今年もいよいよ京都国際映画祭がスタート!
10月17日(木)から20日(日)までの4日間、映画、アート、笑いを集結させた「京都国際映画祭2019」が開催されています。
2日目となる18日(金)、TOHOシネマズ二条では特別招待作品『喝 風太郎!!』を上映。舞台挨拶に主演の市原隼人、柴田啓佑監督が登壇しました。

脚本にも主人公の葛藤など入れ込む

型破りな僧侶・風太郎を演じた市原は、まず「京都国際映画祭へようこそ」と笑顔で挨拶したあと、前日のオープニングセレモニーでの中井貴一の挨拶を振り返り、こうして役者をさせていただけるのも、諸先輩方が作った道があるから、と改めて感謝のコメントを述べ、以前津川雅彦さんから「遊びを教えてあげよう」と電話をもらったという貴重なエピソードも明かしました。

柴田監督は「京都国際映画祭を少しでも盛り上げられたら」と挨拶。漫画原作の作品で意識したことは?という質問に「原作が少し前の作品なので、今の時代に合うよう社会問題なども入れながら作った」と明かし、キャラクターについては漫画っぽくなりすぎないよう演出に気を付け、脚本にも主人公の葛藤などを組み込んだことを話しました。

市原は、たくさんのファンがいる本宮作品である風太郎を演じられるのが嬉しかったと話したあと、考えさせられる脚本で読んでいて鳥肌が立ったと告白。生きるということがテーマで、そのことについて考えてみたけどわからなかったと明かし「多くのことを感じていただける作品になったと思う」と胸を張りました。

市原「生きるということについてもう一度考えさせられる作品」

監督は市原が演じた風太郎について、お願いした時点で思っていた以上にぴったりと馴染んでいたと話し「ひと言で言うと最高!」と絶賛。市原は本質を見つめていくというというまさに映画のメッセージを感じつつ見ていただけたら、と話しました。ここで市原が風太郎の扮装をするのに2時間かかっていたとポロリ。
「ヒゲをよく食べちゃって」と話すと、監督も「市原さんだけ朝入るのが早い」と笑いを誘います。さらに撮影が寒い時期に行われたことを振り返って、下駄履きだったという市原も「寒かったですね〜」と振り返っていました。

作品について監督は「市原さんと問答しながら作った作品、言葉を気楽に交わせるようにしていただいたので、とてもやりやすかった」と話し、2回見たらまた違うメッセージが届くと思う、1回目はライトに、2回目はもっと深いもの、市原さんが言っている部分も汲み取れるのでは、とアピール。そしてちょっとした部分を見落とすとわからなくなる、と鑑賞時の注意点をレクチャーします。市原は改めて、生きるということについてもう一度深く考えさせられる作品と話し、自分は必要な存在なのか迷う瞬間もある、でも生きていることでたくさんの人が幸せになっている、そのことを感じてもらえればと語りました。

今年で6回目の開催となる「京都国際映画祭2019」は10月17日~20日までの4日間開催。
国内外の100作以上の映画作品が上映されるほか、様々なアート作品の展示、SDGsと笑いの融合企画やワークショップ、イベント、そして注目企画のプロレスまで、盛りだくさんのプログラムを展開中です。
ぜひ、映画、アート、笑いの三要素が集結する京都にご注目下さい!

【関連記事】