10月某日、吉本興業と韓国のCJ ENMが制作する、日本のエンターテイメント界で過去最大級の番組制作規模となるサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』第1回順位発表が都内にて行なわれました。

すでに配信されている#3、#4のポジションバトルを経て、第1回目の順位結果発表となる今回。“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者からの投票、計約3,384万票をもとに順位が決定します。

ここで一気に60人まで絞られ、番組史上初となる脱落者が登場。デビュー射程圏内となる11位までの席には誰が座るのでしょうか?

PRODUCE 101 JAPANとは?

韓国の音楽専門チャンネル『Mnet』で放送され、10代、20代の男女に圧倒的な人気を誇る韓国発の大ヒットサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101』シリーズの日本版。約6,000人の中から書類・実技の選考を通過した101人の練習生が、歌やダンスのパフォーマンスを通して様々なミッションに挑戦。熾烈な競争の末に最終デビューメンバーの11人を選出します。

すべての過程は、100%“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者による国民投票で勝ち残る者を決定し、最終的に勝ち残ったメンバーが、2020年にボーイズグループとしてメジャーデビューできることが確約されています。

韓国版では、2016年に“I.O.I(アイオアイ)”、2017年シーズン2で“Wanna One(ワナワン)”、2018年シーズン3で“IZ*ONE(アイズワン)”、そして、2019年のシーズン4では“X1(エックスワン)”が誕生。数多くのスターを輩出し、新語・流行語も生み出すなどグローバルな社会現象を起こしています。

『PRODUCE 101 JAPAN』発表記者会見の様子はこちら

 

これまでのあらすじ

初回放送の#1では、練習生たちの顔合わせと全体のルール説明、そしてトレーナー陣による練習生たちのクラス分けが行なわれました。

練習生たちが、個人もしくはチームでパフォーマンスし、その時点での歌とダンスの実力レベルをトレーナー陣が話し合い、A、B、C、D、Fの5つのレベルに分けられます。予想外の判定の連続で視聴者もドキドキの展開となりました。

#2では、#1のクラス分けの後編と、初めてのミッションである『PRODUCE 101 JAPAN』のテーマ曲『ツカメ ~It’s Coming~』のパフォーマンス映像の担当パートをかけたバトルが開始されました。

この担当パートは、3日後に行なわれる再評価テストでのクラス替えで決まるということで、この戦いに向けてそれぞれが必死に努力する姿が映し出されました。

#3は、練習生たちの、クラス分けの再評価結果が発表されるところからスタート。大波乱の展開を経ながらも、『ツカメ ~It’s Coming~』パフォーマンス映像の担当パートが決定します。センターは、Aクラスメンバーの中から練習生全員の投票で決まり、初回から存在感を放っていた川尻蓮が務めることに。

#3後半、#4では、次の評価バトルであるポジションバトルに向けて再びトレーニングを開始していきます。このバトルでは、ボーカル、ダンス、ラップの3部門に分かれ全18チームを編制。9つの課題曲の中から2チームごとに同じ楽曲を披露し、競い合いました。各部門1位となった練習生には、今回の第1回の順位にも大きく関わる1万票のボーナスが与えられました。

#1を振り返る  #2を振り返る  #3を振り返る

 

※以下、ネタバレあり※

緊張に包まれた収録スタジオ

10月18日(金)のAM4:59に投票が締め切られ、とうとう順位発表の当日。スタジオには、本家『PRODUCE 101』でもお馴染みのセットが組まれ、60位までの順位に残留した練習生だけが座れるピラミッド型のひな壇で構成。

期待と不安を胸に抱いた練習生は、自分の名前が呼ばれるまで、待機場所で行く末を見守ります。デビューに向けて必死に努力してきただけに、練習生たちの間にはただならぬ緊張感が。

順位は、MCを務めるナインティナインから、まずは59位から10人ずつ分けて発表。当落線上となる60位は、最後に発表という形になりました。

第1回順位発表(第59位~第51位)

第59位~第51位は以下の通り。

<PRODUCE 101 JAPAN第1回順位発表>

第59位 福地 正(▲8/第3週目67位)
第58位 山田 恭(▼4/第3週目54位)
第57位 佐野 文哉(▲22/第3週目79位)
第56位 佐藤 隆士(▼21/第3週目35位)
第55位 寺師 敬(▼13/第3週目42位)
第54位 鈴木 雅(▲43/第3週目97位)
第53位 中谷 日向(▲36/第3週目89位)
第52位 西尾 航暉(▲39/第3週目91位)
第51位 片上 勇士(▲47/第3週目98位)

