10月22日(火)、スーパーマラドーナ・武智がTwitterを更新。「同期の輪には入れない」とアップした2枚の写真が、「悲しみがすごく伝わってきて…」と反響を呼んでいます。

悲壮感ただよう写真は「コラみたい」!?

武智は、とある日の楽屋風景を投稿しました。真顔の武智の後ろには、NSC25期生の同期同士であるジャルジャル(福徳秀介、後藤淳平)とプラス・マイナス(岩橋良昌、兼光タカシ)の姿が。

1枚目では、岩橋と福徳が、2人揃って鏡を見ている様子を背に、スーツ姿で所在なげにたたずんでいる武智の姿が。2枚目では、仲睦まじい様子の兼光と後藤とは一人別空間にいるかのようなショットを披露しています……。

「同期の輪には入れない」とコメントした武智の寂しげな様子に、ファンからは「孤独が芸を磨きます」「写真から悲しみが伝わってきて草」と応援と同情の声が集まっているよう。さらに、「コラ(コラージュ)みたいで面白い」など、完全に浮いてしまっている武智に対しツッコミも寄せられていました。

NSC同期の絆には勝てない?

今回武智の写真に登場したプラス・マイナスとジャルジャルは、大阪NSC25期出身の同期生。以前には、銀シャリを含めた同期メンバーが仲良く肩を組む様子を披露し、ファンから「涙出るほどうれしい!」「同期ライブ希望!」との声が上がるなど、同期の絆を見せつけていました。
一方の武智は大阪NSC22期。3年先輩ということもあり、また兄貴肌ということもあり、頼られる存在ですが、ワイワイしている同期の輪には入りにくかったのかもしれません。

関連記事:ジャル後藤、銀シャリ…同期芸人の仲良しショットに「涙出るほどうれしい!」「同期ライブ希望!」の声

 

SNSでは、度々同期芸人たちの仲睦まじい様子が垣間見られますが、大阪NSC25期生の絆はかなり深い様子。武智が割って入れないのも仕方がなかったのかも……!?

【芸人記事まとめ】

【関連記事】