10月16日(水)、大阪市・鶴見区役所にて、ポップマン(加藤聖也、西本尚貴)が長沢伸幸鶴見区長と武富康彦鶴見副区長との対談に登場しました。

よしもと若手芸人たちが、大阪市の24区いずれかの地域に実際に住み、地域活性化のお手伝いをする『大阪市24区住みますプロジェクト』。

10月より、ラプトルズ(田辺慎司、引本泰介)、美たんさん(光美、福井麻奈美)からバトンを受け取り、ポップマンが鶴見区の新“住みます芸人”に就任しました。

ポップマンは、10月13日(日)に行なわれた「第一回鶴見だんじり祭」など、すでに地域のイベントに参加しているだけあり、長沢区長と武富副区長との対談も、アットホームな雰囲気で進められました。

※美たんさんは9月末にコンビ解散

関連記事:ポップマン出演!マンゲキ所属をかけた戦い「Kakeru翔」開催!上位メンバーからファンに公約発表!

 

新・住みます芸人に区長の圧!?

まずは長沢区長に鶴見区の印象を聞かれ、西本は「僕の第一印象は、鶴見区の人はむちゃくちゃやさしいなと。だんじり祭でも、声をかけてくれる人全員が“売れてくださいね”“頑張ってください”と言ってくれて。嬉しいですね」と、イベントで感じた区民の方々の温かさを伝えます。

そして、加藤は「僕はずっと鶴見区に住んでいるので、区の良さを発信できる自信はあります!」と余裕の表情。すると長沢区長からポップマンへ、鶴見区が実施する『つる魅力検定』の“必勝セット”のプレゼントが。

「12月15日(日)に『つる魅力検定』があるので、ぜひおふたりに合格していただきたくて。必勝セットをお渡しします! 区民からの信頼も厚くなりますし……」と述べ、和やかだった西本と加藤の表情に一気に緊張感が走ります。

実は、鶴見区のディープな魅力が出題される『つる魅力検定』は、ハードルが高いことでも有名。

それぞれ教員免許を持つ2人に、「おふたりとも、人に教える資格をお持ちやと聞きました。大丈夫ですよ!」と話す長沢区長の笑顔の圧に、「 区長、バリ煽ってくるじゃないですか」「絶対受かるぞ」と、ポップマンは焦りながらも勝負モードに入っていたようでした。

さらに、『つる魅力検定』の必勝セットやパンフレットを見ながら、鶴見区の魅力で盛り上がります。

鶴見区には、牛のマークの『赤箱』で知られる牛乳石鹸共進社株式会社や、家庭塗料のトップメーカーである株式会社アサヒペンなどの有名企業、さらには日本最大級の温室・咲くやこの花館など、名所がいっぱい。「えっ、鶴見緑地って乗馬を体験できるところがあるんですか?」、「つるりっぷ(鶴見区マスコットキャラクター)の絆創膏がほしいなあ」などと、ポップマンの2人は鶴見区の見どころに興味津々です。

『つる魅力検定』の受験者及び合格者には、鶴見区の名産などが特典として用意されているとのこと。興味のある方は、ぜひ受験してみてくださいね!

ポップマン、コンビ名を間違えられないように…

ポップマンはNSC40期の2人で結成された同期コンビ。24区住みます芸人の中では一番の若手となりますが、正統派の漫才で早くも広い層から支持を集めています。実は、コンビ名の「ポップ」という言葉は、加藤が大ファンであるアーティスト・スキマスイッチのライブ『POPMAN’S CARNIVAL(ポップマンズカーニバル)』が由来なんだとか。

西本が「以前は同期からも、“ちょっとダサない?” といじられたりしたんです。おふたりとも、率直に最初聞いたときにどう思いましたか?」と長沢区長と武富副区長に感想を求めると、武富副区長は「ポップコーンを思い出しましたね」と一言。

また、西本が「きっと、まだ(鶴見区の)8割くらいの人が僕らのこと“ポップコーン”やと思ってるやろな」とボヤくと、長沢区長が「間違えたほうが頭に残るんですよね、なぜか」と笑いを誘っていました。

“資格芸人”ポップマン「授業もやりますよ」

対談の終盤では、ポップマンが持つ資格が話題に。

ポップマンは、NSC大阪校の卒業ライブで優勝した際、経歴を見たMCのたむらけんじが「お前らで学校できるやん!」と感心したほど、教員免許をはじめ、数々の資格を持っていることでも注目を集めています。

加藤は保育士、幼稚園教諭2種、認定ベビーシッター、コミュニケーション心理アドバイザーを、西本は小学校教諭2種免許、中学校教諭(社会)1種免許、高校(地理歴史)1種免許を取得しています。

長沢区長も思わず「どの地域も教員さんが人材不足で困っているんです。吉本興業に奪われたんですね(笑)」と冗談交じりでため息。

それに加藤は「鶴見区は子育てに熱心な町ですよね。僕、学校とか幼稚園とか行きたいです。子どもたちと遊びたい……!」と返し、西本も「授業もやりますよ!」と、前のめりで立候補します。

加藤の言う通り、鶴見区は子どもたちの創造性を高める工夫が多くなされた街。「鶴見活性化 楽園会議」というイベントを企画するボランティアグループも存在し、子どもが大好きな加藤と西本の、資格を活かした活動にも期待できそうです。

「M-1」制覇にも期待!

さらに、長沢区長は、ポップマンがNSC大阪大ライブで優勝し『M-1グランプリ2019(以下、M-1)』の3回戦進出を果たしていることにも触れます。

対談の途中、加藤が「平井堅がお弁当箱の歌を歌ったら」というモノマネを披露すると、「さらに腕を磨いていただき、いろんなお弁当箱を披露してくださいね」と長沢区長が返すなど、ユーモアたっぷりの対談となりました。

ポップマンのふたりも、今回でさらに鶴見区の魅力を感じることができた様子。「もっともっと売れて、鶴見区の方に自慢してもらえるようになりたいです」、「鶴見区民センターがむちゃくちゃキレイで広いんですよね。無料ライブとか、やっていきたいです。よろしくお願いします!」と、大きな声で、今後も鶴見区の良さを伝えていくことを宣言しました。

鶴見区民の熱い応援が『M-1』の励みになると張り切るポップマン。今後の2人の活躍に期待しましょう!

【関連記事】