このブロックの投票数は、約2万票差でひしめき合う大混戦。日頃のアピールやポジションバトルでのパフォーマンスが功を奏したのか、前回の順位で圏外だった練習生も順位を上げて滑り込み。

名前が呼ばれた瞬間、他の練習生からハグされて感極まるメンバーもいました。しかし、自身の順位に対し、口々に「現状には満足していない」と前を向く様子も。

第1回順位発表(第50位~第41位)

第50位~第41位は以下の通り。

<PRODUCE 101 JAPAN第1回順位発表>

第50位 岡野 海斗(▲32/第3週目82位)
第49位 浦野 秀太(▲47/第3週目96位)
第48位 渡辺 龍星(▲47/第3週目95位)
第47位 安慶田 真樹(▲43/第3週目90位)
第46位 内田 脩斗(▲46/第3週目92位)
第45位 岩崎 琉斗(▲1/第3週目46位)
第44位 中林 登生(▲49/第3週目93位)
第43位 岡田 武大(▼11/第3週目32位)
第42位 中里 空(▼5/第3週目37位)
第41位 磨田 寛大(▼12/第3週目29位)

50位に滑り込んだ岡野は、「このまま(地元の)埼玉には戻れません」と言い、涙ながらに「ここで戦わせてください」と国民プロデューサーにお願い。

46位の内田は、『PRODUCE 101 JAPAN』に参加しているにもかかわらず、エゴサーチしても名前が出てこない、通っている大学でも声をかけられない……と不安でいっぱいだったことを明かし、会場を笑わせました。

第1回順位発表(第40位~第31位)

第40位~第31位は以下の通り。

<PRODUCE 101 JAPAN第1回順位発表>

第40位 安藤 優(→/第3週目40位)
第39位 北川 暉(▲2/第3週目41位)
第38位 中野 龍之介(▲7/第3週目45位)
第37位 瀧澤 翼(▼6/第3週目31位)
第36位 井上 港人(▲3/第3週目39位)
第35位 床波 志音(▲59/第3週目94位)
第34位 佐々木 真生(▲16/第3週目50位)
第33位 金城 碧海(▲5/第3週目38位)
第32位 北岡 謙人(▼4/第3週目28位)
第31位 草地 稜之(▲3/第3週目34位)

メンバー最年少で、37位にランクインした瀧澤は、他の練習生と争いつつ助け合っていきたいとコメント。「一番努力して絶対デビューしてみせます」と力強く語りました。

35位の床波は、前回の順位94位から50以上順位を上げて残留。ポジションバトルで披露したback numberの『HAPPY BIRTHDAY』で歌唱力が評価された結果、20万票以上を獲得し見事に順位を上げました。

第1回順位発表(30位~21位)

まだ名前を呼ばれていないメンバーは落ち着かない様子で、下を向いたり、練習生同士で話して気を紛らわせたり、それぞれの過ごし方で順位の発表を待つなか、いよいよ30位から12位の発表へ。

第30位~第21位は以下の通り。

<PRODUCE 101 JAPAN第1回順位発表>

第30位 三井 瞭(▼4/第3週目26位)
第29位 中本 大賀(▲1/第3週目30位)
第28位 本田 康祐(▲5/第3週目33位)
第27位 男澤 直樹(▲48/第3週目75位)
第26位 與那城 奨(▼2/第3週目24位)
第25位 宮里 龍斗志(→/第3週目25位)
第24位 北川 玲叶(▼4/第3週目20位)
第23位 小松 倖真(→/第3週目23位)
第22位 木全 翔也(→/第3週目22位)
第21位 佐藤 來良(▲6/第3週目27位)

30位~21位の間だけで、約30万票の差が開いたこちらのブロック。

30位の三井は、ポジションバトルのラップ部門で1位に選ばれているため、ボーナスの1万票を獲得しています。パフォーマンスでは、そのかわいらしい外見からは想像できないラップを披露し、見事に国民プロデューサーの心を掴みましたが、順位は前回より4位下がる結果となりました。

コメントではそれまで結果が芳しくなく、両親と富士山の五合目まで行ったことを回顧。現地では、自身の立場を重ねられ「ここから上がるしかない」とエールを送られたことも明かしました。

第1回順位発表(第29位~第12位)

