんな決定権を持っている方がいらっしゃるので、一つでも何かを持って帰りたい!」と発言すると会場は爆笑。

その後は、まさかのヒーローコントを熱演! アイドルは表の顔で、その実態は世界の平和を守る“つぼみンジャー”であることを明かし、悪の組織と対決します。
誰もが想像していなかった「まさかのガチコント」には、来場者も笑顔に! 文字通り笑顔を届けるアイドルを実証します。

2曲目に披露したのは「All tag need」。この楽曲では9人で歌詞をしたとのこと。「売れたいねん!」という彼女たちの気持ちが詰まった人気ナンバーで、ファンの人気も高い一曲となっています。
元気いっぱいに歌い踊るつぼみ大革命のパフォーマンスと、アイドルパフォーマンスとお笑い要素のギャップに、来場者もすっかり夢中。

1000枚の手売りも経験…ステージは努力の賜物

パフォーマンス終了後、あべとのトークでは、ライブハウス「Zeppなんば」を手売りチケットで埋めた伝説を持っていると紹介されます。
「1000枚を手売りしました」と語る彼女たちの並々ならぬ努力に、会場の皆さんもほろり。最後に杉山が「(こうしたイベントは)1年目に呼んでほしかった」とポツリ。吉岡も「私たち結構大人なんですよ(笑)! 若いアイドルの50倍のスピードでいかんと!」と切に訴え、笑いを誘いました。

ウクレレも登場、力強い歌声が響く

続いてはfumika。熊本県・阿蘇で撮影を敢行したというプロモーションビデオをバックに、ニューアルバムのリード楽曲「アマリリス」を熱唱します。
彼女の小さく細い体からは想像がつかないほど声量と伸び、張りのある豊かな歌声で、冒頭からすぐさま来場者を惹きつけます。数々の著名人や聞く人を涙に包み「魂の震える歌声」と称される歌声は一瞬で聴衆を虜にしていきます。
続いて1年前から独学で勉強しているというウクレレを用いてカバー曲「陰りゆく部屋」を披露。聴き馴染みのある楽曲で、客席には口ずさむ姿もちらほら。

ここでマシコタツロウが登場。
マシコは、一青窈の「もらい泣き」で作曲家デビューを果たし、嵐、関ジャニ∞、さらにはカラオケで平成時代に一番歌われたという一青窈の「ハナミズキ」などを作曲した有名作曲家です。
今回は、fumikaと制作したアルバム曲「んなら、またね」をマシコのピアノ演奏と共にパフォーマンス。博多弁を取り入れた歌詞はマシコさん自身も涙を誘われたと太鼓判。
実際に同曲を耳にした来場者も、うっとりと聴き惚れていました。

実はfumikaは2014年、鉄拳のパラパラ漫画「振り子」とのコラボレーションで話題になっています。
当時リリースした「Endless Road」は動画再生回数通算500万回再生を記録、ウエディングソングランキングの上位を軒並み獲得し、現在もロングセールスを記録しています。
そんな「Endless Road」を、fumikaは動画と共に熱唱。彼女が感情を乗せて歌う姿と、感動を誘うパラパラ漫画には、思わず涙する人が続出しました。

ベテラン作曲家が二度見するほどの歌声、全員でコラボ歌唱も

ここで再びマシコを交えてあべと3人でトーク。
マシコは、fumikaについて「(初めて歌声を聴いた時は)二度見するというか……。この業界にいると歌のうまい人には会うのですが、このレベルはいない!」と絶賛。これには普段から関わりの深いfumikaも思わず照れ笑い。
そう語るマシコは、自身がメンバーであるADK Wonder Recordsとよしもとミュージックが音楽レーベル業務において提携することが決定。
同社が制作し、原盤を保有する楽曲などを「ラフ&ピースミュージック」よりリリースすることが決まっています。

そんな理由から互いにレーベルメイトとなる、fumika、つぼみ大革命・しより、マシコの3人で最後にコラボレーションを披露!
マシコ作曲の名曲「ハナミズキ」を披露し、会場は大いに盛り上がって幕を閉じました。

ドーム公演5万枚も手売りする!?

イベント後は、スタッフ、関係者、さらにはアーテイストを含めた懇親会が行われました。
その席でfumikaは来場者に感謝を述べ「fumikaっていうものを心のどこかに置いていただければ」とお願い。
一方、つぼみ大革命・吉岡は「今日初めてお会いするお世話になっている方や、これからお世話になりたい方もいらっしゃっていて……この機会がいただけて本当にありがたいです」と挨拶しました。
あべからの「東京ドームは狙っている?」との問いには「狙っています!」と即答。
東京ドーム公演でも「5万枚手売りする」と豪語して会場を笑わせます。
最終的に、来場者に力を借りることで落ち着き、1人1000枚のノルマを課し、笑いを誘っていました。

27日にはルミネtheよしもとでのワンマンライブも決定しているつぼみ大革命。そして同日に新曲をリリースするfumika。それぞれレコ発イベントを全国で開催中です。
ここからの2組の展開にご注目下さいね!

最新リリース楽曲情報

つぼみ大革命

「笑DNA」(CD)

笑いと歌で日本を元気に!テンションマックス間違いなしの新曲登場!
2019年3月、「つぼみ」が「つぼみ大革命」となり、歌やダンス以上に、コントを交えた「笑いと音楽の融合」を進化させた作品を次々と発表している彼女たちの魅力が満載の今作は、テンションマックス間違いなしのお気楽アッパーソング。
よしもとネットショップplusをチェック!
MVはこちらからチェック!

fumika

Full Album「VARIOUSELF」

「魂の震える歌声」と称されるfumikaの4年ぶりフルアルバム!

生歌で各界の著名人を続々と涙に包み、「魂の震える歌声」と称されるfumika。自身4年ぶりとなるオリジナルフルアルバムは、前作「POWER OF VOICE」以降にリリースしたシングル曲(デジタル含む)に加え、不動産ブランド“ネストピア”本人歌唱出演CMソング「アマリリス」、KBCアニメ「博多明太!ぴりからこちゃん」の後期(7話~12話)エンディングテーマ曲「ピリッと大スキ♡」等の新録を追加したベストアルバムともいえる作品。「涙がとまらない」「嗚咽するぐらい泣く」とSNSで囁かれる歌、アスリートたちに愛され、後押しをしてきた作品の数々、既に地元福岡では認知度100パーセントを超える熱狂が生まれており、間違いなく次のJ-POP女性ボーカリストシーンを牽引する兆しが伺える作品。
iTunesストアページをチェック!
Full Album”VARIOUSELF”より「アマリリス」のMVをチェック!
鉄拳パラパラ漫画コラボ「Endless Road 鉄拳 振り子 Collaborate ver.」」はこちら

【関連記事】