10月24日に、HGの謹慎復帰後初となるレイザーラモンの単独ライブ『漫才フォー!』が東京新宿・ロフトプラスワンで開催されます。イベントに先駆けて、復帰した後に参加したボディビル大会で結果を出した“筋肉芸人”HG、そして、相方として活動再開を待ちわびつつ陰から応援していたRGの2人に、漫才&単独ライブをやる意味を聞きました。

自分に向き合い手に入れた筋肉

──まずはHGさん、復帰おめでとうございます。謹慎復帰後すぐに、筋肉芸人としてグッドニュースがありましたね。

HG「ありがとうございます。ボディビルの大会『BEEF SASAKI JAPAN CLASSIC 2019』で「メンズアスリートモデル+40」で第3位、「メンズフィジーク ノービスチャレンジ+174cm」で第5位を獲得しました」

──復帰後に大会出場を出ようと決めていたんですか?

HG「もともとライフワークとして大会には出ていたんです。今年も出願しようとしていた時に謹慎になり諦めていて。その後8月19日の復帰が決まったと聞いて、9月の大会まで1か月あるとわかったので調整しました」

──実際、体は相当仕上がってましたね!

HG「トレーニングって自分を追い込む作業でもあるので、謹慎期間中は世間を騒がし多くの人に迷惑をかけてしまった自分を戒める意味でもずっと続けていました。申し訳ないという思いで精神的にも自分と向き合っていたので、普段よりストイックに追い込むことができました」

RG「僕たち謹慎中は2か月くらい会っていなかったのですが、復帰をするときは面白い感じになっていた方がいいんじゃないかとアドバイスしてましたね」

HG「いやいや、一般人として参加しようと思っていましたし、“おもしろ復帰”を狙ってたわけじゃないですけどね!」

RG「笑かせようという意味ではなく、反省した上でバキバキに仕上がっていたらインパクトあるなと。ここだけの話、Hさんの復帰時期と大会が近かったので、『ボディビルの大会で復帰させてあげてくれ』って会社と戦ったんですよ」

HG「ありがとう。で?」

RG「処遇が決まってない時期だったので、すぐ断られましたね……。この時は、Hさん本人が反省したい気持ちと、なんとか印象に残る復帰をさせたいという僕の気持ちが変な方向に行っていて……。でも結果、考えた通りになりました」

HG「そうですね。よく『謹慎したらバキバキになってるやん、反省してたんか』っていじってもらうんですけど、反省していたからこそこの体になれたんです」

Rさんとの漫才があったから戻って来られた

──謹慎中にお二人は会っていないとのことでしたが、ワイドショーなどでRGさんが援護射撃をしてくださってました。それを見た時の気持ちは?

HG「申し訳ないというのが一番ですね。そして、頼もしさも感じました。各所からコメントを求められていたと思うので」

RG「あの時はもうワイドショーハイですね。毎日生放送の出番が来てる感じ。この状況でウケたいという気持ちがありました……」

HG「え……」

RG「ピンの出番で出ていって、劇場で“よしもとあるある”を言って、こんな状況だけどお客さんは温かい、っていうか拍手が巻き起こるんです」

HG「まあ、そうは言っていますが、僕たちのことを真剣に考えてくれていたと思います。Rさんは前向きなやつだから、気持ちが落ち込んでいる僕と真っ向から対峙するのはダメだって思っていたんだと。僕の頭に解散や引退がよぎった時に、直接会って話をさせてくれ、家族に謝らせてくれと頼んだのですが、そういう話はしないと会ってくれませんでした。『大丈夫大丈夫、面白く復帰できるようにしとくから』って前向きなことを言ってくれて」

RG「そんなことありましたね」

HG「僕たち芸歴は22年ですが、漫才を始めたのが5年くらい前。それまで僕はハードゲイ、Rさんはあるあるとモノマネをやっていて、本当にコンビでネタすることがあまりありませんでした。そのときにこの騒動になっていたら、すぐに解散になっていたのかなと思ったり。今回もその考えがよぎりましたけど、漫才をやっていた5年間を思い出したら、もう一回がんばって漫才できるようにならないとあかんなって。漫才やっていたことで気持ちがつなぎとめられました」

──そんなHGさんから、復帰後にすぐに単独ライブをやりたいと打診したそうですね。

HG「はい。しばらく漫才ができていませんでしたし、ネタも作れていませんでした。また、毎年この時期にロフトプラスワンさんで単独ライブをやらせていただいていたので、Rさんにもお願いしてスケジュールを組んでもらいました」

RG「単独ライブをする意味が最近わかってきたんです。一生できるネタを探しているんですよね。前回単独ライブをやった時は、体を鍛えようとする若手にキレる漫才をいくつも作ったんですが、一個も本ネタとして残らんかって……」

HG「単独でありがちな、その場でしかできないようなネタばかりで、賞レースや劇場での公演に使えるような本ネタがまだ作れていないんですね」

RG「単独ライブはいいネタを残すっていう作業なんです。今回は演目のうち2、3本は一生できるネタを見つけられるように、若手への文句とか体鍛えてないやつへの文句とかじゃなくて、コンビニの店員やお医者さんといったようなフツーのネタを作りました」

HG「王道といいますか、老若男女が楽しめるネタを作れたらなと取り組みました。僕たちは芸歴的にM-1も出られないですし、漫才師として目標が絞られていく中で、上方漫才大賞という大きいタイトルがあって。それを目指すためにも、この単独ライブに気合いを入れています」

2人が出演を心待ちにしていたルミネtheよしもとのこと、今だからこそ語れる謹慎期間中のお互いのエピソードや今後のレイザーラモンの野望などをたっぷりと聞いた詳しいロングバージョンのインタビューは近日公開予定です。

レイザーラモン単独ライブ『漫才フォー!』

日程:2019年10月24日(木)18:30開場 19:30開演
会場:ロフトプラスワン(東京)

前売り券はローソンチケットにて発売中(Lコード:70394)
https://l-tike.com/order/?gLcode=70394

前売り¥2,000 当日¥2,300(ともに飲食別、要1オーダー¥500以上)

協力:ルミネtheよしもと

【芸人記事まとめ】

【関連記事】