続いてデビュー射程圏内の11位には、惜しくも届かなかった20位~12位ブロック。

第20位~第12位は以下の通り。

<PRODUCE 101 JAPAN第1回順位発表>

第20位 イ・ミンヒョク(▼6/第3週目14位)
第19位 井汲 大翔(▼3/第3週目16位)
第18位 林 龍太(▲3/第3週目21位)
第17位 上原 潤(▼5/第3週目12位)
第16位 白岩 瑠姫(▲3/第3週目19位)
第15位 河野 純喜(▲3/第3週目18位)
第14位 青木 聖波(▲1/第3週目15位)
第13位 今西 正彦(→/第3週目13位)
第12位 佐藤 景瑚(▲5/第3週目17位)

惜しくも12位となった佐藤は、素直に「嬉しいです。でもちょっと悔しいです」と心境を吐露。

ポジションバトルでは防弾少年団『DNA』を披露し、普段の“心霊好き”キャラからは想像できない、セクシーなパフォーマンスで国民プロデューサーを魅了した結果、ダンス部門で見事4位となりました。

しかし、今回順位を5つ上げたものの、あと一歩届かずという結果に、デビューできない12位とデビューできる11位との差を痛感している様子でした。

第1回順位発表(11位~1位)

ここからは、現時点でデビューに最も近い存在である11人の発表へ。

11位 安藤 誠明(▼4/第3週目7位

初回放送前から、そのイケメンぶりが話題となり、安定の人気を誇る安藤ですが、第3週目より順位を4つ下げ、11位に。

ポジションバトルでは、唯一の女性ボーカル曲であるSuperflyの『タマシイレボリューション』を男らしく熱唱し、会場を湧かせました。

そのステージと今回の順位を受けて、「この間まで船のエンジニアとして海に出ていた男が、こんなに素晴らしいステージで、多くの人に愛されていることを感じられて本当に嬉しく思います。投票してくださった国民プロデューサーの皆さん、ありがとうございます」と感謝を述べました。

しかしその一方、デビュー圏内に入っていたとしても、おごることなく「実力がまったく足りていないと思うので、これからもっと上を目指せるように頑張ります」と決意を新たにしました。

10位 宮島 優心(/第3週目10位

練習生の中でも“弟キャラ”として愛されている宮島は、第3週目同様10位にランクイン。

ポジションバトルでは、SEVENTEEN『HIGHLIGHT』を披露し、かわいらしい見た目とは裏腹に低音ボイスで新たな魅力を見せつけた宮島。

国民プロデューサーに感謝を述べた後、「ここまで支えてくれたスタッフの皆さん、国民プロデューサーの皆様、こんな未熟な僕にダンスと歌を教えてくれた100人の練習生のおかげで、10位という順位をいただけたと思っています」と現在トップのAクラスにいながらも謙虚な姿勢でコメントしました。

第9位 大澤 駿弥(▲2/第3週目11位

ファニーなキャラクターで人気の大澤は、第3週目より2つ順位を上げて9位に。

そんな彼も今回ばかりは緊張気味に、「大澤は奇想天外なキャラクターだと思うんですけど『PRODUCE 101 JAPAN』に出る前に、自分(のキャラクター)を出すべきか悩みました。でも、練習生のみんなや国民プロデューサーの皆様が温かく迎えてくれて自信に繋がりました」と本音を吐露。

一人称を“僕”や“俺”ではなく“大澤”にすることは忘れず、「皆さんの気持ち、大澤にしっかり届いています。この順位をキープして、さらに上へ行ってデビューすることが恩返しだと思うので、“大澤を応援して良かった”と思ってもらえるくらい頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」と語りました。

第8位 チョン・ヨンフン(▲1/第3週目9位

過去にK-POPアイドル・HALOとしてデビュー経験があり、他のメンバー2人(キム・ユンドン、キム・ヒチョン)とともに参加している韓国出身のヨンフンは、第3週目より1つ順位を上げて8位に。

日本という異国の地での挑戦は心配が多かったものの「練習生の皆さんが優しくて、いろんな日本語を教えてくれました。本当にありがとうございます」と回顧。

これまでの思い出がよみがえったのか、ここでヨンフンの涙腺は崩壊。号泣しつつ「この番組が、最後の挑戦だと思って、応援してくれたファンの皆さんに恥ずかしくないように一生懸命頑張ります」と話しました。

第7位 大平 祥生(▲1/第3週目8位

明るくかわいらしい笑顔で人気の大平は、第3週目より順位を1つ上げた7位にランクイン。

ポジションバトルでのトレーニング中は、自分のパフォーマンスに自信がなく落ち込む姿も度々見せていましたが、「僕を信じてくださった国民プロデューサーの皆様、本当に感謝しています」と、自分を信じて投票してくれた国民プロデューサーへ感謝を伝えます。

順位が7位に上がったものの、まだスタートにすら立っていないと言わんばかりに、世界を見据えて「上だけを見て、けど謙虚に、ステージは堂々と。カッコいい姿を見せられるように、これからも頑張っていくので、応援よろしくお願いします」と話しました。

第6位 キム・ユンドン(→/第3週目6位

第8位にランクインしたヨンフンと同様、元HALOのメンバーで韓国出身のユンドンは、第3週目と同じく6位に。

練習生に祝福されながらステージに立つと、「僕の日本語の実力で、僕の気持ちを伝えられるか分からないですけど、本当にありがとうございます」と精一杯今の気持ちを伝えます。

ポジションバトルでは、防弾少年団『DNA』でセンターを務め、常に高いレベルで安定したパフォーマンスに定評があるユンドンですが、「僕には足りない部分がたくさんあるので、成長しながら、皆さんの気持ちに応えたいです」と今後さらに成長する意欲を見せました。

第5位 鶴房 汐恩(/第3週目5位

初回放送から、トレーナーに態度の悪さを指摘されるなど、自信ゆえの“負けん気の強さ”を持っている鶴坊は前回の順位をキープし、5位に。

まずは、自身に投票してくれた国民プロデューサーに感謝を伝えつつ、「家族みんなで(『PRODUCE 101 JAPAN』を)観ていたのですが、父親が僕より考えてくれて泣いてくれたり、朝方まで話をしたこともあったり、幸せな家庭に生まれたんだなと思いました」と述懐。今回『PRODUCE 101 JAPAN』に参加したことで、“家族の絆”を感じたと言います。

また、「僕が悩んでいる時に相談に乗ってくれた練習生には、心から感謝しています。歌もダンスの実力も追いつけてないので、これから自分の良さをもっと出して頑張っていきたいと思います」と決意を語りました。

第4位 キム・ヒチョン(/第3週目4位

第8位のヨンフン、第6位のユンドン同様、元HALOのメンバーであるヒチョンも、前回同様4位にランクイン。

ヒチョンもまた韓国出身のため、日本人や韓国人といった人種関係なく、一人ひとり、人としての魅力を見つけてくれた国民プロデューサーに感謝の気持ちを伝えます。

また、日本語が上手くないのに優しく接してくれたスタッフや練習生にお礼を述べつつ、「兄弟が5人いるのですが、ここへ来て、兄弟が105人に増えました。もし、悩みがあったらいつでも(言ってきて)。僕、聞くのは得意だから」と、トレーニングや合宿の間も年長組として練習生を引っ張ってきたように、ここでも暖かい言葉をかける想いやりを見せました。

第3位 川西 拓実(→/第3週目3位

ダンス未経験ながら、高いポテンシャルと表現力でトレーナーからも注目される川西も、第3週目の順位をキープ。

川西は自分への投票を国民プロデューサーからの“愛”だと表現。彼はもともと一般企業で働く会社員だったため、「このオーディションを受けた時に、まさか僕が3位に座れると思っていなかった」と語りますが、トレーニングやパフォーマンスを通し、今回の順位に自信がついたようで「これからは1位を目指して、たくさん成長した姿を見せられるように頑張るので、僕をトップに連れて行ってください。」と、さらなる高みを目指す意気込みを伝えました。

第2位 豆原 一成(▼1 /第3週目1位)

初回から高い評価を受け、第3週目では1位の座についていた豆原が今回惜しくも2位に。

「2位になってしまったことはすごく悔しいんですけど、デビュー圏内に入っているのがすごいことですし、国民プロデューサーの皆様のおかげで(デビュー圏内に)入れていると思います」と、今の状況を俯瞰でとらえてコメント。

「僕よりダンスや歌がうまい人はたくさんいて、その中で僕を応援してくれている国民プロデューサーの皆様には感謝しています。もっと表情、ダンス、歌を頑張って上を目指していきたいです」と更なるレベルアップを予感させました。

第1位 川尻 蓮(▲1/第3週目2位、188万3,178票獲得)

第1回順位で1位に選ばれたのは、圧倒的存在感で人気を誇る川尻。

テーマ曲『ツカメ ~It’s Coming~』のパフォーマンス映像でも練習生からの投票でセンターに選ばれるなど、練習生からも一目置かれる存在ですが、2位になった豆原とは、毎週1位と2位の座を交互に争うライバル関係。

そんななか、今回1位に返り咲いたものの、意外にも冷静な表情で喜びを語りはじめ、「本当に目指しているのは、1位のその先ですし、出来ることはたくさんあるので、満足はしないです」と早くも次のステージへ向けて気持ちを作っていました。

第1回順位発表(第60位)

また、最後に60位が発表され、首の皮一枚で残留が決定したのは古屋亮人。

第3週目では88位と厳しい状況でしたが、ポジションバトルにてSEVENTEEN の『HIGHLIGHT』 を披露し、見事国民プロデューサーへのアピールに成功したようで、今回順位を28上げて60位にランクイン。

コメントでは、「観ているみんなに可能性を示したくて応募をしました」と参加理由を告白し、落選してしまった練習生の気持ちを背負って頑張ることを宣言していました。

<PRODUCE 101 JAPAN第1回順位発表>

第60位 古屋 亮人(▲28/第3週目88位)

そして、残念ながら今回で涙をのむことになったメンバーは以下の通りです。

第1回順位発表(61位~97位)

61位~97位は以下の通り。

<PRODUCE 101 JAPAN第1回順位発表>

第61位 古賀 一馬(▼25/第3週目36位)
第62位 中川 吟亮(→/第3週目62位)
第63位 中川 勝就(▼2/第3週目61位)
第64位 大水 陸渡(▼1/第3週目63位)
第65位 田口 馨也(▼21/第3週目44位)
第66位 西 涼太郎(▼2/第3週目64位)
第67位 髙野 慧(▼8/第3週目59位)
第68位 西野 友也(▼17/第3週目51位)
第69位 黒川 竜聖(▼22/第3週目47位)
第70位 五十畑 颯斗(▼5/第3週目65位)

第71位 グチェレス タケル(▼22/第3週目49位)
第72位 西山 和貴(▼12/第3週目60位)
第73位 石井 祐輝(▼25/第3週目48位)
第74位 稲吉 ひかり(▲3/第3週目77位)
第75位 木原 汰一(▼32/第3週目43位)
第76位 田中 雄也(▼3/第3週目73位)
第77位 アルジャマ 勇心(▼8/第3週目69位)
第78位 大川 澪哉(▼10/第3週目68位)
第79位 東郷 良樹(▼13/第3週目66位)
第80位 結城 樹(▼25/第3週目55位)

第81位 山本 健太(▲6/第3週目87位)
第82位 鈴木 玄(▼11/第3週目71位)
第83位 菅野 雅浩(▼11/第3週目72位)
第84位 鈴木 晨順(▲2/第3週目86位)
第85位 山田 聡(▼5/第3週目80位)
第86位 秦 健豪(▼28/第3週目58位)
第87位 渡邊 大貴(▼34/第3週目53位)
第88位 中西 直樹(▼5/第3週目83位)
第89位 長谷川 怜央(▼37/第3週目52位)
第90位 森 慎二郎(▼14/第3週目76位)

第91位 米原 尚平(▼17/第3週目74位)
第92位 池本 正義(▼14/第3週目78位)
第93位 駒尺 雄樹(▼36/第3週目57位)
第94位 渡邊 公貴(▼38/第3週目56位)
第95位 松倉 悠(▼11/第3週目84位)
第96位 石井 健太郎(▼26/第3週目70位)
第97位 熊澤 歩哉(▼12/第3週目85位)

岡村「これで終わりではない」

収録終了間際、岡村は大きな拍手で練習生の健闘を称え「これで終わりではない」と声をかけました。勝負の世界とはいえ、この残酷な制度にメンバーも涙、涙……。

収録終了後には、勝ち残ったメンバー、脱落してしまったメンバーが入り乱れ、お互いの未来に向けてエールを送り、ハグや握手をして別れを惜しみました。

彼らの戦いはこれから始まったばかり。“デビュー”という目標に向かって練習生たちのバトルはまだまだ続きます。 #5の未公開シーンや、61位以下の練習生たちからのラストメッセージなど、本編では見られなかった練習生の表情がYoutube公式チャンネルでも順次アップされます。こちらもお見逃しなく!

公式YouTubeチャンネルはこちら

 

【この記事の画像一覧】

 

『PRODUCE 101 JAPAN』

動画配信サービス『GYAO!』にて全12回を無料配信!

配信日時:毎週木曜日 21時00分〜 ※本編配信後の23時30分〜アーカイブ配信
配信サービス:GYAO! ※会員登録不要、無料で視聴可能

<投票>
第2回投票期間:10月24日(木)23時30分~11月8日(金)4時59分
番組特設サイトより、練習生101人の中から合計11人を選び、投票してください。 ※投票は1日につき1回
投票はコチラ:PRODUCE 101 JAPAN

<出演>
国民プロデューサー代表:ナインティナイン

トレーナー:A-NON、サイプレス上野、菅井秀憲、Bose、安倉さやか、WARNER ※五十音順

【関連記事】